自己愛性人格障害の人から一方的に責められることについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から

一方的に責められることについて

お話ししたいと思います。

Tiaraも自己愛性人格障害の元彼と付き合っているとき

一方的に責められることがよくありましたが、

これが非常に辛いとおっしゃる方が

大変多いです。

確かに自分のミスではないことを

一方的に、ひどい時は数時間、

延々とあなたが悪いということについて

言われると涙が出るほど辛いと思います。

何を言っても許してもらえず、

あなたが悪いわけではないのに、と思うこともいっぱいありますよね。

だから辛いと思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

いっぽう的に相手を責めることによって

自分を保っているのです。

それが分からないうちは本当に辛いと思いますが、

あなたが何もしていなくても

彼はあなたを責めることをやめることができないのです。

それが彼の自尊心の低さです。

彼も気づいてはいませんが、

自分には価値がないと心の底では

思っていますので、

一生懸命あなたを責めることによって

自分の価値をあなたよりも上げようとします。

彼があなたを責めれば責めるほど

彼の自尊心がそれだけ低いのだと理解して下さい。

けっして、あなたが悪いわけではないのです。

彼が悪いわけでもありませんが、

彼自身は、自分には価値がないと思っていて

強烈な恐怖心をいだいていますので、

責任は全部じぶんにある、と考えがちなあなたに全責任を押し付けています。

あなたは、自分の責任でないことは

自分が受け付けてはいけません。

あなたが違う、とはっきり意思表示ができれば

ターゲットにはなっていませんので

こんなに言われることはなかったのですが、

おそらくあなたは共依存のため

なんでも自分のせいだと思ってしまうので

辛いのでしょう。

そういった意味ではあなたも自尊心が

非常に低いと言えます。

自尊心が低いもの同士が一緒にいて、

その責任を負おうとする、共依存の人と

その責任を放棄しようとする自己愛性人格障害の人が

くっつくと

すべての責任を自己愛性人格障害の人に押し付けられ

長々とあなたが悪いということを

自己愛性人格障害の人が

一生懸命に

あなたに思い込ませようとしているのです。

だからあなたは自己愛性人格障害の人の責任を負ってはいけません。

あなたに関係のないことは

彼にそっとお返しをしてください。

あなたが何もしていないのに

全責任を負おうとしているから

辛いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする