自己愛性人格障害の被害者の自己愛の極端な低さについて

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとからの

攻撃を

そっとお返しする方法について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の被害者が

考え方を変えられずに

耐え続けたり、

いいひとでいようと

努力し続けてしまうと

自己愛性人格障害のひとよりも

みにくくなってしまうことが

あります。

自己愛性人格障害のひとは

その特徴から

尊大な自分でなければならず、

ほかのひとからみて

取り乱すことはなかなかありません。

逆に

自己愛性人格障害の被害に

あったかたが

ヒステリックになり

自分を分かってくれないと

騒ぎ立てると

逆に恐ろしいひとにみえます。

そして、その恐ろしさは

なかなか自分で気づくことが

できないので

相手が自分に

恐ろしいことをしている、

と被害妄想に走っているので

話をすればするほど

どんどん変な方向にいってしまうので

話をしようにも

話しようがありません。

自分のことを

言われているわけではないのに、

すべて自分のことだと思い込み

攻撃してくるひとは

違うと言っても

嘘をついていると思ったりして

聞きません。

そうなってしまうのを避けるために

方法を教えているのですが

受けとる側の心が荒れていると

なかなかすなおに受け取って

もらえません。

そんなときは

その人にそっとお返しをするのです。

まず、自分が攻撃的になっていないか

考えたときに

相手がなにもしていないのに

責め立てていないか、

考えてみてください。

文章などに残っているときは

あとから自分で冷静になってから

読んでみてください。

あとから恥ずかしくなってしまっても

言葉や文章にしたあとでは

遅いのです。

いつもTiaraが言っていることですが

無関心になることは

悪いことではありません。

相手が優しさを向けてきているときや、

普通に接してくれているときに

無視をするのは、

自己愛性人格障害と同じですが、

相手が攻撃的なひとなのに

一生懸命相手をしてしまっては

どちらが攻撃をしているか

わからなくなってしまいます。

攻撃的なことを言われたときは

言った責任は

言われた側にあるのではなく

言ったひとにあるのです。

それを無関心になってはいけないと

一生懸命相手をすることは

話をこじらせるだけです。

攻撃的なことを言われたときは、

一度冷静になり、

言われたことを自分のなかで

冷静に判断してみましょう。

自分でよく考えてみると

自分が悪いのか悪くないのかは

わかるはずです。

自分が悪くない、と判断したときは

相手に伝えなくてもいいのです。

女の人は、特に

男のひとよりも

自分が正しいとか

相手が悪いとか言いたがります。

伝えないほうが

得することもあるのです。

自分は悪くないと

必死になっている姿は

たとえあなたが悪くないとしても

引かれてしまいます。

Tiaraはなんでも

相手に伝えなくてもいいと

思っています。

自己愛性人格障害の被害に

あうようなひとは

自分のことよりも

相手のことばかり考えてしまう人が

多いのですが、

それは良いことばかりでは

ありません。

悪いことも頭に残るのです。

自己愛性人格障害の被害にあった人は

特に、今は

自分のことを考えるように

してください。

自己愛性人格障害の被害にあうようなひとは

とにかく相手のことを

気にしたがりますが、

あなたに足りないのは

自分を思う心です。

もっと自分のことを

大事にしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする