自己愛性人格障害の人に敵対心を見せることの怖さ


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せることの怖さについて

お話したいと思います。

 

相談者の方で、たまに

私は共依存ではないという方のお話を

お聞きすることがあるのですが、

中には、自分に自信のないタイプではなく

嫌なことはいやだと

はっきりといえるタイプだという方も

お見えになります。

 

結論から申しますと

嫌なことはいやだ、といえるからといって

ターゲットにならないとは限りません。

 

自己愛性人格障害の被害に

あった方の中にも

はっきりした性格の方もみえますし

自己愛性人格障害の人に

とても強い言葉で

嫌だとうったえる人もいます。

 

自己愛性人格障害とは

本当は自尊心がなく、自分ことを

価値のない人間だと思っていて

それに極端な恐怖心を抱いています。

 

それを隠すために

常に尊大な自分を見せ付けていないと

極度の不安に陥るという

いわゆる本当の自分を見られることを

怖がっているのです。

 

その恐怖が

尋常でないほどのおそろしさのため

価値のない自分を

絶対に見せないようにしているので

むしろ強くて意志があり

尊大な人間に見えるのです。

 

なのでそれがばれるまでは

最大に自分を大きく見せていて

それがばれそうになると

あなたにその気があろうがなかろうが

あなたにつぶされると

勝手に極端な恐怖心を抱きますので

その逆に全力で隠そうと

激化してとても恐ろしいことになります。

 

あなたは彼にそんなことをしないのに

彼はあなたに全力でつぶされると

あなたに何をされるか分からない、

と勝手に思い込んで

極端なほどのつぶし攻撃を

仕掛けてくるのです。

 

だから、自己愛性人格障害の人に

敵対心を見せることほど

怖いものはありません。

 

しかし、それでもあなたに

脅しが通じない、となると

急に何もできなくなり

いっさいあなたには

何もできなくなります。

 

ですからあなたが彼の

何十倍も強い自信があるのなら

敵対心を見せてもかまいません。

 

ですが、そうでなければ

絶対に敵対心は見せてはいけないのです。

強い言葉で非難したり、

彼の間違いをはっきり指摘したりすると

恐ろしいことになるかもしれません。

 

自己愛性人格障害とは

本当は、極端に臆病なのです。

 

その極端な恐怖心が

逆に彼を攻撃的に

するのです。

 

しかし、あなたが気が強い場合

はっきりと彼にされたことを指摘し

それはおかしいというかもしれません。

 

被害者は共依存の人が

多いことも事実ですが、

共依存ではない

普通の人もターゲットになることが

あるのです。

 

それは自己愛性人格障害の人が

そばにいる誰よりも

尊大でなければいけないと思い込んでいるので

少しでも彼より上に立とうとする人や

彼より才能があると思われる人を

つぶして実力を出せないようにコントロールし

また、周りの人にも

その人の失敗や悪いところを見せて

その人が自己愛性人格障害の人よりも

上に立とうとするのを避けようとするのです。

 

そのために、普通の人でも

自己愛性人格障害の人が

上に立とうとするために

つぶされることがあるので

ターゲットになる可能性があるといえます。

 

 

 

そうなると非常に恐ろしいことになりますので

絶対に敵対心を見せてはいけません。

 

自己愛性人格障害の人から

攻撃されないように

離れる方法は

敵対心を見せずに少しづつ

あなたの情報を

自己愛性人格障害の人に

見せないようにしていくことです。

 

そしていったん少しでも離れたら

二度と戻ってはいけません。

 

一気に姿を消すか、

あなたが自己愛性人格障害の人に

気づかれないように

少しづつ、彼から離れていき

彼が今の状況になれてきたら

また少し離す、というやり方をします。

 

すると彼はあなたにいろいろ言わなくても

気にならなくなり徐々に、それになれていきます。

 

彼から攻撃を受けなくするためには

ちょっとしたコツがあるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください