自己愛性人格障害のひととのベストな関係

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

嫌われるととても不安になる、

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

普段は尊大な自分を魅せているために

とても堂々として見えることが多いです。

ですが、本当はとても臆病で

その自尊心があまりにも低すぎるために

本当は周りの人から

求められていないんじゃないかという不安を

心の奥に隠し持っています。

本当は自分の存在が

恥ずかしいものなのではないかと

あまりの恐怖心を持っているために

それを周りの人にばれないように

全力で隠して

平静を装っているのです。

案外、堂々と自信たっぷりに

ふるまっていると

本当に自信がありそうにみえるので

それが、周りの人にばれることは

あまりありませんが、

ふとした瞬間に自己愛性人格障害のひとの

臆病な一面を深く知っていると

見ることがあると思います。

あなたは、思いやり深く

彼の気持ちを察することができるので

彼に気を使わせないように

無意識のうちにふるまっていると思いますが、

自己愛性人格障害のひとの前で

それをしてしまうと

自己愛の人はそんなあなたを信頼して

思いっきり甘えてしまうので

あなたにはひどいことをしても

平気になってしまうのです。

普通の人と

まったく反対の行動をとりますよね?

だから彼はあなたの前では

堂々として、力関係は

もちろん自己愛性人格障害のひとのほうが

ダントツで強いです。

だから、自己愛性人格障害のひとが

臆病に見えないと思うのですが、

自己愛性人格障害のひとの尊大な姿を見ても

さほど感動しない人や、称賛しない人には

自己愛性人格障害のひとは

不安になって

とても親切にして、丁寧に扱い

自分をいい人だと思ってもらおうとします。

だから自己愛性人格障害のひとは

関係ない人には

とても親切なのです。

Tiaraは以前、

なんでも称賛するような人でした。

どんなに小さなことでも

いいところを見つけ出し、

ちょっとしたことでも「すごいすごい。」と

大げさに褒めて

その場を盛り上げたり、

相手を気持ちよくさせてあげたりして

人間関係をよくしていこうと

考えるような人でした。

ところが、それをしてしまうと

自己愛性人格障害のターゲットに

なりやすくなってしまいます。

人間関係をよくしていこうと思っていて

逆にとことんまで

潰されることになってしまったのです。

普通のひとには

Tairaが気を使うと

喜んでもらえたり、

相手も気を使ってくれたりして

人間関係を良好に保つことができるのですが

相手が自己愛性人格障害だった場合、

その真逆のことが起きてしまうのです。

今は、

自己愛性人格障害のひとが

すぐに分かるので

特に、特別な関係を持とうとしません。

むしろ、あいさつ程度で、

話さなければいけないことは

最低限だけ

会話をするにとどめ

できるだけ早く立ち去るようにしています。

そしてその逆に

本当に親切な人や、優しい人、

普通のひとには

丁寧に接するようにしたり、

会話を深めたり、相手のことを知ろうとしたり

相手に知ってもらおうとしたりします。

すると、もちろん嫌がらせや精神的虐待

孤立やうまくいかなくなる、

ということがなくなり、

普通の人と楽しく

関係を深めていくことができるのです。

そしてそんな様子を

自己愛性人格障害のひとが見ると

自己愛性人格障害のひとは

なぜか不安になり

急に近づいて来ようとするのです。

そんなときは

Tiaraも、

相手が自己愛性人格障害だということが

分かっているので

近づきすぎるのは怖いのですが、

自己愛性人格障害に人は

ほんとうは、普通のひとよりも

数倍傷ついているのです。

だから

ひどい場合は、

あなたのほうが敵対心を見せてきたと

被害妄想に走り

あなたを全力でつぶしにかかりますので

非常に怖い状態になります。

自己愛性人格障害のひとに

話しかけられたときは

決して敵対心は見せない様にして

笑顔で柔らかな雰囲気を作り

当り障りのないで世間話をして

できるだけ早く会話を済ませ、

その場から離れます。

そうやって、あなたのことを好きにも

嫌いにもなってもらわない関係が

自己愛性人格障害のひととは

ベストな関係でいられるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする