自己愛性人格障害のひとは自分のしていることがばれそうになると瞬時にいい人になるのが得意


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしていることがばれそうになると

瞬時にいい人になる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

全然そんな風に見えませんが

本当はものすごく臆病で

自分には価値がないと

思い込んでいます。

 

それが、周りの人に見つかることと

他人に否定されてしまうということに

極端にびびってしまっているので

それを全力で隠すために

逆に堂々としています。

 

普段は尊大な自分を魅せつけるために

常に立派にふるまっていますので

それがばれないうちは

まるで相手のことを思って

説教をしているように見せながら

自分の中の怒りをぶつけたり

好きな時に無視をして

相手が不安になることを楽しみます。

 

自分が何かしたのではないか?という風に

自分を責めているが分かると

本当は何もしていない人にでも

悪者にして怒りをぶつけ

その人の自尊心をへし折り

自分のほうが優位に立っていることに

満足するのです。

 

 

そんなことを繰り返すうちに

周りの人からは

本当にすごい人なんだと思われるように

なっていくわけですが、

中には敏感な人がいて

自己愛性人格障害のひとが

本当はこじつけで

八つ当たりをしているだけだったり

相手をののしることにより

みじめな立場にしていくことを

楽しんでいることに気づきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

嘘をつくのも平気なので

逆に堂々としていて

本当に自分がひどいことをしていても

そんなことはしていない、と

瞬時に泣きじゃくったりも平気でできるので

逆に分かりづらいです。

 

嘘をついた人が嘘がばれそうになると

びくびくする、と思っていると

自己愛性人格障害のひとの嘘は

見抜けないかもしれません。

 

ですが、自己愛性人格障害について

知っている人や

見かけだけに騙されず

何かがおかしいと気付く人が

本当にたまにいます。

 

Tiaraが自己愛性人格障害のことを

全く知らないときに

若いころ勤めていた会社で

社内でパワハラや

いつも悪者扱いをして

ミスを誘発して怒りをぶつける人を見て

「私あーいう人が何をしているか

知っているんだよね。。」と

いった人がいました。

 

その時は何を言っているのか

分からなかったのですが

あの人はおそらく

自己愛性人格障害の父親などを

小さいころから見ていて

その人たちが何をしているのか

どうやったらいいのかを

知っていたような気がします。

当時はTiaraも若かったのですが、

当時のTiaraと同じくらいの

若くてかわいらしい

でもどことなく凛とした

しっかりした女性でした。

 

話すときはきびきびと話しますし、

みんなの話にも笑ってついていけますが

いったん仕事が始まると

1人で黙々と作業を続けるような

そんな物静かでしっかりした女性でした。

 

今思うと

彼女のような立ち振る舞いは

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされないと思います。

 

 

Tiaraが若いころに勤めていた会社で

隣の部署に

かなり太った女性で

いつもユーモラスに周りの人を

笑いに巻き込んで

楽しく仕事をしている女性がいたのですが

その人は、いつも周りの取り巻き5,6人に

囲まれていました。

 

なんとなくみんなその太った女性に

気を使ったり、ご機嫌を取っているようにも

慕っているようにもみえました。

 

でも、噂によると彼女は

新人が入ってくるたびにターゲットにして

その周りの取り巻きたちと一緒に笑いものにし

何か失敗があるとその人のところまで行って

くどくどと文句をつけ

聞いた話によると

昔はその人の家まで押しかけて

文句を言いに行っていたような

本当に怖い女性だそうです。

 

ほとんどの新人は

その女性のターゲットにされ

やがて耐えられなくなって

自分から辞めていく人が

ほとんどだそうですが

1人、その女性からされた嫌がらせを

上層部に報告した女性がいて

上層部の方が調査で社内を

調べたことがありました。

 

こじ付けてその人の失敗にして

みんなでその人を袋叩きにしたそうですが

(本当に袋叩きにしたわけではありませんよ?

暴力ではなく、口での攻撃だったようです)

本当にそういうことがあったかどうか

調査部の人が

1人1人、関係者を呼び出して

話を聞いたそうです。

 

その時その太った女性は

いつもの堂々とした雰囲気はなく

少女のように泣きじゃくって

「そんなことはしていません。」と

言っていたそうです。

 

その時の弱弱しさは

被害者よりも気の弱そうな感じでしたが

周りの人からの証言で

おそらく事実だろうという結論に

至ったそうです。

 

クビにこそなりませんでしたが

彼女はずっと昇給のないまま

その仕事をつづけたようです。

 

今ではどうしているかわかりませんが

その時聞いた話では

普段の様子と全く違っていて

本当にびくびくしておとなしくなったようで

彼女の強かった時を知っている

Tiaraからしたら

想像できないです。

 

でも、今考えてみると

その人は、自己愛性人格障害だと思います。

 

彼女のことも今になって分かったのですが、

それよりもあの時、

あの凛としたかわいらしい女性が言っていた

「私、あーいう人が何をしているか

知ってるんだよね。。」

と意味深に言ったあの言葉が

あの人は自己愛性人格障害のひとのことが

あの頃から分かっていたんだ、と思います。

 

そして、彼女が絶対にターゲットにされない

キャラクターだということは

いまのTiaraなら分かります。

 

まったく人にこびていないというか

本当に心底堂々としていて

おかしな人には関わらない

堂々とした

しっかりとした自分を持った女性でした。

 

Tiaraもあの女性のように凛としていたら

自己愛性人格障害のひとは

寄ってこなかったでしょう。

 

今はその女性のような

堂々とした雰囲気だけは

意識して作っています。

 

その女性は本当にしっかりしていたので

やはりTiaraでは全くかないませんが

自己愛性人格障害のひとは

共感力がありませんので

本当のことがわかりません。

 

幸い、見たままの姿を信用しますので

あなたがびくびくしたり怖がったり

本当は弱かったり仕事ができなかったとしても

そんな雰囲気はみじんも見せないでください。

 

あなたが、自分に自信があるように

堂々とふるまっているだけで

自己愛性人格障害のひとは

あなたにはおとなしくなるのです。

 

怖くても表情に出したりせず、

背筋をきちんと伸ばし、

表情は少しだけ穏やかな雰囲気を持つ真顔で

決して自分のことを

なんでも話したりしないでください。

 

あなたの中に

少しだけミステリアスな部分を残しておくと

自己愛性人格障害のひとは

あなたが強いのか弱いのか分からないので

分からないものには

手出しもできなくなってしまうのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください