自己愛性人格障害の人に腹を立てる必要はまったくない

こんばんは♡

自己愛性人格障害の人の被害にあった人は

理不尽な嫌がらせや無視、彼が悪くてもあなたが悪いといわれるなど

もやもやすることが多くて、自分の気持ちに整理がつかない人が

多いと思います。

今日は、自己愛性人格障害の人にイライラした気持ちを持つ必要は

まったくない、ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraは自己愛性人格障害に気づいて、割と早い段階で別れていますので

別れる直前まで、本当に彼のことが大好きでした。

なのでイライラするということはなく

どちらかというともやもやしてなぜそんな風に扱われるのか

不安になり、余計にこびていたと思います。

でも、夫婦関係などになり、何年も一緒にいた場合、

自己愛性人格障害の人に怒りを持つのは正常な感情だと言えます。

むしろ怒りを感じないようにあなたが自分で自分が悪いんだ、と思い込むように

マインドコントロールをされていますので、

自己愛性人格障害の人に怒りを持つという感情を持った時点で

あなたは少しモラハラから脱出しかかっています。

[ad#co-1]

彼がおかしい、ということに気づいているからです。

そこまで来たら出口はもう少しだと思われますので、

まず、ここで基本的なことを思いだしてください。

彼は自己愛性人格障害という精神障害なのです。

本人も、自分が正常で、尊大な常識的な人間だと思い込んでいます。

そんな人に何を言っても無駄なのです。

そもそも他人の気持ちを理解できない病気ですので

相手のことを全く考えられません。

被害者の人に逃げられても困るのですが、

嫌がらせは、被害者に対して、常に向け続け、

しかも相手が逃げずに

どんどん自分を責めて自信を無くしてその場で

つぶれていくことを望みます。

そしてその姿をそばで見たいのです。

あなたが大事だとか、思いやりだとかかわいそうだとか

全く考えられないのです。

ただ、相手をつぶして自分のほうが優位に立ち

そして相手から崇められる、という極端な自分に有利な条件で

それでもかろうじてしか、自分を保っていられないのです。

だからそういうひどいことをしてもまだ足りず、

もっと嫌がらせを強め続けて、

多くの場合、歳と共にひどくなりますので

将来的には、だれもそばに寄れなくなります。

[ad#co-1]

そんな人にまともに話をしても仕方がないし、

あなたが悪いわけでもありません。

それどころか、あなたが二人の仲を深めようと

話し合えば話し合うほど、あなたが悪者にされてしまうのです。

こんなばかげた話はありません。

でも彼は、自己愛性人格障害という自覚できない精神障害なのです。

反省、自責の念、罪の意識が全くありませんので

普通の人とは違います。

だから腹を立てても仕方がないのです。

彼もやる気でやってはいません。

病気なのです。

普通の病気なら、恋人や夫婦など関係が深い場合、

一緒に治してあげるのが普通ですが、

自己愛性人格障害に限っては、あなたがターゲットになってしまうので

全力で逃げなければなりません。

彼は性格が悪いわけではないので、

どうしてもしてしまうのです。

下手に説得しようとしたり、そばにいて支えてあげようなんて

思っていたらあなたが危険です。

危険で当たり前なのです。

そういう人なのですから、怒っても仕方ないので

自己愛性人格障害なんだ、と理解し、そっと離れることをお勧めします。

彼がいなくてもあなたは生きていけます。

むしろ彼がいなくなるほうが、あなたには幸せになれる可能性が増えます。

あなたが幸せになるためにも、彼から離れたところで

あなたの幸せな世界を作っていくほうが、

彼は壮絶な後悔をするでしょう。

後悔をしてももう自分を本気で愛してくれたあなたはいません。

腹を立てるのはあなたの心の無駄になります。

あなたが幸せになり、彼を後悔させてやりましょう。

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする