自己愛性人格障害のひとに執着してしまうあなたへ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼に

執着心を持ってしまう被害者の心理について

お話ししたいと思います。

毎日たくさんのコメントや相談をいただきますが、

その中で被害者になってしまった方が

自己愛性人格障害のひとに

強く執着心を持ってしまうことが

よくあります。

これはさんざん優しくされて

いかにも将来があるようなことを

さんざん夢見せられた挙句に捨てる、

という自己愛性人格障害のひとが

本当によく(というかほぼ全員?)

やる行為から

納得できない被害者がおちいってしまう

心情です。

納得できないのは当たり前なのです。

だって納得できないほど

不自然な別れ方だからです。

Tiaraも自己愛性人格障害の彼以外にも

普通の人と何度も恋愛をしていますし、

もちろん、Tiaraの周りにいる友達からも

いろいろな恋愛の話を聞かせれているのですが

別れ話の1つや2つ、

だれでも経験していることです。

でも、たまに今までうまく行っていたのに

彼(もしくは彼女)の突然の心変わりから

納得のできない別れ、

というものは存在しますが

たいてい、必ず別れるにあたり

それなりの原因があり、

別れたくないにしても

しかたなく納得するしかない(できる)

別れがほとんどで

そんなにいつまでも執着しません。

しばらくは誰でも失恋の痛みというものは

ありますが、

時間とともに薄れていきます。

ですが、自己愛性人格障害のひととの別れは

明らかに不自然なのです。

Tiaraの友達も1人だけ、今はもう結婚して

幸せな生活を送っていますが、

若いころ、Tiaraから見たら

そんなに魅力的でもない彼になん股もかけられ

それでもいいと彼に執着して

しばらくしたらフラれて

何年も忘れられなかった子がいます。

その時、同級生の間では

「いつまでこだわってるの。」とか

「たいして魅力的でもない人だったのに

ドン引きするほど引きずっている」など、

本当にひどい評判でしたが

その子のその時の彼は

自己愛性人格障害だったのではないか、

と今になって思います。

被害者になった人が

彼が嫌がっているのに

こんなにもこだわっていて

自分のほうがおかしいのではないか、

という質問をたまにいただきますが

そんなことはありません。

しっかり忘れられないように

自己愛性人格障害のひとの

引き寄せ行為によって

惹きつけられています。

ですが、被害者になった人が

彼のことを忘れられなくなってから

拒絶するので

被害者のほうがおかしく見えてしまうのです。

Tiaraはそれが分かっていたので

彼のことをまだ好きでしたが、

一切興味がないようにふるまっていました。

そうすると逆に自己愛性人格障害のひとが

強烈にしがみついてくるのです。

疑問に思うのでしたら

試しにやってみてください。

あんなに拒否していたのに

ドラマさながらのセリフで

「強がりだったんだよ!」とか

「あなたがいないと生きていけない。」

とか言ってきますから。

不自然すぎることがよくわかると思います。

あなたとはやっていけない、とか

あなたとやっていく自信がない、

とどれほど言っていても

コロッと態度を180度変えてきますから。

そこであなたもおかしいと

気付くかもしれません。

逆に彼が自己愛性人格障害だと

はっきり分かっていて

それでも彼からのしがみつき行為がなかったら

そのまま別れてしまったほうが

楽かもしれません。

どちらにしても彼は

あなたと幸せになりそうなタイミングで

捨てようとしてきますから

自己愛性人格障害のひととの幸せは

あり得ないのです。

あなたの幸せにも自己愛性人格障害のひとは

強烈に嫉妬してつぶそうとしてきますので

彼といたら

幸せそうにできないのです。

あなたはそれでもいいですか?

自己愛性人格障害の彼と一緒にいたら

あなたは将来的にみじめな人になるのです。

それでもあなたは彼と一緒にいたいですか?

あなたが幸せになれる人は

自己愛性人格障害のひととは

別のところにあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする