自己愛性人格障害を理解することがあなたのためになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害を理解することが

あなたのためになる、

ということについて

お話ししたいと思います。

今もTiaraの周りには

数人の自己愛性人格障害のひとがいますが

その人たちと接するときは

この人は自己愛性人格障害のひと、

ときちんと認識しながら付き合っています。

だからその人が

急に怒鳴り声をあげたときも

挨拶を無視したときも

やたらとTiaraの周りをうろついて

話しかけてくるときも

どうして今、そんな行動に出ているか

きちんと意味を把握しながら見ているので

特にびっくりすることはありません。

自己愛性人格障害のひとが

今どうしたくて優しくしたり

怒鳴ったりしているのかが

分かるからです。

あなたがもし、

まだ、自己愛性人格障害のひとが

ふいに機嫌が悪くなったり

無視をしだしたりしたときに

彼のことが怖い、と思う時は

まだ、自己愛性人格障害のひとの

感情がどうしてそうなるのか

理解できていません。

怖かったり、腹が立ったりするのは、

自己愛性人格障害のひとが

なぜそういった感情の動きになっているのかが

分からないからです。

分かってしまえば、

無視をしたときに

ああ、おなかの中の怒りを爆発させているんだな、

とか

威嚇して相手を怖がらせようとしているんだな、

とか

しばらく不安にさせて

しばらくしてから優しく声をかけ

取り込もうとしているんだな、

とかが分かるからです。

怖かったり不安になったり

辛かったりするのは

まだあなたが心のどこかで

彼も普通の人間と同じような感情を持っていて

何かあなたに腹を立てているから無視しているんだ

とか考えてしまうからなんです。

もしかしたら

自己愛性人格障害のひとを

理解していないだけでなく

あなた自身の強すぎる責任感も

関係しているのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは

あなたを責めることで

自分のほうが優位に立とうとしています。

自己愛性人格障害のひとは

本当は、あなたを嫌いなわけではないのです。

ただそうやって

常に人の上に立っていなければ

不安でおなかの中の恐怖と

自分には価値がないと

思い込んでしまっている恐怖で

常に押しつぶされそうなのです。

プライドが高いので

そんな風には見えないのですが

それもそんな自分を隠すために

必死で虚勢を張って生きているので

常に苦しいのです。

本当の自分を見せられないので

いつも疲れています。

その不満をぶつける相手を

いつも探していて

自分が悪く思われることには

とてつもない恐怖をいだいているので

ほかの人には分からないように

ターゲットになった人のみに向けて

一直線に発射します。

だから、ほかの人も

周りで見ていて気付くこともあるのですが

その恐怖はターゲット本人にしかわかりません。

もし周りの人が見ている場合は

気づかれていたとしても

自分が悪く思われることには

極端な恐怖心をいだいているので

見ていた人やそばにいた人には

よく思われるように全力で優しくします。

だから周りで見ていた人は

あなたが悪かったのかな?と思ってしまったり

こんなにいい人だけど虫の居所が悪い時もあるんだな、

と思うだけで自己愛性人格障害に気づく人は

非常に少ないのです。

これが自己愛性人格障害のひとが

コミュニケーション能力が高いと言われる理由で

それを真のものにするには

あなたが悪者になる必要があるのです。

こうやって必死で自分の立場を守りながら

自己愛性人格障害のひとは生きていますので

そばにいると何もしていなくても

とんでもない悪者になってしまうのです。

だからTiaraは

自己愛性人格障害のひとのそばにいることは

お勧めしません。

自己愛性人格障害のひとも

辛いですが

それをまともに受けて彼のために

犠牲になろうとしてしまうと

その辛さは想像を絶するものになります。

どんなに好きでも耐えられないほどの苦しみを

自分の彼から与えられることは

あなたにとっても非常にショックなことでしょう。

だから彼のそばをそっと離れて

あなたはあなたの人生を生きてください。

自己愛性人格障害のひとに潰されて

職場も友達も家族も

自分の明るい未来も失ってしまい

精神科に通う人が非常に多いのです。

あなたはあなたの責任でないことを負わされて

世間の人から除外されます。

そんな風に扱われるようなことは

何もしていないのに。。。

あなたはあなたの人生を生きてください。

そしてあなたのことを

本当に考えてくれる人とだけ

一緒にいるだけで幸せになれるので

我慢してまで誰にでも好かれる必要はないのです。

自己愛性人格障害のひとは

あなたが何もしていなくても

あなたを恨む心の病気なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする