自己愛性人格障害のひとは負けることが死ぬほど怖い

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

負けるのが死ぬほど怖い、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人と話をしているときに

やたらと上から目線で話をするのですが

自己愛性人格障害の人も

たまに間違えることがあります。

尋常ではないほどの負けず嫌いなので

絶えず、自分が負けないように

人よりも必死で勉強しているので

何事にも優れた人が多いのですが、

人間なので失敗するときもあります。

そんな時でも、自分の負けを認めることは

普通の人の比べて尋常ではないほど

許せないので、

そのあとの襲撃が恐ろしいほど怖いです。

別にあなたが悪くないにしろ

あなたが相当ダメージを食らうくらい

けちょんけちょんに言われることがあります。

自己愛性人格障害の人は

恐ろしいほどの怒りを持った時も

出すべき時と出さないほうがいい場合と

完全に使い分けて

出したり引っこめたりすることが出来るので

その場ではまず言いません。

うまいことあなたのせいにできるときは

その場で言うこともありますが、

そういった都合のいい材料がない場合は

たいていその場では黙っています。

場合によっては静かに謝ることも

ないこともないです。

(ちなみに今、

Tiaraの周りにいる自己愛性人格障害の人は

誤っているところを

誰も聞いたことがないそうです。)

ですが、たいていの場合意地でも

誰かのせいにして俺は悪くないを

貫き通すので、なぜか周りにいるひとも

唖然としながらも言えない雰囲気になっています。

そして自分の中に自分が間違えたことで

煮えたぎる怒りを

数日後にでもなにかあなたの責められるところを

見つけると

徹底的に責め立てます。

あなたは、数日前の彼の間違いと

つながっているとも思わないので

ものすごく驚くとともに

相当なショックを受けるでしょう。

ですが、それは本来あなたが向けられる

攻撃ではなく

自己愛性人格障害の人が

認めるだけのことなのです。

ですが、自己愛性人格障害の人は

もともと自尊心が低く

自分が価値のない存在であることに

おびえているため

負けを認めると

それは自分には存在価値がないことを

自分で認めることになるので

それに耐えがたいほどの屈辱を受けます。

だから自分よりも価値のない存在を作るために

徹底的にたたきまくるのです。

そうやって人をつぶして

自分の存在価値を上げていないと

耐えられないので生きていけなくなります。

自己愛性人格障害の人の負

けを指摘することや

自己愛性人格障害の人に

間違いを教えてあげることは

彼からすると死ねといわれているのと

同じことになるのです。

そして、

あまりの恐怖にそれをごまかすため

徹底的に人をつぶしてつぶして

無理やり自分を上げ

尊大な自分だとアピールして

自分が正しいと思いむのです。

だからそれに対して

被害者になるような責任感の強い人が

いちいち自分のせいだと思い込むことは

自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がいいですし、

あなたも辛くて辛くてたまらなくなるでしょう。

自己愛性人格障害の人の責め方は異常なのです。

だからその彼の精神的なストレスの

はけ口になっては

今度はあなたが

自己愛性人格障害の人のストレス

を感じることになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする