自己愛性人格障害のひとの心情が分かるようになると無駄に傷つくことがなくなる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

心情が分かるようになると

無駄に傷つくことがなくなる、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraは今、少しの間その人を見れば

その人が自己愛性人格障害か

そうでない普通の感覚の持ち主か分かります。

 

Tiaraの大好きな彼が

どうしてそんなことをするのか不思議に思い

強烈に興味を持ったからこそ

彼の心情について調べまくりました。

 

 

彼のことを好きだったからこそ、

彼の気持ちを理解したかったからこそ

自己愛性人格障害という病気を

知ってしまったのです。

 

 

初めはそんな病気がある、ということは

とてもショックでしたし、

とても怖かったです。

 

人を他人を愛する人を

信頼しているからこそ

傷つけていく

そんな恐ろしい病気があることは

とてもショックでしたし、

Tiaraの大事な彼がそんな病気だなんて

信じたくもありませんでしたし、

できれば違っていることを望み

彼が、自己愛性人格障害ではないことを

証明しようとあらゆる面で

観察して

彼の今までの行動と当てはめてみました。


すると

彼が自己愛性人格障害だとすると

今までの不可解な出来事のすべてに

説明がつき納得できたのです。

 

離婚後に初めて

こんなにも信じられる人はいないと

神様に出会いを感謝した

大切な彼が

自己愛性人格障害だと知ったことは

とても大きなショックでした。

 

 

でも、大好きな彼だったからこそ

自己愛性人格障害の人たちが

そういう風にしか行動できないこと、

深い悲しみから

共感力を感じないように蓋をしてしか

生きられなかったことに

納得ができたのです。

 

 

そして大好きな人だったからこそ

仕方ない、

とあきらめることもできましたし

彼以外のどうでもいい

他人の自己愛性人格障害のひとに対して

完全に無関心になることにも

容易にできているのかもしれません。

 

 

だって大好きな彼に無関心に

なることはとても辛いことですし

できたら、

ほかの人間関係はもういらないから

彼さえいてくれればいい、

と思っていた人だったからこそ

ほかのどうでもいい

他人の

自己愛性人格障害のひとに好かれたい、

だとか相手にしてほしい

なんてこれっぽっちも思わないからです。

 

 

そして自己愛性人格障害について

とても詳しく知識がついてしまい

実践として自己愛性人格障害の人たちの

感情が動くことをを何度も見たり

次にどんな行動をし、

どんなことを期待してそれをしているのか

すべて分かってしまうので

たとえ自己愛性人格障害のひとに

攻撃されたとしても

どうしてそれをその人がしているのか

分かるのでちっとも怖くないのです。

以前のTiaraはとても傷つきやすく

本当にちょっとしたことや

自分がしてもいないことで

どうしてそんなことをされるのかと

不安になり悩んでいました。

 

そんな日々が

本当はTiaraにとってなんの関係もなく

自己愛性人格障害の人たちの

Tiaraよりも優位な立場でいたいがためだけの

こじ付けの行為だということが分かったので

相手にしなくなったのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭う人たちは

責任感がとても強く

相手が勝手にしていることでも

自分に責任があるのではないか、

と悩んだり

自分が相手の気持ちを

損ねるようなことを

してしまったのではないかと

してもいないようなことで

延々悩み続けています。

 

そしてそんなところを見ると

自分の攻撃が効いていることに

ひどく高揚し

もっともっとと被害者の

傷つくところを求めてしまい、

優越感に浸る不思議な病気の

餌食になっていき

自ら苦しんでいきます。

 

そして人が苦しむところや

みじめなところを見て

人の悪い話に連帯感を持ち

楽しむ人たちが

自己愛性人格障害のひとの

取り巻きとして存在することも知りました。

 

 

そして被害者になってしまうような人たちは

そんな人たちに好かれようと

必死で努力している人たちなのです。

 

自己愛性人格障害という病気を知ったら

そんな人たちや取り巻きになる人たちと

関わることは

とても無駄だと気づきますよね?

 

彼らから拒否されることは

あなたにとっても

好都合なことだったのです。

 

だって苦しむためだけのために

そばに置かれているだけなのですから。

 

自己愛性人格障害のひとは

人が苦しむところや惨めなところを見て

自分のほうがましだと

自分の自尊心を保つために

必死で虐め続けます。

そこに無関心になれない人は

どんどん傷ついていきますので

自己愛性人格障害のひとは

その人たちが傷つくところを

ずっと見続けることができるので

なかなか離れようとしませんし

あなたが傷つくところをわざわざ見に来ます。

 

共感力がないのであなたが傷ついているか

あなたの様子を見ないと

分からないからです。

 

 

自己愛性人格障害の被害から

逃れる方法はただ1つです。

 

あなたが傷つくところを

見せないことです。

 

あなたがそばにいなければ

あなたの傷つくところを

見ることができませんし、

あなたがそばにいても平気な顔をして

自己愛性人格障害のひとを

全く相手にしていないと今度は

自己愛性人格障害のひとのほうが

傷ついてしまうので

あなたから逃げていきます。

 

自己愛性人格障害のひとは

あんなにも強く見えますが

本当は自尊心が驚くほどないことに

尋常でないほど苦しんでいるので

そこから苦れるために

自分よりも下の存在を作り出し

自分のほうが上だと

優越感に浸ることにより

その苦しみから助かることができるので

自分が相手にされていないことを知ると

驚くほど傷つくのです。

 

 

失恋は自己愛性人格障害のひとが使う

最もポピュラーな人を傷つける方法で

しかも相手の人が

自分のことを好きだということが分かるので

同時に自尊心も満足させることができます。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

恋愛相手には

特に素敵なところをいっぱい見せるので

優しくしたり、プレゼントをたくさんくれたり

あなたのことを

とても大事にしてくれているように見せます。

 

 

だから自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合は

普通の虐待に比べて素敵なことが多く、

そして素敵な映画のような恋愛だったからこそ

自己愛性人格障害という病気に

気づきにくいのです。

 

自己愛性人格障害の特徴が分かると

相手があなたよりも優位に立つためだけに

行動しているということがよくわかるので

あなたが悪くないことにも気づきやすいですし、

相手が離れていっても

辛いとは感じず、

むしろこれで

被害を逃れることができるとほっとします。

 

そして自己愛性人格障害のひとが

あなたが傷ついているかどうか

見に来たとしても

あなたは傷つかずにいることができるので

そんなあなたのケロッとしたところを見て

今度は自分が嫌われたのではないかと不安になり

勝手に傷ついていき、

自己愛性人格障害のひとのほうから

離れてくれます。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が人を嫌うのはいいのですが、

自分が人から嫌われることに関しては

普通のひとよりも尋常でないくらい傷つきます。

 

自己愛性人格障害のひとが恋人だった時は

少し辛いと思いますが

あなたを傷つけ続けるために

そばにいると知ると

そんな人はあなたも一緒にいないほうがいい、

と納得できますよね?

 

あなたが彼のことを好きだったのは

彼があなたを幸せにしてくれると

信じていたからなので

そうでないと知ったときは

思ったよりも簡単に忘れることができます。

 

彼との幸せだった思い出は

自己愛性人格障害のひとの

特徴から生まれたものだと

納得できるので

素敵な映画でも見たと思い

素敵な思い出として

あなたの胸にそっとしまっておいてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください