自己愛性人格障害のひとにばれないように心を離していく方法

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害に

遭ってしまってから

対策をするにはどうしたら良いか、

についてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の対策は

できるだけ早く

自己愛性人格障害のひとを見破り、

初めからその人に興味をも持たず、

聞きたいことがあるときは

そのことだけを聞いて

後はさっとその場を離れてください、

と言っています。

それは、自己愛性人格障害のひとは

あまり自分に興味を持っていない人には

自分を知ってもらおうと必死で

あなたを追い込むようなことを

しないからです。

自己愛性人格障害の特徴を知ると、

相手に分かってもらおうと思わなくなり、

自己愛性人格障害のひとがめちゃくちゃ言っても

本当のことだとは思えず、

ただ支配したいだけにしか

感じなくなります。

つまり、相手を客観視することが

できるようになるので

あなたは

病気の人が言っていることは

それほど相手にしなくなるのです。

相手にしなければ、

自己愛性人格障害のひとは

勝手にあなたにびびってくれますから

あなたに攻撃を仕掛けてくることがなく

あなたは対策を考える必要がありません。

ところが、Tiaraの恋愛相談室を訪れる人は

すでにターゲットにされてして

自己愛性人格障害のひとのすることによって

気分が高揚したり辛くなったりしています。

ここからもし、

あなたが自己愛性人格障害のひとを

見破ったとしても

あなたが急に心を離したところで

彼は今まで、あなたを見ていたことにより

ある程度あなたの性格が分かっていますので

攻撃を仕掛けてくるかもしれません。

だから、はじめから

自己愛性人格障害の対策をしている人よりも

難しいのです。

ですが、自己愛性人格障害に人も

あなたといればいるほど

攻撃は強くなりますが

あなたの反応がいつもと違うと

少し驚き、不安になります。

不安になると

今までよりもさらに

攻撃を強めてくることもありますが、

不安になって

あなたの様子をうかがうようになると

思います。

あなたが、もしもうすでに

自己愛性人格障害のひとと

お付き合いをされて

数年たっているのだとしたら

今までの反応のまま

心を確実に離していきます。

そして彼から連絡がこなくても

ドタキャンをされても

今までよりも会う時間が

無くなってしまったときも

決して落ち込まないで下さい。

彼と会わない間に

少しづつ、

別のひとと交流しながら

自己愛性人格障害のひとに

ばれないように

彼の全く知らないところで

あなたのコミュニティを

確実に広げていってください。

そして、自己愛性人格障害のひとと

会う時間もかわす言葉数も回数も

少しづつ減らしていってください。

彼の様子を見ながらですが、

彼との距離を確実に広げていくのです。

その時、心も一緒に

少しづつ彼の様子を見ながら

調節しながら

彼に気付かれないように

できるだけゆっくりと

少しづつ離していくことが

自己愛性人格障害のひとの

敵対心をあおらず

自然に彼もあなたと会わない時間を

受け入れていくことでしょう。

彼との付き合いが長ければ長いほど

彼は不安ではなくなっていくのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara Night Owl より:

    はじめまして、Tiaraさん。そして、ありがとうございます。Tiaraさんのブログによって、心救われつつある、自己愛性人格障害の被害者です。多くの相談者の方々と同じように、目の前で起こった、あまりに理解不能な現象に、心が壊れそうになりながら、嘘・ナルシスト・モラハラ、、、検索していくうちに、自己愛性人格障害という言葉にたどり着きました。みなさん、言われていると思いますが、全てビンゴで、訳分からなかった出来事の、全てが納得!そして、少しずつ、自分の心を取り戻すことが出来てきたのです。これまでの、Tiaraさんのブログを、ひとつひとつ読ませて頂き、更に、毎日の更新も、楽しみに拝見させて頂いています。どの記事も、自分や自分の周りで起きた事にあてはまり、納得しつつ、未だモヤモヤしてしまう心を、少しずつ、正常に戻そうと、日々、葛藤しています。Tiaraさんのブログは、本当に
    潰れてしまいそうだった、私の心を救ってくれました。今も、救ってくれています。
    本当に、ありがとうございます。

    私の付き合っていた、自己愛性人格障害者は、アメリカ人でした。恋愛体質ではなく、一人で生きて行こうと決めていた私、、、ちょっと興味を持ってしまい、私の方から近づいてしまいました。私は、お友達になりたかったのですが、ものすごい勢いで、恋人という関係になりました。私のことを、こんなにも思ってくれる人は、これまでにも、これからもいないだろう。そう思い、慣れない恋人関係は、どんどん深まっていきました。
    優しかった。いろいろしてくれた。プレゼントも沢山もらった。。。もちろん、私は、物や行為以上に、気持ちが嬉しかったのだけれど、、、ある日突然、全てをぶち壊しにされました。
    ある日突然、、、それは、違うかもしれません。いつの頃からか、彼の言動に、違和感を感じるようになっていました。訳のわからないことでキレ、責めたててきたり、馬鹿にする言動をしてきたり、、、Tiaraさんの、いつも言われている通り、おかしい、、、と思うと、やっぱり優しかったり、、、全て、私の反応を見ながら、コントロールしていたのかと思うと、ぞっとします。
    ただ、そんな違和感から、私の中で、2つはっきりしていたのは、「この人とは、一緒に暮らせない(=結婚できない)」それから、「この人とは、一緒に仕事は出来ない」ということでした。私は、英会話教室を運営しているのですが、最初頃は、いつしか結婚して、一緒に教室できたらいいな、、、などと、夢に描いていましたが、いつしか、そんな事をしたら、とんでもない事になってしまうという事だけは、確信するようになったのです。それだけ、彼の言動が、奇妙だったのです。そうまで思っていながら、自ら離れることが出来なかったのは、私の、再び1人になるのが怖いという、弱さだったのだと思います。

    付き合いは、約一年半でした。少しづつおかしいと気付き始めたのが、年明けあたりから。それでも、高速飛ばして1時間半かかる私の家まで、せっせと通ってきたり、電話はフェイスタイムで、100パーセント毎日。ひどいときは、朝も昼も夜も、あちらに暇な時間があれば、いつでも、、、という感じで、正直、自分の時間が持てなかったり、仕事の準備が十分できなかったりと、いろいろと支障がでていたのですが、こんなに思ってくれているのだから、嫌がったら失礼だし、拒否ったら、極端に怒りそうでもあったので、喜んでいるように、合わせていました。本当に、嬉しかった自分もいたのかも知れません。けど、明らかに変なんです。いつしか、話す内容は、彼の愚痴、、、何かに腹が立ったと、激しく訴えてくるばかり。なだめようにも、そうじゃない!分かってない!と、こちらに矛先が向かってくるので、そんな事で腹たつかなぁ?ということも、黙って聞いていました。愚痴を吐き出せる相手が、私しかいないのであれば、聞いてあげなきゃ!と思っていましたが、当然のことながら、全く楽しくありません。たまに、私の愚痴を聞いてもらおうと思いきや、少し口にするだけで、完全スルーです。こんな関係性にも、ずっとずっと、疑問を感じていました。

    あんなにマメだった連絡が、少しずつ少なくなり、うちに来ても、ひたすら不機嫌だという状態が、8月の後半から始まりました。9月頭から3週間、アメリカに帰ることになっていたので、そのせいで忙しいのだろうと、そんなに気にもせず、逆に、自分の時間を楽しんでいました。
    アメリカにいる間も、びっくりするくらい、連絡がなく、たまに来るメールも、どうでもよい内容、、、おかしいと思いつつ、帰国を待ちました。
    帰国後も、理由をつけて、あまり連絡なく、しばらくたたないと、会いには来ませんでした。それでも、ちょいちょい連絡くるし、アメリカのお土産も持って来るというし、、、まだ、忙しいんだろうけど、落ち付いたら、元に戻るくらいに思っていました。

    しかし、その日はやって来ました。まず、前日から、変だったんです。
    ペーパーワークで、頭が痛いと言っていました?「何なの?」と聞いても、私には教えないと。大変とか言いながらも、何だかウキウキしているようにも見え、冗談めかして、私のことを「面倒くさい♬」と、おかしげな歌にして、歌っでいました。

    その翌日、打ち合わせがあると、2時間限定で、やって来ると言い、それ自体、不自然ではあるものの、気にもせず、彼が来るのを待っていました。そして、打ち合わせを終えると、ペーパーワークがあるから、座りなさいと、、、

    「アメリカの母親が、心臓の病気で、自分しか診てあげる人がいないから、アメリカに帰る。もう、日本には、二度と戻らない」と。

    分かりますよね?も、全て作り話です。少しして、分かりました。けど、その時は、いくら沢山の違和感をかかえていても、これまで一緒にいてくれた恋人が、いきなり目の前からいなくなり、二度と会えなくなる、、、ショックだし、いくら、アメリカにはついて行けないとは言え、何の相談もなく、別れまで決め、これでおしまい。混乱するし、悲しいし、納得いかないし。。。しかし、きちんと話し合おう!と言っても、「もう決めた。自分は頑固だから、もい何も変わらない。」こっちを向いてと言っても、顔もみてくれません。それどころか、「黙っていなくなることもできたけど、それだと、お前が起こるだろうから、きちんと、自分は、直接話しに来たぞ」と。そうして、泣いている私を、「時間だから」と、取り残して、帰っていきました。

    何が起こったのか分からず、放心状態な私に、夜、「ごめん。まだ泣いているのか?」とのメール。すかさず、電話をしてしまったのだけど、私が少し感情的になると、、、「だから、時間限定で話しに行ったんだ」と。冷たい言葉を残し、明日早いからと、一方的に、電話を切られました。

    翌日も普通に、それまでのような、愚痴メールが送られてきて、この人、どういう気なんだろ?と混乱しつつ、、、

    彼の事が気になり、何気にFBを覗いてみると、以前も読んだ投稿に、引っかかりました。アメリカから帰国の際のコメント蘭に、見知らぬ女性に宛て、Love and kisses!とのメッセージ。以前は、何故か気にも止めなかったのだけれども、まさかね、、、と思いながら、いいね!している、その名前の女性のページに飛ぶと、、、

    出てくる、出てくる!彼女の、彼とラブラブの投稿が!忙しいから家に来れない、、、と言っていた日に、キャンプに行ったり、お誕生日をお祝いして貰っていたり、、、「来年も、お祝いさせてね。I love you!」とか、書かれていました。
    嘘・嘘・嘘の塊!腹が立つなら、呆れるやら、、、一気に、どうでも良くなり、他に好きな人が出来たなら、腹は立つけど、仕方の事だから、下手に嘘をつかなくても、言ってくれたら、すぐに別れてあげるし、その方が、すぱっと割り切れるのに、、、

    ただ、嘘だけは許せないから、嘘は認めて貰い、出来れば謝ってもらおうと思いました。会う機会がなければ、そのまま放置でも良かったのですが、仕事で、あと2日、会わなければならなかったので。

    仕事というのが、生徒達のハロウィンパーティーに参加してもらうことになっており(もちろん、費用が発生します)、今更、変更もキャンセルも出来なかったので、、、

    1日目。私が全て知ってしまったとも知らず、超善人面で、現れました。お金の発生する仕事だし、ある組織を通しているので、仕事は、完璧にやってのけました。
    引越しの荷造りがあるから、急いで帰ると言われたけれど、「あなたの決断は、正しかった。もう、責めることも、困らせることもしないから、話だけをさせて」と、引き止め、穏やかに、少しずつ、、、「嘘ついてるでしょ?」「◯◯さん、新しい恋人だよね。」「他に大切な人が出来たのなら、嘘つかずに言えばいいのに」などなど。。。何も知らなかったけれど、今思えば、恐ろしいことをしました。

    もちろん、認めません。私の目をまっすぐ見て、「何を言ってるんだ?」「僕が嘘をつくわけないじゃないか!」と、全力で、目で訴えてきましたが、どう頑張っても、嘘は嘘です!めんどくさいので、「FB見たから、全て知ってるよ!も、嘘はやめて」と。しばらくは、どこまで知っているのか、探りモードでしたが、最後には、「FB見て、全て知ってるなら、今更何を言わせたいのか?」と、逆ギレの上、私の愛が足りなかった的な事やら、距離がありすぎた、、、など、とってつけたような、言い訳をしてきました。そんな事、どうでも良いのに、私はただ、嘘を認めて、ごめんの一言が聞ければよかったのに。

    そしてその日は、彼から貰った、車に乗り切らないくらいの贈り物の数々を、全て持って帰って貰いました。全てが信じられなくなった私の、精一杯の意思表示。失礼なことは、重々承知でしたが、、、そうせずには、いられませんでした。

    翌日、来ないかも?とも思いましたが、仕事なので、普通にやって来ました。しかも、前日より、更に、いい人モードで。その、いい人モードが、逆に怖かったのですが、子供たちの為のパーティーは、全力で終え、、、もう、私は話すことはなかったのですが、なぜか、手紙を書いて来たから、読むようにと!手紙は読むか読まないか分からないから、言いたいことがあるなら、直接言ってと言うと、「どうせ嘘というから、、、」と言い残し、帰ろうとしたので、「新しい彼女の事も、仕事の事も、一切邪魔しないから、◯◯さんと、お幸せに」と、送り出そうとすると、「彼女とは、昨日別れた。自分は、ひとりぼっちで、アメリカに帰るんだ!」などと言い、また、私の悪かったところを指摘しながら、帰っていきました。

    全て終わった!と、納得いかないながら、あとは、忘れるだけだと思っていたら、、、

    数日後、メールが。プレゼントはプレゼントだから、返しに行く!と、、、「プレゼントを受け取るには、せめて、付き合っていた間の気持ちは本当だと思いたいなら、数々の嘘を説明して!」と、彼のついた、ひとつひとつの嘘を書き出し、嘘だと認めて!と訴えると、説明のつく内容だけピックアップし、言い訳してきました。結局謝らないのか、、、めんどくさいから、理解したことにして、プレゼントを受け取り、終わりにしようと思いました。

    その後、、、が、本格的な激化というのでしょうか?更に、言動がおかしくなってきました。

    自分が辛い日々を送っている、、、と、メールを送ってきたかと思いきや、いきなり、モードが変わり、なぜ、FBを見たんだ!と、激しくキレ始めたり、、、

    また数日後、真夜中にメールをしてきて、
    「なぜ、彼女がお前の名前を知っている?彼女が、お前のことを聞いてきはじめた。なぜ、彼女と話した?僕の新しい妻になるはずだった彼女は、去っていくだろう。僕の人生をめちゃくちゃにして嬉しいか?お前に、嫌な思いをさせてやる!FBを見たやつら、出会ったら、みんな殺してやる、お前もだ」
    ここまできて、初めて、彼が普通の精神を持っていない事に気付きました。その夜は、彼がやって来て、殺されるのではないかと、恐怖で寝つけませんでした。

    しかし、、、後に、その4時間前に、彼女とバーベキューをし、翌日には、彼女とアーチェリーを楽しんでいたことを、彼女のFBで知り、ただの脅しだった事が分かりました。
    もう、何のために?全く意味がわかりません。関わらない事が、一番幸せなのだと、確信しました。

    2日後、、、プレゼントを持って来ると言っていた日、、、普通の神経をしていたら、もう来ないと思いますが、普通じゃないから、きっと現れると思い、ベッドから出ることも出来ず、布団を被って震えていると、来ると言っていた時間に、車の音、外から呼び声、電話、、、そして、メールで「ドアじゃなくて、窓でいいから、開けてくれ」と。
    意を決して、ドアを開けました。紙袋に、無造作に入れられた、以前もらった、プレゼントを渡されました。けど、なぜこれを持ってきた?ものだらけです。何一つ、欲しくはありませんが、要するに、彼にとって、価値のないものが、ほんの少しだけ、返されました。まだ、自己愛的精神障害という言葉にたどり着いていませんでしたが、自然と、表情を消し、必要最低限の言葉しか発しない自分がいました。後に、それが、ベストな対応だったと知り、安心しました。
    私の私物があるから、また、翌週来ると言ってきたのですが、「もう来ないで。返さないと気が済まないなら、郵便で送って」と、力なく、無表情で言い、「仕事だから、もう行くんでしょ?」というと、素直に帰って行きました。あれだけ、分かり易かった私が、感情を消したので、きっと、怖くなったのでしょうね?Tiaraさんのブログで、学びました。モチロン、郵便も送られてきませんし、もう、現れないと思います。そもそも、うちに来るには、ガソリン代、高速代、時間がかかるので、確実に、苦しめられるのでなければ、来る価値はないのでしょう。

    仕事の繋がりがゼロではないので、顔を見なければならない機会がまだあるのですが、もう、振り回される事はありません。自己愛性人格障害を知ってしまいましたから。

    せめて、アメリカに帰るという部分だけは、真実であってくれれば、二度と姿を見ないですむのに、その話も、確実に嘘です。簡単にバレる嘘を、平気でつくのも、自己愛性人格障害である証ですね。

    私は、一年半という時間は無駄にしましたが、友達も仕事も家も失わずにすみました。精神的には、今も立ち直り切れていない、相当なショックを受けたのですが、それでも、被害は少ない方なのだと思います。

    自分がこんな人間に会い、酷い目に遭い、そうして、一生懸命調べるなんて、こんな種類の人格をした人間がいるなんて、全く知りませんでした。考えもしませんでした。
    けど、今、強く思います。世の中、こんな被害が起きる前に、もっともっと、情報が必要だと。目に見えるものではなく、実際に被害に遭うまでは、ただの性格ということで、片付けられがちだったり、、、本当に、本当に難しい問題ですよね。

    Tiara さんの活動に、心から賛同しています。短いコメントにまとめる事ができず、ごめんなさい。私のように、Tiaraさんのブログで救われている人、これからも、この先も、本当にたくさんいると思います。

    本当に、ありがとうございます。