自己愛性人格障害の人の自覚について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

自覚について

お話ししようと思います。

自己愛性人格障害は

自責の念がない、と言われていますが、

自分がしていること自体は

なんとなくどんなことをしているのか

気づいています。

だって、

あなたを潰すときに、なんとなく得られる

自分のほうが上だという気持ちに

少しだけ救われているから

やるわけなので。

でも、脳は正常なので

それを他人に気づかれると

自分がひどい人間のように思えてくるので

人からはひどいことを

していることが分からないようにやります。

だってそんなことがばれたら

人から嫌われてしまうことが

分かっているので

ひどく臆病な自己愛性人格障害の人は

嫌われることに耐えることができないため

絶対にばれないようにします。

それが、ひどいことをしていても

常に紳士的にふるまったり、

理詰めで、

あなたがどんなにひどいかを説明し、

あなたのそのまじめな性格から

自分が悪いと思うので

あなたにも周りにいる他人からも

自己愛性人格障害の人は

分かりにくいです。

そしてそれを完ぺきにこなし

自分でも自分はひどいことをしていない

と思い込むので、

安心して自分のことを「いい人だ」

と思うことができます。

ただ、はじめのうちは分かりませんが

激化してひどくなると

ほとんどの被害者は

何かがおかしい、と感じ始め

その思いがさらに強くなります。

そして自己愛性人格障害の人が

激化し、自分で関係性を壊してしまうか

あなたが気づいて逃げだす、ということを

何度も経験しているうちに

自己愛性人格障害の人も

はっきりは分からないとしても

自分の中の何かがおかしい、ということに

気づき始めます。

自己愛性人格障害の人が

自分がしていることにすべて気づいてしまったとき

ものすごく極端なほどの衝撃を受けます。

すべてが分かったときは

心臓がとまりそうになるほどの

ショックを味わいますが、

その自責の念が普段はないのが、

自己愛性人格障害なのですが、

もし分かったときは、想像を絶するほどの

衝撃を覚えます。

そしていわゆる「新型うつ」と呼ばれる

精神疾患になり、

精神科系の機関を訪れて初めて

自分が、自己愛性人格障害だと気づく人が多いです。

これが自己愛性人格障害の人が

相当なショックなのですが、

これを自覚することが

治療の第一歩だと言われています。

日本人の約10%ほどいると言われている

自己愛性人格障害ですが、

すべての人がここから初めて治療したいと

思うようになるようですが、

この治療は壮絶なもののようです。

でも、新型うつになり

少しでも自覚があるということは

治療できる可能性もありますので、

これから先の未来に

自己愛性人格障害が治る可能性は出てきます。

この道をたどらないと

自己愛性人格障害は

ほとんどの場合治らないでしょう。

でも自己愛性人格障害の人にとっても

自分の周りの人間関係を

この先も壊して生きていくよりは、

平和に過ごせるようになると思いますので

多くの自己愛性人格障害の人が

自分の中にある、

自己愛性人格障害という病気を

撲滅して

平和に暮らしていってほしいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする