自己愛性人格障害のひとの特徴が分かるようになると今後の行動が予言できるほど分かるようになる 第2章


こんにちは♡

昨夜遅くに「自己愛性人格障害のひとの

特徴が分かるようになると

今後の行動が予言できるほど

分かるようになる」というテーマで

以前の彼についての気持ちをお話ししました。

 

今日は、それを踏まえたうえで

今のTiaraの周りにいる

自己愛性人格障害のひとの行動が

予測できることについて

お話ししたいと思います。

 

今もTiaraの周りには

複数の自己愛性人格障害のひとが

おみえになりますが、

みなさん、もちろん、

自分がそんな症状をかかえていることに

気づいていません。

 

今、Tiaraの周りにいる

自己愛性人格障害の人たちは

まだ、Tiaraも出会ったばかりですし、

もちろん彼らの過去を知るはずもありません。

 

この中には、Tiaraがもし

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

魅力的だと思ってしまう人も

何人かおみになります。

 

ですが、今は優しかったりしても

今後の行動が

手に取るように分かってしまうので

もちろん近づきすぎることもありませんし、

ですが、毛嫌いをすることもなく

平和的に自然に従順に従うこともあります。

 

ですが、常に心掛けていることは

彼らは自己愛性人格障害で

こちらがいい人だと思って

心を寄せれば寄せるほど

モラ化が進み

Tiaraもこの場にも

いずれいられなくなることを知っています。

 

ですから、一定の心の距離を保ち

それ以上は深入りしない、と初めから心に決め

自己愛性人格障害ではない

いわゆる普通の人たちとのみ

関係を深めて心を許して話をしています。

 

いわゆる普通の人たちとは

楽しく普通に関係を深めていけますので

今がとても楽しいと思いますし

毎日がとても充実しています。

 

人は誰とでもうまくやっていける、とは

思わないことです。

 

世の中にはこちらの常識が通じない人たちも

一定数普通にいますので

人間関係を

うまくやっていっている人たちというのは

この、自分に合う人たちとだけ

関係性を深めている人たちのことだと

思います。

 

 

Tiaraももともとは

おそらく共依存の範囲ほどの

異常な共感力を持つ人間ですので

その共感力は普通の人たちのためのみに

使っています。

 

共依存とは、別名エンパスと呼ばれるもので

その共感力の高さゆえに

苦しむことがあります。

 

ですからこの苦しむ対象となる

自己愛性人格障害の人たちを

避けることによって

普通のひとでは

感じることのできない幸せを感じられる

素晴らしい特殊な能力だと思っていますので

もし、あなたが

自分のことを共依存だと

思っているとするならば

この能力をすべての人に使わないように

気をつけなければなりません。

 

 

前置きが長くなりましたが、

今、接している

自己愛性人格障害のひとへの思いと

対処法について

詳しく説明していきたいと思います。

 

現在、Tiaraが仕事を指示してもらっている

リーダーなのですが、

自己愛性人格障害だと思います。

 

何度も言うようですが

とてもイケメンだとは言いかねますが

雰囲気はとても紳士的で

落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 

 

話し方も紳士的で

落ち着いていて仕事もできる感じですが

彼の話し方はとても簡潔で、

3分ほどでさらっと話すので

内容がよくわかりません。

 

ですが、聞き返すと

ほんの少しだけ眉をひそめて

イラっとした雰囲気を若干しつつ

説明するのでめちゃ聞き返しずらいです。

 

 

仲の良い方たちとは

柔らかく談笑する姿もよく見られ

彼の話が伝わらないほうが

頭が弱いと思われそうです。

 

彼の下にはTiaraともう一人

20代の若い男の子がついていて

この子とよく話をするのですが

「○○さんの話し方、

よくわからなかったっす。」

「説明してくれたんですけど、

よくわからないんですよね・。。」

と言っています。

 

結局彼も自分で分析して

仕事を進めているようです。

 

正直それが一番賢いと思います。

 

Tiaraも

彼が自己愛性人格障害だと思っているので

よくわからないのは当然のことだと思っていて

もしかしたら

自己愛性人格障害の脳で

他人にうまく説明するのが

ヘタのかもしれませんし、

逆に混乱させるために

わざと分かりにくく

説明をしているのかもしれません。

 

そして「よくわからない。」といった瞬間に

「僕、何度も説明しましたよね?」と

イラっとした口調で

責めてくるのかもしれませんし

「なんで理解できないの?」

とバカにしてくるかもしれません。

 

そういったことを考えると

自己愛性人格障害のひとに

聞き返すのはあまり利口ではありません。

 

なので自己愛性人格障害のひとの話は

だいたいの概要で極力、

集中して多くのヒントを

聞き逃さないように聞いて

自分の頭の中でその話を組み立てます。

 

そしてさらにそれを自分の頭の中で

分析して調べて事を進めるか

リーダー以外のその仕事の内容が分かる

別の人に聞いたりしています。

 

そしてその中で自分でやってみて

どうしても分からないことだけを抜粋して

できるだけわかりやすい言葉にまとめて

極力簡単な言葉を使って

要点だけをリーダーに直接聞くようにします。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

相手をしようと思うと

被害者の中でも

ある程度のスキルが必要なことは

覚えておいてください。

そんな感じの彼ですが

幹事の悪いことはいっさいしません。

 

帰りも落ち着いた雰囲気で

「お疲れさまでした。」と

きちんというのですが、

どこどなく人を下に見ていて

上からの雰囲気が漂っています。

 

ですが何1つ間違ったことをしていないので、

彼を責めたり嫌ったりする人は

いないと思います。

 

ですが、なんとなく気を使う相手です。

 

 

そんな彼ですが、

昨日、一昨日と

早退したり、中抜けしたりして

仕事中に姿を消す場面が何度かありました。

 

20代の男の子がどこかで聞きつけてきて

「やばいですよ。Tiaraさん。

○○さん、お子さんが

インフルエンザみたいですよ!」

うつっちゃう、、という感じで

Tiaraのところに来ました。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のリーダーを

なんとなく独身だと思っていたので

子供がいたことはちょっとした驚きでした。

 

結婚していると

奥さんを精神的に虐待しているのかな?

奥さん大変だな、とか

結婚生活はどこまで続くんだろう、とか

考えてしまいます。

 

隣の席の女の子が

「パパさんかあ。。」とつぶやきました。

 

昨日、帰ったり中抜けして

その後、定時まで会社に戻ってこなかったので

奥さんといちゃちゃして

帰ってこられなくなったか

奥さんに甘えられて、

会社に戻ってこられなくなっちゃったのかなあと

冗談交じりに話していたので

内心Tiaraは

(結婚していないかもしれないのに)

と思っていたのですが、

結婚していたことが分かったので

彼女の予想もあながち間違いでは

なかったのかもしれないな、と

思いかけていました。

 

その時、別の社員の男性の方が

Tiaraたちのところに来たので

「○○さん、お子さんがインフルエンザって

聞いたんですけど

まさか、お子さんを

奥さんと二人で面倒見ているって

わけじゃないんですよね?

 

どうして○○さんが帰る必要があるんですか?

もしかして奥さん働いている?」と

聞いてみました。

 

ここの会社はかなりの大手なので

みなさんお給料もよく

ほとんどの方が奥さんは働いていません。

 

ですが、奥さんにキャリアがある場合や

奥さんが仕事が大好きな場合は

小さいお子様がいても

働いている場合もあるでしょう。

 

するとその人が

「昨日はたまたま

お子さんを見てくださる人がいて

これたけど

今日はお子さんを見てくれる人が

いなかったから帰ったんじゃないです?」

というので

「でも奥さんいますよね?

2人で見るってなんかおかしいですよね?

それか奥さん働いているとか?」

と聞くと

急に少し難しい顔をして

「う~ん、たぶんもうすぐ

本人から聞くと思うんですけど

実は奥さん、事情があって

亡くなっちゃったんですよね。

 

だからお子さんを見る人がいないんです。。」

と言いました。

 

隣の席の女の子の顔が

同情のまなざしで

切なそうに話してくれた人の顔を

見ていました。。

 

そのあとすぐに業務を再開して

その話題にはみんな触れないでいましたが

Tiaraは彼が自己愛性人格障害だと

分かっているので

もしかしたら、と

いろいろ考えてしまいました。

 

 

自己愛性人格障害のひとが長い間

結婚生活を送るとき

妻は感情のごみ箱になりやすいです。

 

自己愛性人格障害のひとと

長い間一緒に暮らすことは

その人の精神を壊すか、

あるいは心臓病などを引き起こし

早めに亡くなるケースが多いのです。

 

 

もしかしたら別の病気かもしれませんし

事故かもしれませんが

やはりこのリーダーに

近づきすぎることは大変危険だと思いました。

 

Tiaraも隣の女の子もバツイチなので

同情して彼のことが気になってしまう可能性も

無きにしもあらずです。

 

隣の女の子は間違いなく

同情のまなざしを向けていましたし

素敵な彼がひとりで子育てをしている、

と聞けば

普段の気難しい雰囲気も

なんとなく理解してあげたい気持ちにも

なります。

 

おそらくTiaraも

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

あの人でも本当はいい人だよな、

頑張って辛いのに耐えて

1人で子育てをしているんだな、

と思っていたことでしょう。

 

ですが、今のTiaraは

自己愛性人格障害の雰囲気がある人には

心を寄せてはいけないと思っています。

 

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

間違いなく分かってあげようという気持ちから

彼に恋心が芽生えてもおかしくありません。

 

ましてやバツイチなんて

次の結婚では

いい人と結婚したいと思っているに

違いありません。

 

そして見方によっては

自己愛性人格障害のひとは

とてもいい人に見えるんですよね。

 

気難しいところもイライラした気持ちも

共依存気味の女のひとなら

分かってあげようとするでしょう。

 

Tiaraの予想が当たっているかは

まだわかりませんが

彼には近づくことは危険だと思います。

 

もしかしたら

奥さんがいないのであれば

お子さんが少し大きくなったら

虐待の対象になってしまうかもしれません。

 

とにかくこの彼に関しては

注意深く見守っていきたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください