自己愛性人格障害の人にあなたの望むことはできない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼の

本当の姿について

お話ししたいと思います。

自分の彼が、

自己愛性人格障害だと分かって

別れても

いつまでも彼のことを忘れられない、

という人がほとんどですが、

Tiaraもいまだに

自己愛性人格障害の彼のことが

忘れられません。

でも以前のように会いたいなとか

また連絡が来るといいな、

という気持ちは全くありません。

自己愛性人格障害という病気の症状が

彼の数々の行動を起こしていた、

とわかっているからです。

Tiaraと出会って、

毎日のように会いたいと言って

仕事が終わった後

夜中に車を飛ばして

迎えに来てくれたことも、

初めてのデートで

エレベーターに乗るとき

周りの人たちに気遣いを見せた

優しい彼も

素敵なプレゼントを

たくさんくれた彼も

突然怒って帰ってしまう彼も、

しばらく無視をして

また普通に連絡してくる彼も、

Tiaraと別れたくないと

大泣きした彼も

知らない間にTiaraを

孤立させる彼も

すべて、

自己愛性人格障害という

病気の特徴からきていることで

彼の意思や彼の性格や

彼の思いは

全く関係がなかったのです。

彼の中の思いは

どこにあるのでしょう。

以前、

自己愛性人格障害の方と

お話ししていて

別れた彼女と付き合っていた

初めのころだけ

唯一、健常者になれたような

気持だった、

と言っていたことが

とても印象的でした。

結局、激化し

いっしょには

いられなくなったようですが、

自己愛性人格障害の人も

幸せになりたいのです。

でも、なれないことも

なんとなく

気づいていて、

そのうちに破綻することは

予感できているようです。

でも、一緒にいるうちに

確実に楽しかった

思い出はあるのです。

ただ自己愛を全力で満たすために

生きていて

周りのことを考える余裕もないほど

傷ついた自己愛性人格障害の人は

幼いころに相当辛い思いを

してきたのでしょう。

でも、そこに同情して

あなただけが彼と一緒にいられる

と思って

死に物狂いで彼に合わせて

彼の意思を察し、

先回りして彼が怒らないように

動き続けることは

至難の業です。

それにそうすることで

さらに彼の怒りの感情をぶつける

道具になってしまうのです。

普通の人は、

自分のことを思いやってくれる人に

感謝の気持ちを持ちます。

そしてあなたを大事にして

いろんな障害から

守ろうとするでしょう。

あなたを傷つける誰かがいたら

必死になって

守ろうとしてくれるでしょう。

自己愛性人格障害の人は

自尊心が全くありませんので

自分の自尊心を

極端に満足させることで

精いっぱいです。

だから普通の人がもつような

思いやりの感情が

沸き上がってこないのです。

気づけば、

人は簡単に幸せになれるのに

それに気づくことができません。

自己愛性人格障害でなくても

自分の自尊心を保つために必死で

争いごとばかりしている人も

たくさんいます。

それでも被害者になるような人は

それさえもしないのです。

すべてを合わせ、

自分を大事にしていないから

驚くほど見事につぶされていきます。

あなたはそんな見事につぶされて

価値のない人間のように

扱われるために

彼とお付き合いをしていたのですか?

違いますよね。

そもそもあなたが

彼に望んでいる普通の幸せは

自己愛性人格障害の人には

できないのです。

本当に治せるといいのですが、

Tiaraも今では

彼に近づくこともできません。

でもいつか、

彼が幸せになれるといいと思います。

それは誰かがそばにいるとは限らず、

1人でも好きなことや

楽しいことをして

幸せを感じることができる空間に

自己愛性人格障害の人が

身を置けるといいと思います。

Tiaraもまだ一人ですが、

一人でいることに全く不安を

感じません。

もし誰かといて辛いなら

1人のほうがましかもしれません。

これはTiaraの彼も

よく言っていたことでした。

反対の立場ではありますが

Tiaraも今同じことを考えています。

自己愛性人格障害の人とは

少し離れたほうが、

お互いを思いやれるものなのかも

しれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tiara まみ より:

    はじめましてm(__)mあたしも自己愛+ADHDを持ってると思われる元彼に苦しんでいます。Tiaraさんのブログの元彼とそっくりで読むたび、自分で言い聞かせてます。最初は情熱的で優しかったんですが、三ヶ月くらいからおかしなことが続きました。自分から旅行や飲みに行こうって誘っておいて、支払い時に「財布忘れた」「ATMに寄って来るの忘れた」と頻繁に言うようになりました。最初に別れを決めた出来ごとは、あたしが目の前で膝の靱帯を切ってうずくまってたのに、彼はただ見てただけでした。その夜、心配するメールどころか「今日は楽しかったね」とだけで、あたしの心配は何も無かったんです。
    一ヶ月大変だったのにも関わらず、彼はあまり気にもしてませんでした。あたしは一人暮らしなんで、熱が出た時に連絡しても飲み会に行き酔っぱらって「楽しかった~」と、電話して来たり夜中に家に来たりしました。「なぜ病気の人に、夜中に電話したり、夜中に来るのか?少しは心配してよ」と言ったら、「心配だから、電話したし、家に来たんじゃん!人が楽しんで来たのになんで怒るんだ⁉」 って…そっから何時間も罵倒と駄目だし…熱がでてるあたしにです。普通じゃないと思い別れを言うと激怒し叩かれ「俺が貧乏だから別れるって言うんだろ?」と…一度もお金のことを話たことも無いのに激怒しました。あたしは恐怖でそれから、逆らえなくなりました。
    別れたり復縁をしたり…モラハラは段々酷くなりあたしは都合のいい人になりました。
    5年間です。去年くらいから、彼が別れを言うようになり、今は復縁はしないと言ってますが、連絡がいきなり来たり、夜中に突然来ました。いつも酔っぱらって泥酔です。あたしも拒否出来ないんです。
    彼が帰ったら、一人で泣いてしまいます。
    彼に会えば鬱状態になります。
    誰にもわかって貰えず苦しいです。
    長々コメントすみません

    • Tiara Tiara より:

      まみ様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      別れた彼が連絡をしてきたり突然来たりするということですが、彼が帰った後、うつ状態になる、というのは
      それで当然だと思います。
      自己愛性人格障害の人はそれほどひどいことを平気でするのです。しかも彼には罪悪感がなく、彼自身もそういった行動を無意識にするのです。
      初めは彼が自己愛性人格障害だとは知らずに付き合ったので、好きになってしまったとは思うのですが、彼が自己愛性人格障害だと
      気づいたからは、これはもうどうしようもありません。まみさんが治そうと思っても治せるものではありませんし、彼自身が自分の症状に気づいて
      治したいと思っても治療は相当難しいことです。
      Tiaraのブログにはそういった自己愛性人格障害の苦しんでいる人たちが大勢いますが、立ち直った人はみんな彼と別れています。
      それでも別れた後はしばらく彼のことが忘れられず、理不尽なことをされたからこそ、なおさら忘れることができず、苦しむんだと思います。
      自己愛性人格障害に混乱された頭を元に戻すには、自己愛性人格障害のことを理解することです。
      理解してくると彼の理不尽な行動にも納得ができますし、彼とはやっていくのは難しいことも理解できてきます。
      普通の人間ではないので、こういった理不尽な行動に出ても仕方がないし、それを理解できないまみさんが普通の感覚で考えてしまうので
      あまりのずれに訳が分からなくなるんだと思います。
      理解すると彼を好きな気持ちもだんだん落ち着いてきて、自己愛性人格障害という人間を理解し、仕方のないことだったんだと
      あきらめもつくでしょう。ひどいひどいと思っているのは、彼が普通の人間だと思っているからで彼には人の気持ちが理解できないから仕方がないのです。
      まみさんが高熱が出たときに人格否定のようなことを長時間したり、靭帯を切ってうずくまっているときにもあっさりした態度をとっていたのも
      まみさんからしたひどいと思えるでしょうが、彼には全く真美さんの痛みが分からないのです。
      人格障害の彼と出会ってしまったことは本当に不幸でしたが、ここから逃れるためにも彼からは完全に離れなければいけません。
      彼が来ると拒否できないのはまだまみさんの中に彼を好きな気持ちがあるからだと思いますが、彼を好きだとまた混乱して余計に辛くなってしまいます。
      彼が来ても拒否できないのなら彼が連絡を取ることができないような状態を作ることです。
      引っ越しや絶対に出ない、居留守など、そして連絡先をすべて変えてしまった利ブロックしてたりして連絡手段を絶ってください。
      そのほうが苦しみから抜ける近道になると思います。
      そして彼以外の楽しみをどんどん見つけて自分を大切にしてくださいね。