自己愛性人格障害の人は、そばにいる人の成功が許せない

こんにちは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人は、

そばにいる人の成功が許せない、ということについて

お話したいと思います。

 

ここまで自己愛性人格障害の人について

いろいろ学んできましたが、

自己愛性人格障害の人は、自分の見える範囲にいる人を

つぶして生きていないと、自分の価値がまったくないように

思えて怖いので、全力でつぶしにかかります。

 

人の業績がいいことを喜べない人も結構多いとは思いますが

自己愛性人格障害の人のそれは

尋常ではないのです。

普通のでも人の幸せを喜べる人と喜べない人といますよね?

人の幸せに嫉妬してしまうというか、羨ましいのか、

自分が一番じゃないと気が済まないというか。。

 

それでもちょっと嫌な感じがするのですが、

自己愛性人格障害の人は、それを嫌な感じ1つなく

強烈に嫌がらせをすることができます。

 

自己愛性人格障害の人の嫉妬は尋常ではなく、

相手から輝きのようなものが見えそうになると、

途端にそれが、恐ろしいほどの恐怖となり、

その人が何もしていなくても

全力でつぶしに来ます。

 

事あるごとに分からないように

ちまちまと、小さな嫌がらせ、大きな嫌がらせ、

見せしめ、周りの人からの信用を奪うような言動や行動をし続け、

周りにいる人が、

ちょっとかわいそうだなとは思いつつも、

触らぬ神に祟りなしと

あなたから離れていくのです。

輝くどころではありません。

あなたはそこで、普通に過ごすことさえできなくなります。

 

 

自己愛性人格障害の前では、業績を上げることはしてはいけないのです。

 

代わりに、目立たないような人には、何も思いません。

 

自己愛性人格障害の前では、

輝いている人ほど、恐ろしい目に合うのです。

 

かといってダメダメを演じ続けていても、

虐められるターゲットとなります。

 

潰されることが怖すぎて

だんだんと目立たなくしていくと

そこでだんだんと、本当に落ちぶれた存在になっていってしまうのです。

 

これは恋人であれ、夫婦であれ、ただの友達であれ

自己愛性人格障害の人の扱いは、変わらないのです。

 

あなたは自己愛性人格障害の人のターゲットになりたくないがために

そこで落ちぶれた存在になってもいいのですか?

 

恋人や夫婦の場合でも、

別れたくないと言っている場合ではありません。

同じ職場なら、辞めなければならない状態までおちいります。

それかそこに居座り続けると、

どれだけ努力をしようが徹底的につぶされていくのです。

 

あなたは、その彼がいいですか?

その彼は本当にいい人ですか?

 

自己愛性人格障害の場合、

本人の責任ではありませんが、

どうしても脳の構造上、そうなってしまうのです。

 

あなたが彼のことを好きな場合、

この事実自体も

とても辛いものになるでしょう。

 

彼自身も助けたくなるかもしれません。

でも、治らないのです。

 

治るとか治らないの問題ではなく、

そうなるように育ってしまっているので、

彼にとっては、それが当たり前の世界になってしまっているのです。

 

もちろん彼自身も、

非常に生きづらい人生になってしまっています。

 

でも、どうすることもできないのです。

 

悲しいですが、自己愛性人格障害とは、

どうしようもない恐ろしい精神状態なのです。

 

2 Replies to “自己愛性人格障害の人は、そばにいる人の成功が許せない”

  1. このブログに偶然ですが出会って彼のおかしさに気が付くことができました。
    読んでいくうちに確信に至り、抜け出そう、自分の時間を取り戻そうと考えるようになりました。
    自信を無くしたり、後戻りしそうなとき、このブログを読んでがんばろうと思います。
    友達に相談した時の友達の反応とアドバイスが参考になりました。
    友人ですら、わからないこともある、間違うこともある、肝心なのは自分の考えに自信を持つこと。そんなメッセージを受け取りました。

    1. 苺様

      Tiaraのサイトを訪れていただき、ありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて、光栄です。

      Tiaraもはじめのころはずっと友達に相談してきました。
      恋愛経験の多い彼女からの助言は、本当に納得させられるものが多くありましたし、別の友達に相談すると、彼をおかしいと否定されることが多かったので
      彼を肯定してくれる彼女の助言をいつも聞いていました。

      怒るのはいつも彼だけど怒らせているのはいつもTiara。自分では彼を怒らせたつもりはないと言っても、自分では悪気はなくても相手を怒らせてしまうことはある、
      素直に謝れば、素直な女は好かれる、など彼女の言葉を聞いているうちに、Tiaraは余計に被害者体質に寄っていってしまったんですよね。。

      常識では考えられないことがある、ということをTiaraも友達も知りませんでした。
      それでも彼女は本当にTiaraたちがうまくいくことを願って精一杯アドバイスしてくれたんです。
      相談していたTiaraも相談にのってくれていた彼女の時間もすべて無駄にしてしまいました。
      それでも自己愛性人格障害はまだまだ、世間の認識が薄いので仕方ないんです。
      だからTiaraは世の中の人に、もっと自己愛性人格障害という病気があることを知ってほしいです。そして周りも気づいて
      自己愛性人格障害の人に潰される被害者の人が1人もいなくなることを強く望みます。
      皆さんがめんどくさがらずにしっかりと判断していければと願っています。

      苺さんも早く自分を取り戻して自分の人生を輝かしいものにしていってくださいね!
      自己愛性人格障害の人に潰されては決していけません。
      苺さんには苺さんの魅力があることを分かってくれる人が必ずいます。
      分かってくれない彼とは、一緒にいる意味がありませんのでできる限り早く離れてくださいね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください