自己愛性人格障害の人は、相手にしてはいけない。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

一緒にいるとものすごく怖いけど、

一緒にいなければ、

全く怖くないということについて

お話ししたいと思います。

 

 

よく自己愛性人格障害の彼が、

激化すると、

想像もしないようなことが起こり、

怖くなって

あんなに好きだった彼と

離れようとする人がいます。

 

怖いから離れたいのだけれど

別れ話や、あなたと一緒にいたくないと

自己愛性人格障害に人に言えば、

彼が、逆ギレして、

ものすごく怖いことになってしまうと

思って、別れるのも、一緒にいるのも

怖いと、言う人がいます。

でも、自己愛性人格障害の人は、

相手に嫌がらせ行為をしてそれをどんどん強め

相手が嫌になって逃げだすと、

びっくりしてしがみつき行為に出ます。

 

そのしがみつき行為がとても強烈で

今まで長く付き合ってしまった人は、

彼から恨まれるのではないかと、

不安に落ちいります。

 

Tiaraもはじめは

そう思っていました。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

それでも相手がまったく堪えず、

自己愛性人格障害の人が、

何度攻撃しても効かない、と思う時、

自分のやっていることに意味がなくなり、

パタッと嫌がらせ行為をやめてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人が

この子には勝てる!と思う人限定で

嫌がらせ行為をしているのです。

 

普通の人と感覚が全く逆なのです。

 

普通の人は、この子は大切にしてあげなきゃ、と思うような

弱い子や、騙されてばかりいるような

大丈夫かな?と

心配になってしまう子を見ると、

自己愛性人格障害の人は、

やった!この子にはどんなに嫌がらせをしても

大丈夫だ!となります。

 

びっくりするかもしれませんが

本当です。

彼が、あなたに痛がらせ行為をしているのは、

あなたに嫌がらせ行為をすれば、

泣いたり、取り乱したり、

何らかの反応が、あるからしていることで

もし、あなたが

何の反応も示さなければ、

自己愛性人格障害の人は、

モラハラ体質が治るわけでは、ありませんが、

何の攻撃も効かないあなたには

攻撃しようという気すら

起きなくなっているのです。

 

ちょっと、あなたが拍子抜けするくらい。。。

 

自己愛性人格障害の彼は、

その場その場で、

尊大な自分を魅せつけていなければ

常に不安状態で、

その怒りを、弱そうに見えるあなたに常に、

都合のいい時に

浴びせます。

 

ところが、その行動には、

何の意味もありませんので

自分で考えてしているわけでも

ありません。

 

その行動にはつながりも、

何の意味もありませんので、

あなたに反応がないだけで

ピタッとその行為をやめてしまいます。

 

あなたは、彼から好かれたい

と思っている場合ではありません。

 

 

彼の関心を、

あなたから離さなければいけないのです。

 

彼の関心が、あなたから離れると

彼はびっくりするほど

あなたには何もしなくなります。

 

これ本当の話だから、皆さんも

ちょっとやってみて!

彼があなたに関心を向けないように

意識して行動するだけです。

 

 

この時注意したいことは、

これを急激にやるのではなく、

少しづつ、彼に気づかれないように、

だんだんと

彼があなたに関心を向けないように

意識を強めていき、

決して後戻りしないことです。

 

無関心に過ごしていて、

しばらくしゃべらなかったのに

彼に話しかけられて、

急にうれしそうな顔をするのは

やめてください。

 

初め、連絡を取るのを毎日だったのを

3日に1回にしてみる。とか

そのあと1週間に1回にしてみる。とか。

 

話をするペースもだんだんに少なくしていき、

反応も少しづつしないようにしていきます。

 

初めは難しいと思いますので、

意識してゆっくり、

あなた自身も彼に興味を持つことを

やめていってください。

 

彼はだんだんに

あなたに攻撃をしにくくなります。

 

そして、彼は、

びっくりするほど、

おとなしくなるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください