自己愛性人格障害のひとの攻撃が少し引いているなと感じるときはあなたではないほかのひとにターゲットが移っている可能性がある


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

しがみつきについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

治ることはほとんどないと

言われています。

 

あなたの彼がもし

自己愛性人格障害だとするならば

あなたはいつか彼が

分かってくれるようになるかもしれないと

いつまでも一緒にいて

今よりも良い関係が築けるようになるまで

頑張ることは

非常に危険です。

 

 

あなたが彼から

離れなければ、離れないほど

自己愛性人格障害の彼は

あなたを縛り付け

そしてあなたの自分以外の

世界をすべて壊していきながら

あなたを自分から離れられないように

しています。

 

彼自身も必死で努力をして

あなたが彼を全面的に信じれば信じるほど

彼はあなたの心を壊していきます。

 

そして、あなたが彼のことが怖くなり

彼と距離を置くようになると

あなたには何もできなくなる可能性が

高くなるのですが

この場合は、

彼の病気の症状が治ったわけではなく

彼があなたに離れていかれると困るため

ターゲットをあなたから

別のだれかに移動しているだけです。

 

あなたに子供がいた場合は

自己愛性人格障害のひとの子供だろうと

ターゲットになることは

充分に考えられます。

 

もし、あなたが

モラハラ対処をしていて

彼が

あなたが何を考えているのか

分からなくなり

あなたへの攻撃が減ったり

あなたの気分を良くさせるような

言葉をたくさん言われたのだとしても

それは病気がおさまったとは

とても考えにくいです。

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットが

あなたではない

ほかのひとに移っていることが

おおいのです。

 

そして新しくターゲットになった人に

締め付け行為をおこなったり

その人を支配したり、

自分の怒りをぶつけたりして

あなたのかわりに

その人が壊れてしまうまで

攻撃をやめません。

 

 

ターゲットをほかに移すことで

あなたへの攻撃が減っているように

見えるだけの話です。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとは

ずっと大切にしたい居場所を

持っていませんので

都合が悪くなると

直ぐに行方を変えることができます。

 

 

自分が良く思われるためには

いくらでも

方向転換をしてくるのです。

 

そういった意味で

自己愛性人格障害のひとは

自分の意思をはっきりと

持っているわけではなく

世の中の常識にむけて

いくらでもころころと

自分をかけることができるのです。

 

だから悪い人に見えにくいのですが

被害者の精神をつぶすまで

踏みにじり続ける姿は

恐ろしいほどひどい人間です。

 

ですが、その姿が表面上に現れない限り

自己愛性人格障害のひとを取り巻く環境は

自己愛性人格障害のひとを

いい人に見せてくれるのです。

 

もしあなたの子供に

自己愛性人格障害の被害が

向けられていると感じているなら

あまり深くならないうちに

子供が自己愛脳にならないよう

彼とは距離を置くべきなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください