自己愛性人格障害のひとはなぜ優しい人を選んで寄ってくるのか?

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

攻撃を受けても何も言えないような人や

自己愛性人格障害のひとのために

一生懸命頑張ってくれる人が好き

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとが

好きな人は

どうしても

自己愛性人格障害のひとの

攻撃を受けてしまいます。

だって自己愛性人格障害のひとは

どうしても目に前にいる人に

勝ちたいと思ってしまいますので

相手のことを認めることができません。

本来ならば

そんな人は

人とコミニュケーションを

とることができないはずなのですが、

どうしてあんなに

コミニュケーション能力が高く見えるのでしょう。

それは、自己愛性人格障害のひとは

初めに尊大な自分を魅せていき

相手が自分に夢中になったところで

ちょっとした嫌がらせを仕掛けて

相手が耐えられるか

様子を見てます。

自己愛性人格障害の被害に

遭うような人は

一度好きになった相手の

ちょっと嫌なところを見たからと言って

嫌いになることはありません。

ですが今後あなたが

自己愛性人格障害のひとと

一緒にやっていこうとするなら

彼の悪いところも認めてあげて

それから

自分が嫌だということを彼に伝えて

分かってもらおうとしたり

どうしても変われない彼の欠点を

あなたが受け入れてあげたりして

分かってあげようとするでしょう。

そしてその人と

もう少し一緒にいようとします。

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそんなところを見て

今もあなたと一緒にいるのです。

つまり、

あなたに明らかに

自然でない嫌がらせを

しているにも関わらず

あなたが次の日に普通に話したり

会話を楽しむことができたり

水に流せる人間だと知ると

自己愛性人格障害のひとは

あなたから離れないのです。

自己愛性人格障害のひとは

とても臆病なので用心深く

初めのころは

嫌がらせをした、すぐそのあとも

普通に接してきたり

あなたを楽しませようと

ばれないように必死に努力を続けます。

するとあなたも簡単に

まあいいか、と許してしまうことでしょう。

そういう人たちで

自己愛性人格障害のひとの周りは

いっぱいになっています。

つまり自己愛性人格障害のひとは

自分が扱いやすい

ちょっとくらいの嫌がらせは

水に流してしまえるような

寛大な人や優しい人を選んで

付き合っているのです。

そしてそんな、いい人たちに囲まれて

自己愛性人格障害のひとは

過ごしていますので

自己愛性人格障害のひとの周りには

いい人や優しい人たちがいっぱいいるのです。

そして人は

人がたくさん集まってくるような人のことを

無条件にいい人と思いやすいです。

これが自己愛性人格障害のひとが

コミニュケーション能力が

優れているように見えるからくりなのです。

そして

後は自動的に

自己愛性人格障害のひとの周りには

たくさんのいい人たちがいるのです。

ですが、実際には

自己愛性人格障害のひとが

コントロールしていることが

多いのです。

そして自己愛性人格障害のひとは

そういう良すぎる人を選んで生きています。

だから自己愛性人格障害のひとの周りには

驚くほど優しくていい人が多いのです。

そしてそんな優しい人たちが

自己愛性人格障害の

被害者となっていくのです。

取り巻きができやすい人というのは

人気者というイメージで

Tiaraも好感しか

持っていませんでした。

ですが

実はこんなからくりがあったのです。

人気者の人がみんな

自己愛性人格障害かというと

そうではありません。

ですが、確実に

自己愛性人格障害のひとが

混じっていることも

あるのです。

Tiaraの会社の

自己愛性人格障害と疑われる彼女も

入社したのがまだTiaraより3か月ほど前で

まだ人間関係というのは

少ししかできていません。

そんな中、Tiaraに

急激に近づいてきたのは

Tiaraは、嫌がらせをしても

何も言えない、と思われているか

取り巻きの1人に

加えようとしていたのかもしれません。

Tiaraはまだ入って2か月ですし、

まだ友達という友達が

いません。

ただ、と規定のひとは作らずに

みんなに平等に同じように付き合っていますし

Tiaraも人を見るようになったので

この人はいい人だな、と思う人や

この人は普通のひとだ

と判断した人とだけ仕事で

普通に付き合っています。

まだ仕事も新しいことを

やり始めたばかりなので

まだまだ分からないことが

たくさんあります。

Tiaraは自己愛性人格障害ではないので

誰かに嫌がらせをしたいとも思わず

誰とも自然に仲良くしています。

むしろ前よりも気張らず

自然に気持ちを楽に

本当に自然に仲良くしています。

作ったり頑張ったりして

付き合うことは全くなくなりました。

前のようにいい人だと思われたい、

と思い、

なんでも引き受けたり

断ることができなかった性格は

いっさいなくなりました。

自分がしたいと思ったことしか

していません。

無理なくやってあげようかな?

と思うことは自然にやりますが

逆に今は無理、と思うことや

特にやりたくないことについては

普通に断れるようになりました。

後以前は自分の意見に自信がなく

人に聞いてからでないと

行動できなかったのですが

今はそれも全くありません。

本当に自然にふるまえています。

幸いこの彼女と

Tiaraは席こそ近いですが

同じ課の中で1課と2課とで

厳密には違うのです。

それはとてもラッキーだったと

思います。

もちろん仕事も少しかぶりません。

無言でいても何の差支えもないのです。

Tiaraもこの彼女に

興味を持っていたわけでもなく

ただ単に平和に仕事を終わらせて

「お疲れさまでした。」と

感じよく帰りたかっただけなのです。

彼女とプライベートでも

仲良くしたいと

感じていたわけでもありませんし

彼女に相手にされたいわけでもありません。

ただ単に

彼女が親切にしてくれたり

仲良くしようとしてくれたから

それにこたえようと

思っていただけなのです。

自己愛性人格障害のひとは

こうやって急激に人に優しくして

近づいてきます。

そして物分かりの良い、

優しそうな人を選んで

付き合っています

だから分からないのです。

あなたが何にもしたつもりもないのに

無視をされたり

自分の言ったことで相手に

いらつかれたりすると

気になる人は大勢いるでしょう。

そんな中で自己愛性人格障害のひとは

人の気持ちを

コントロールしていくのです。

Tiaraはこのことが

とてもよくわかっていますし、

むしろ長く一緒にいると

どんな言葉からも

悪者にされてののしられたりすることを

知っているので

彼女と仲良くしないほうがいいのです。

そしてそれはTiaraのせいではなく

彼女はどうしてもそれをしてしまうのだと

気づいたのです。

だから敵対心ももたず、

彼女に無関心になることにも抵抗がありませんし

できれば自己愛性人格障害のひとには

関わりたくありません。

もしまた頑張って

自己愛性人格障害のひとと

一緒にいようと努力をするのなら

なんのために

自己愛性人格障害の元彼とこんなにも

辛い思いをしてきたと

いうのでしょう。

彼が自己愛性人格障害だと気付いて

彼と一緒にいたら

Tiaraは彼にどれだけ尽くしても

分かってもらえるどころか、

どんどん潰されて悪者にされ

愛されるどころか感謝などされないでしょう。

だからあんなにも長い間付き合った

Tiaraが全的に信用して頼ってきた

大好きな彼と別れる決心ができたのです。

彼以外の自己愛性人格障害のひとの

相手をしていたくはありません。

彼女にTiaraが無関心になり

Tiaraも彼女にガン無視されても

辛くない理由が分かると思います。

自己愛性人格障害のひとと

離れられるのは

Tiaraにとっては万々歳なのです。

彼女に全く無関心でいることで

Tiaraは自由になりました。

キャーと無意味に大きな声で叫ばれ

好きだ好きだと言われながらディスられて

Tiaraが安っぽいイメージにされていく。

そして彼女に騒がれるがために

仲良くできない人ができたり、

飲み会なども彼女から

「行かないでおこうよ。」と言われて

本当は行きたい飲み会を断らずに済みます。

彼女にべったりとくっつかれてキープされ

別のひとと全く仲良くできなかったのですが

今は彼女の目の前で

堂々と自然に仲良くしていられます。

だって拒否しているのは

彼女のほうなんですから。

自己愛性人格障害のひとに

Tiaraのイメージを勝手に作られなくて

よかったと思います。

おかげで

自然に自由に周りの人たちとも

と仲良く過ごせています。

Tiaraが堪えると思って始めた

こじつけの怒りと無視だと思いますが

Tiaraが堪えていないので

彼女は何のために

こんな意味不明なことをしたのか

分からなくなっています。

そして普通に自然に

周りの人たちとのコミニュケーションを

することができているTiaraを見て

初めのうちは

怒りをあらわにした顔をしていました。

その時は少し怖かったですが

怖いからこそ、

もっと完全に無視をしようという気になりました。

少しでも戻ってしまうと

彼女がひどくなることが

とても怖かったのです。

自己愛性人格障害の

被害に遭うような人は

たいていここのところで

反対のことをしてしまいます。

「どうして怒っているの?」

「まだ怒っているの?」

「どこがいけないか教えて。」

「お願いだから話して。」

「無視をしないで。」

口に出さないまでも

心で思ってしまい

辛くなることがあります。

自己愛性人格障害のひとはそれを見て

もっとあなたを辛い目に遭わせたいと思う時は

無視をしたり嫌がらせを続け

あなたと仲良くしたり

あなたに何かしてもらいたいと

思ったときは

あなたに優しくして

あなたをほっとさせるのです。

それを繰り返すと

あなたはだんだん苦しくなってきます。

そして気づいた時には

とてもひどいことになっているでしょう。

これに気付いたら

自己愛性人格障害のひとから心を離すのは

簡単だと思いますし、

自己愛性人格障害のひとから無視をされたら

やった、自由にできる、

と喜び、

自己愛性人格障害のひとに

無関心になることができるのです

Tiaraが普通にみんなと

コミニュケーションを

取っているところを見て

彼女は勝手に堪えていきます。

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットが普通にみんなと

コミニュケーションを取っているだけでも

傷ついていくのです。

Tiaraは何もしていないので

この彼女に遠慮して

みんなとも

仲良くしないでおこうなんて

する必要はありません。

ただ普通に仕事で

コミニュケーションを

取っているだけなのです。

わざわざ

仲のいいところを

アピールする必要もありません。

普通にしているだけでいいのです。

普通にしているだけでも

自己愛性人格障害のひとは

どんどんへこんでいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする