自己愛性人格障害の人は普段はとてもやさしく見える

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人は

普段はとてもやさしく見える

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

他人の目を通じてでないと

自尊心をもつことができません。

 

だから、人からみて

有能で、いい人にみえるように

常に尊大な自分を

演じ続けていなければ、

不安でたまりません。

 

普段の自信満々の態度からは

想像もつきませんが、

人からの評価を得たい気持ちが

極端に強すぎるので、

無意識のうちに、有能で優しく

偉大な人物を

常に演じ続けていますが、

本人にとってはそれは

とても辛い状態です。

 

 

しかし、その極端な願望から

無意識のうちに尊大な自分を

演じることをやめることが

できないので

周りからみたら、

本当に素晴らしい人間のように

見えます。

 

極端な自尊心のなさが

自己愛性人格障害のひとを

真反対に見せているのです。

 

だから周りのひとからみると

とても魅力的な人間に見えて、

惹かれる人もおおいので

人気者になる自己愛性人格障害のひとも多いでしょう。

 

その、尊大な自分を

見せつけていなければ、

不安になる体質から

初めはとても優しいと思います。

 

Tiaraもこんなにも

優しく扱ってくれる人は、

他にはいないと思うくらい

魅力的でした。

だから、

そんなに優しくて

有能で魅力的な人な人物が

病気なんて

とても思えません。

 

 

だから、

自己愛性人格障害のたまにでる

意味のわからない怒りも

彼に寄り添いたいあなたからみると

自分が悪いのではないか、

と思ってしまいます。

 

でも、実際には

あなたはなにもしておらず

自己愛性人格障害のひとの

普段は、心の奥底に隠してある怒りを

安心できるあなたにぶつけられたとき

あまりのギャップに

意味がわからないと思います。

普段はとても優しくて

コミニュケーション能力の高い彼が

そんなことをするように

つながらないのです。

 

人間は意味のわかる出来事よりも

意味のわからない出来事のほうが

恐怖を感じます。

 

怒られても、怒鳴られても、

その怒る理由が分かっていれば

そんなに怖くはないのです。

 

ただ、問題点についてだけ

考え、解決の糸口を探して

二人でできるだけいい方向に

かわるだけです。

 

長く付き合っているカップルの多くは

ほとんどがこのパターンです。

 

だからけんかをしても

やっていけるのです。

 

話し合いの機会が多くなればなるほど

お互いに歩みより、

だんだんと性格やものの考えが

似てきて

関係性が落ち着いてきます。

 

そのうちにわかりあっていけるようになるでしょう。

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

関係性が落ち着けば落ち着くほど

安心してその人に

自分の中の怒りをぶつけていきます。

 

なので、意味のわからないことで

彼の機嫌をそこねてしまうあなたは

なんとかして上手くやろうと

歩みより、話し合いの機会を

作ります。

 

しかし、自己愛性人格障害のひとには

理解しようとしたり

歩みよりをしようとすればするほど

あなたはどんどん深みに

はまっていくのです。

 

そして、

普段の優しい彼からは

想像もできないひどいことをされるので意味がわからなくなって、混乱し

さらに彼の事が怖くなりながらも

どんどん彼に

惹かれていってしまうのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください