自己愛性人格障害と共依存症の関係

こんばんは♡

 

今日は、共依存という症状と自己愛性人格障害との関係について

お話しします。

 

もしあなたが彼のことを

自己愛性人格障害だと疑っているなら、

あなたも共依存症という可能性があるということを

お伝えします。

 

共依存症とは、自己愛性人格障害の人に好かれやすく、

そして、一緒にいることによって

お互いの症状を強めあってしまうという非常に危険なものなので

共依存の症状についても理解を深めてください。

 

共依存症の人というのは、

自己愛性人格障害の人と同じで

自尊心が非常に低く、自分に自信のない人に多いです。

 

共依存症の人も、幼いころに両親に認めてもらえず、

自分は価値のない存在だと、自分自身で思い込んでいる人が多いと言われています。

そして、自分の価値を見出すために

全力で、人に寄り添っていくという特徴を持ちます。

 

そうすることで、彼に自分を認めてもらいたいと

思ってしまっているのです。

 

そして、どんなにひどい目に合おうとも

自分に自信がないために

自分が悪いと思い込んでしまっているのです。

 

これでは、自己愛性人格障害の人に

精神的に責められれば責められるほど

どんどん自分に自信を無くし、

彼に自分を認めてもらいたいがために、

彼につくしていってしまうのです。

 

 

ここで考えてほしいことは、

あなたは自分で自分が傷ついていることを流してしまっています。

 

あなたは辛い思いをしていませんか?

 

それは本当にあなたが悪いことですか?

 

それをよく考えてほしいのです。

彼を怒らせてしまった原因を明確に説明することができますか?

 

もし、なぜ彼を怒らせてしまったのか

分からない場合は、あなたは共依存症の可能性があります。

 

共依存症の人の特徴をあげてみます。

 

・必要以上に頑張り屋さん

・責任感が非常に強い

・世話焼きタイプ

・真面目

・明るく行動的

・争いごとがきらい

・劣等感がある

・温和

・我慢強い

・自尊心が非常に低い

・いいひと

 

です。

これらがすべてそろっていると

共依存症になりやすいのです。

 

一見いいことばかり書いてあるように見えますが、

これらの特徴は、

自己愛性人格障害の人が非常にターゲットとして

扱いやすくなり、

しかも、気づいてもなかなか逃げようとしません。

 

これによって

自己愛性人格障害の人は

モラハラがやりたい放題になり、

自己愛性人格障害としての症状を

悪化させてしまうのです。

 

ひどい場合には

2人ともが病的になってしまうでしょう。

 

だから、彼を悪化させないためには、

共依存の人が、自分が共依存症だということにできる限り早く気が付いて

彼から離れる必要があります。

 

もし、彼のことが好きで

彼を助けたいと思うのならば余計に

彼からできるだけ早く離れてあげましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください