自己愛性人格障害の人の人を見抜く鋭さ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

人を見抜く鋭さについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害という病気は、

人の感情が分からない病気ですが、

とても病気には見えないくらい

鋭くて人を見抜くことが的確です。

なので、

彼がすごく鋭いと思っていた場合、

彼は自己愛性人格障害では

ないのではないか?

と言う疑問を持つことがあります。

特に被害者になるような人は、

もともとが自分に自信がなく、

自己愛性人格障害の人と同様、

極端に自尊心が低いので、

何かトラブルがあると、相手を見ず、

自分の何が悪いんだろう、

と考え込むことがあります。

だから、

自己愛性人格障害の人の指摘を

本当のことだと思い込むのです。

自己愛性人格障害の人もまた、

真実を使って、

理論的に相手を責めることを

得意としますので

二人の条件が

ぴったりと合ってしまいます。

だから被害者の方は

彼の言っていることは本当で

自分に原因があるから

彼が悪いわけではない、

と思い込むのです。

もちろん彼の言っていることは

本当かもしれません。

でも、

そこまで責められることではないのです。

そもそも

自己愛性人格障害の人は

なぜ、あんなに鋭いのでしょう。

自己愛性人格障害の人は

ものすごく臆病なので

常に注意深く、

周りを観察しています。

そして、その人の性格や弱みなどを

分析しているのです。

そして、

あなたの失敗や欠点を

ストックし続けています。

そしてそれを

都合のいいときまで持っておいて

自己愛性人格障害の人の

都合のいいときに

一気に爆発させます。

だからするどいのです。

常に情報を

ストックし続けているのですが

普通の人はそんなことしません。

めんどくさいのです。

自分のことで精一杯だし

わざわざ人のことまで観察したり

覚えておいたりしないでしょう。

暇なときはたまには

あるかもしれませんが

そもそも

そんなことを考えようとも

しないのです。

自己愛性人格障害の人は

常に準備万端なので、即座に

相手の欠点や、失敗を持ち出して

理論的に説明することが

できるのです。

だからそんな準備を

ふだんからしていない

あなたから見ると

自己愛性人格障害の人は

鋭いと思えるのです。

本当のことを使って攻撃します。

ふだんから頭と記憶力を

自分が勝つために

使い続けているのです。

自分が傷つくことが

極端に怖いので

常に準備をしながら一日一日を

すごしています。

だから普通の人に

勝てるわけがありません。

普通の人と自己愛性人格障害の人は

そもそも

準備の段階で

かなりの差があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする