自己愛性人格障害の劣等感について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

劣等感について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の原因は

主に幼少期にそばにいる人から

そのままの自分を認められなかったことだと

されています。

よほど辛い思いをしてきているので

他人の気持ちを考える余裕がなく

人をつぶして少しでも

自分が優位に立っていないと

耐えられません。

自己愛性人格障害だと気づいていない、

本人は、自分がいらいらする気持ちを

目の前にいる相手のせいだと認識していると

少し落ち着き、

なお、その相手に説教することによって

自分は正しいことをしている、と思いがちです。

自分の症状が病気だとは思っていないので

相手のほうが悪いんだと思い込みます。

またそのことで安心し

自分はそんな人間よりは上だと

自己愛を満足させているのです。

どちらかと言うと品がよく

プライドが高いので有能な人物に見えますが

実は心の奥底では

非常にコンプレックスが他人よりも

激しいのです。

そのコンプレックスから逃れるために

目の前の人間をつぶすわけですが、

つぶされる人もまたコンプレックスが激しく

しかも被害者になるような人は

全て自分が悪いと思いがちなので

どんどん自分に自信をなくしていきます。

自己愛性人格障害の人からの嫌がらせは

本人は無意識ですが、

この劣等感からきています。

強すぎるコンプレックスのために

そばにいて自分から離れない人に

自分の中の怒りをぶつけて

発散させているのです。

しかし、自己愛性人格障害の人は

本当はとても臆病で

人から嫌われることを極度に恐れています。

だから嫌がらせをしていても

自分はそんなひどいことをしていない、と

思い込み

自分で自分をかばい、納得させています。

Tiaraも彼のことが大好きなのに

すぐに「別れる」と言われて

自分のなにがいけないかずっと考えてきましたが

思い当たる節はないのです。

ただ、自分の好きな彼の気持ちを

受け止めてあげたくて

分かってあげようとしていました。

そのうちに彼の気持ちが楽になってきて

彼から感謝され、幸せになれると

思い込んでいたのです。

でも、彼からの嫌がらせが

だんだん日常になり

機嫌を損ねて、帰って、と言われたり

やっていけない、と言われる頻度が

増していき、これはさすがにおかしい、

と思い出しました。

自己愛性人格障害は

感謝をして分かり合えるように

なるどころか

相手がそれを受け止めてくれると

もっとぶつけてもいい、

と安心して自分の怒りをぶつけられるように

なるのです。

そしてその勢いは

とまることを知りません。

大好きな彼のことですので

もちろん治ったほうがいいのですが

いったんそのままの考えを持ったまま

大人になってしまった場合

ほとんどの場合は治りません。

一緒にいるとどんどんひどい思いをすることになるのです。

自己愛性人格障害の人の劣等感は

消えることはありません。

もし、彼本人が

なんらか自分の症状に違和感を

感じている場合、

一度専門の機関をたずねてみたほうが

いいでしょう。

ただ、料金はとても高額で

しかも治るか

どうかはやってみないとわかりません。

自己愛性人格障害の症状を理解し

できるだけ相手を傷つけない努力ができているか

様子を見てみるのもいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする