自己愛性人格障害の人の被害にあいたくなかったらまず自分を一番に大切にしましょう

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

何をしているか気づかないと

なかなか彼から離れられない、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

あなたが自分から離れられなくなるようにしています。

ひどいことをしているのですが、

やっていることがロマンチックにも

感じられるやり方です。

以前にもお話ししましたが、

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分をどうしても演じてしまうため

そのつなぎ合わせでできた自分には

つじつまが、あわないのですが、

表面上は、とても素敵な物語ができてしまいます。

女の子はロマンチックなことに弱いので

これも運命なんだ、とか

彼を支えてあげられるのは、私しかいない、と思ってしまい、

実はとてつもなく残酷なことをされているのに

全く気づかないんです。

常識では絶対にやらないことをやっていますから

友達に話しても

普通に違和感を持たれます。

そんなわけないでしょ?とか

被害妄想が過ぎるんじゃないの?と

実は本当のことなのですが、

常識では理解できないのです。

もちろん友達からも理解されないでしょうが、

あなた自身もなぜか苦しいのに

彼はそんなひとじゃない、と

信じ切ってしまい、なかなか本質に気づきません。

自己愛性人格障害の人、本人も

自分がそんなことをしているとは

考えると耐えられないので、

じぶんはそんなことはしていない、と自分でも思い込みます。

だから余計に分からないのです。

本人すらそんなことをしている自覚はないのですから。

自己愛性人格障害の人を知っている人から見たら

一目瞭然なのですが、

なかなか気づきません。

だからTiaraのブログを読んで

客観的になら、これはおかしいことだ、と

気づくのです。

自分のことだと気付かないのに

人のことだと、これはひどいことをされている、と

気づくのです。

自己愛性人格障害の人の被害者は

あまりにも自分のことは

おざなりにします。

自分よりも相手の気持ちに寄り添いすぎて

それで自分をその人に

認めてもらおうとするのです。

でも、あなたが苦しくなっては

何にもなりません。

あなたが幸せでないと

あなたの周りの人も幸せにはできないのです。

まず、あなた自身をいたわってあげましょう。

あなたは唯一無二の存在です。

あなたの代わりは誰にもできないんです。

あなたには、まず自分を大切にする

という気持ちにかけています。

だから自己愛性人格障害の攻撃にも気づかないのです。

自分を大切にしている人は

自分が攻撃されるとすぐに気づきます。

そして自分に攻撃するような人を

即座に自分から離します。

だから自己愛性人格障害の被害にあわないのでしょう。

だからあなたも自己愛性人格障害の被害にあいたくなかったら

まず常に自分を大切に考えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする