自己愛性人格障害の被害に遭う人の被害者側の理由


こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭う人の

被害者側に理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

ターゲットになりやすい人というものを

本能的に見抜くことができます。

 

では、被害に遭いやすい人が持つ

特徴について分かれば

あなたの中のそんな気持ちが

とても危険だということに

気づくことができると思います。

 

それも自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

自己愛性人格障害のひとに

印象をコントロールされていますので

周りの人から信頼を失っていることが

多いのですが

本当はその真逆で

人の信頼を絶対に裏切らない

信頼のできる人が多いのです。

 

そんな信頼できる人間だからこそ

自己愛性人格障害のひとは

あなたに攻撃をしたり冷たくしても

安心していられるのです。

 

自己愛性人格障害のひとはあなたを使って

自分の自尊心を上げていないと

常に、とても辛い心情にあるので

あなたがもし、

自己愛性人格障害のひとの

攻撃を見破って怒ったり

自己愛性人格障害のひとから

すぐに離れていってしまうような

自分のことを一番に考えるタイプの

ひとだったとしたら

常にあなたより上の立場に立って

満足することができません。

 

だから人に寄り添い

ちょっとしたことでは怒らない

寛大で、信頼のおける人だと

確信したからこそ

ターゲットになるのです。

自己愛性人格障害の被害者になる人もまた

幼いころから

ありのままの自分を受け入れてもらえず

理不尽な状況に

耐えていかなければならない環境に

育ったからこそ

自己愛性人格障害の被害者に

なりうるのです。

 

それは両親からの愛情を

そのままに受けることができなかった人や

またそれ以外にも

まわりの友達や身近な人の中に

自己愛性人格障害のひとがいたりして

そのままの愛情を受けることができなかった人や

また自分自身ではなくとも

両親のどちらかが

理不尽な思いをしているところを見続けて

その気持ちに寄り添いすぎてしまい

何とか助けてあげたい、とか

分かってあげたい、という共感力を

最後まで持ち続けた人もまた

自己愛性人格障害の被害者に

なりうるのです。

 

その苦しみから逃れるために

共感力を捨ててしまって

早くに楽になってしまった人が

自己愛性人格障害になり

また、最後までその優しさを捨てきれず

耐え抜いた人が被害者になってしまうのです。

 

なんだかとても皮肉ですよね。。。

 

頑張って優しさを持ち続けた人が

被害者になってしまうのです。

 

その原因として、

幼いころから理不尽な状況を

許し続けてきてしまっていたり、

または見てみぬふりをして流してしまったり。

 

自分が辛いと感じないように

寛大になって許してしまったりしているので

知らない間に理不尽なことにも

我慢をする癖がついています。

 

また、幼いころから

自己愛性人格障害のひとを見続けている場合、

変にその状況に慣れてしまっているので

自己愛性人格障害のひとの理不尽な態度も

当たり前のように

受け入れやすくもなっています。

 

そんな理不尽な目に遭ったことのない人は

これはおかしい、とすぐに気づいて

自己愛性人格障害のひとに

近づかなくなるのです。

 

 

だから自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人

というのは変に根性がついています。

 

こんなことは大したことではないと

自分でも無意識のうちに

思い込んでいるのです。

 

 

そりゃあ、自己愛性人格障害のひとも

やりやすいですよね?

 

だって自分のしていることに

あなたが気づきにくいのだから。

 

あなたがもし

自分の気持ちを置き去りにして

相手のことだけを考える癖がついている場合、

あなたのその特徴は

あなたの存在を無くしてしまう

とても危険な行為だということに

気づいてほしいのです。

 

人に優しさを与えようとする人は

まず自分自身を大切にしなければ

本当に人に優しくすることはできなくなります。

 

そのうちに

理不尽な思いを抱え込みすぎてしまい、

あなた自身も気づかないうちに

あなたの心は傷ついていき

やがて周りの人のことを考える余裕さえ

なくなってしまいます。

 

そうなってしまうと

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを良く見せていないと

不安でたまらなくなりますので

その恐怖から逃れるために

いつも寛大で優しい人物を演じています。

 

だからあなたの心が

壊れてしまったときには

あなたの方が本当に悪く

見えてしまうのです。

 

本来は普通のひとよりも優しいあなたが

本当に周りの人のことを

考えられなくなるのです。

 

本当に他人に優しくできる人というのは

まず自分のことを大切にします。

 

 

そして自分の心にゆとりがあるからこそ

他人のことも

思いやることができるのです。

 

 

だからまずあなた自身が

幸せにならなくてはいけません。

 

あなたが幸せを感じていないと

周りのひとにも優しくできないことを

覚えておいてください。

 

周りの人に優しさを向けられる人は

自分のことを幸せにして

さらに余裕のある人が

他人も幸せにできると

覚えておいてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください