自己愛性人格障害の被害に遭う人の思考停止について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

なぜこんなにもひどい目に合うのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うと

結婚を目前にして突然、

何の予兆もなく

捨てられてしまい、

なんの感情も向けてもらえなかったり

あなたはなにもしていないのに

職場や学校でいづらくなり

誰もあなたのことを信用して

くれなくなったりして

本当にひどい目に遭います。

 

しかもひどい目に遭っているのは

あなたのほうなのに

なぜか、あなたのほうが

自己愛性人格障害のひとよりも

悪く思われていたりします。

 

あなたは今まで、

相手のひとと

心を通わせていい関係を築くために

相手の気持ちになり寄り添って

相手がどんな気持ちなのか

くみ取ろうとしたり、

失礼のないように

無理をしてでも相手に合わせて

気に入ってもらおうとしていた

はずです。

 

それなのに、その意思に反して、

なぜか、あなたのほうが

とてもひどいことをしているように

見られたり

誰もあなたの話を

聞いてくれなくなったりします。

 

あなたにしてみたら

どうしてそんな風に

取られてしまうのか

見当もつかないでしょう。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが憎らしいわけではなく

その病気のために

極端に自分に自信がなく、

ただ、自分を守ろうとしている

だけなのですが

そのためにあなたのほうを

とんでもなく悪く見せなければ

自分が落とし入れられてしまうと

極端なほど、事実とは異なった

ひどい見方をします。

 

なのでそれに打ち勝つために

あなたの評判を落として

おかなければならないのですが、

あなたはそんなこと、

思ってもいないので

自己愛性人格障害のひとに

自分の情報を

どんどん与えてしまいます。

 

そしてそれが自己愛性人格障害の

ひとに、悪用されてしまい

その事実を使ってあなたを

悪者にするのが

大変うまいのです。

 

このようにあなたはしても

いないようなことの

罪を背負ってしまい、

周りからの評判を

どんどん落としてしまうのです。

 

こうなってくると

あなたは責任感がとても強いので

あなたの中に何か原因があると

思い込み

さらにやってもいないことの

罪悪感から

自分を責め苦しみだします。

 

そして、自己愛性人格症状のひとも

そして自己愛性人格障害のひとに

コントロールされた人たちも

みんなであなたを責めだしますので

あなたは生きているのが

とても辛くなります。

 

そうすると

どうすればゆるしてもらえるのか、

とか

どうしたら前のような優しい彼に

戻ってくれるのかとか

必死で考えだしますので

あなたの脳は、自己愛性人格障害の

ひとについてしか

考えられなくなります。

 

こうやって被害者の脳を

思考停止させ、

何が悪いのか分からなくすることに

より

心臓や頭が痛くなったり

やる気が起きなくなるようになり

どうしたらよいか

分からなくなるのです。

 

このように被害者になってしまうと

思考停止が起こってしまい、

いかに自己愛性人格障害のひとに

気に入ってもらえるかしか

考えられなくなり、

自分を守れなくなるのです。

 

あなたの中でも

あなたは苦しめられて当然の人間で

自分のことが一切考えられないことに

なれてしまってきているのです。

 

そしてあなたを守ってくれるのは

自己愛性人格障害のひとしかいないと

彼を信じてしまい、

自分のことをあなたは自分でも

見下してしまいます。

 

本当のことを見ようとする思考が

停止してしまい

ますます自分に

自信がなくなっていくのです。

 

あなたがもし、幼いころから

両親や周りの人間から

モラハラばかり受けてきていて

こじ付けていつもあなたが

悪者にされていた場合

あなたは自分の意見に

自信が持てなくなっています。

 

なのであなたはいつも自分では

判断せず

自己愛性人格障害のひとに聞いたり

自己愛性人格障害のひとの

気持ちを考慮して必死に縋り付くことにより

自分のことを分かってもらおうと

してしまいます。

 

特に、

自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合、

自己愛性人格障害のひとに

幸せにしてもらえると

思い込んでしまっています。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなたを助けるどころか

どんどん潰していきますので

信じたら一番いけない人なのです。

 

あなたがもし、

幼いころから自己愛性人格障害の

ひとから

攻撃を受けていた場合、

そこで好かれようと必死で努力して

縋り付くことにより

彼に認めてもらおうとします。

 

しかしそこからさらに

その希望が叶えられないため

傷つきながら、

周りの人のことばかり

考えてしまっているので

自分がまるで

成長できていないのです。

 

 

気付いたら

とんでもなく歳をとっていたり

子供が産めない体になっていたり

再就職できない年齢になっていたり

するので

自己愛性人格障害の被害者になると

人は、本当にみじめになるのです。

 

自己愛性人格障害のひとの行動を

止めることができません。

 

彼はそうやって生きてきた人間で

しかも

そのことに気づきもしないで

どうしても同じことを繰り返していくのです。

 

たしかに、自己愛性人格障害は病気で

本人も辛い思いをしたからこそ

そうなってしまったのですが

あなたは、自己愛性人格障害のひとのことを

考えてる場合ではないほど

自己愛性人格障害のひとから

普通に生きていくことすら

邪魔をされているのです。

 

あなたにできることは

相手に寄り添うことではなく

周りに惑わされず、

自分の意思で真実を見抜いて

巻き込まれないように

自分を守ることなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください