自己愛性人格障害の被害者は惹きつけられるだけ惹きつけられて、あとはぼろ雑巾のように捨てられるだけ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の被害者は

惹きつけられるだけ惹きつけられて

後はぼろ雑巾にように捨てられるだけ

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとはとても魅力的です。

特に支配欲が強いので

男の自己愛性人格障害のひとは

頼りがいがあって男らしく

見えてしまいます。

自己愛性人格障害のひとが

まるで本当にそんな性格のように

見えてしまうこともよくあります。

ですが、男らしくて

引っ張ってくれているわけではない

のです。

ただ、あなたを惹きつけるだけ

惹きつけて夢中にさせ、

あなたが本当に彼に夢中になって

離れられなくなってから

ぼろ雑巾のように捨てるのです。


そしてそんな

みじめな存在になってしまったあなたの姿を

眺めることで

彼の自尊心は満たされるのです。

普通の人から見たら

異常な心理ですよね?

普通の人は支配をしたいなんて

思いません。

ただずっと仲良くやっていければ

それでいいのです。

恋人や夫婦に

どちらが上とか下とかありません。

どちらかというと

自己愛性人格障害のひとは

あなたと仲良くなるのは

あなたが捨てられたときに

みじめな気持ちになればなるほど

満たされるためなのです。

そのために

あなたに期待をさせることで

どん底に落とされたときに

あなたがさらにショックを

大きく受けるために

していることなのです。

これに気づいてショックを受ける人も

数多くお見えになりますが、

自己愛性人格障害のひとは

そもそもが、

人がみじめな状態になるところを

見ていないと満足できないので

そうなることを目指して

あなたに優しくして期待をかけるように

仕向けていきます。

その段階が

自己愛性人格障害のひとが

素敵に見える時期で

あなたが夢中になると

どれだけぼろ雑巾のように

みじめに捨てることができるのかを

楽しみにしているのです。

そんな人間がいるとは思わない人で

あればあるほどショックを受けます。

だから自己愛性人格障害のひとが

どれほどあなたを深くまで

突き落とすことができるのか、

楽しみながらやっているのです。

あなたはそんな思いを

するために彼と

付き合ったのですか?

違いますよね?

あなたはあなたのことを

本当に思ってくれる人と

付き合うべきなのです。

あなたのことを深く愛してくれる人は

あなたを傷つけるようなことはしません。

あなたが依存してもいい人間は

周りのことをよく考えられるような

一緒にいてほっとできる相手が

一番あなたのことを

優しく守っていてくれるのかも

しれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする