自己愛性人格障害の被害者にならないための考え方


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害者にならないための考え方について

お話ししたいと思います。

 

先日、Tiaraの恋愛相談室を

訪れてくださった方と

お話ししていて、気づいたのですが、

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は

まじめすぎるため

ドライになり切れないというものがあります。

 

彼から冷たくされていても

彼がひどいことをしている、

と考えることができずに

すべて自分のせいだと

思ってしまうところがあります。

 

あなたさえ我慢すれば

彼がいつか分かってくれる

必要以上に長い時間我慢をしてしまうため

自己愛性人格障害のひとは

ある程度、あなたにはひどいことをしてもいいと

思い込んでしまいます。

 

あなたのそのまじめすぎる性格や

相手を悪く言えないところ、

分かってあげようとしすぎるところは

自己愛性人格障害のひとにとって

都合が良すぎるのです。

 

恋愛相談室を訪れる人の中にも

自分で都合がいい、とわかっている人が

半数以上お見えになります。

 

誰でも都合のいい女には

なりたくないはずなのに

どうして、都合のいい女でも

彼に会いたいと思ってしまうのでしょう?

 

それは、あなたが勝手に

彼のことを思っているだけではなく

必ず

自己愛性人格障害の彼からの

強烈な惹きつけ行為があります。

 

それは、あなたに

彼はほかのひととは違うと

思わせるほどの

強烈な惹きつけ行為や魅力的な自分を魅せる行為が

彼からあり、

あなたがそれを

信用してしまっているのです。

 

たとえば

あなたが彼のことを忘れない

絶妙なタイミングで連絡してきたり

必ず幸せにするから、などと言って

未来に希望を持たせるようなことをしています。

 

あなたが一方的に

彼に縋り付いているということでは

ないのです。

 

自己愛性人格障害の彼を

あなたが一方的に好きになったわけではなく

どちらかといえば彼のほうから

強烈にあなたに尊大な自分を魅せつけて

アピールをしているのです。

 

だからあなたの気持ちが

まだ彼から離れていきそうな時は

絶対にあなたにひどいことをしません。

 

ですが、

彼があなたから離れなければいけない

彼が悪いわけではない理由を作り

あなたを避けようとします。

 

自己愛性人格障害のひとの

特徴的な行動として

期待をさせておいて裏切る

というものがあります。

 

期待をさせているのは

自己愛性人格障害の

彼のほうなのです。

 

ですが、これも

どんどんひどくなっていきますので

彼がどんなにひどいことをしても

あなたが彼から離れていかない、と

自己愛性人格障害のひとが判断した場合は

彼はどれだけでもあなたに

ひどいことをしてきます。

 

そしてどんどん時間とともに

ひどくなるのです。

 

あなたが彼からは離れたくない理由は

彼が他のひととは

違う才能を持っていたり

あなたを幸せにしてくれる要素を持っていたり

あなたのことを強烈に好きだったり

ほかのひととは違うと思っています。

 

ですが、それはあなたに期待を刺せるように

彼が演出していることなのです。

 

彼のその言葉には信頼性がなく

彼の都合でいつでも切り替えられてしまうのです。

 

あなたはこれまでに

彼にそのようなことをされていて

それで不安になって

Tiaraのサイトを訪れているはずです。

 

だからあなたも心のどこかで

彼が自分を置いてきぼりにすると

分かっていて

心が不安で仕方がないのです。

 

本来、男のひとは

女の子にひどいことをできないように

できていますので

自分が本当に好きな女の子を

不安にさせたりしません。

 

本能的に自分よりも弱い生き物に

ひどいことはできないように

できているのです。

 

普通のひとでも

どうしてもそんなつもりがなくても

女の子を不安にさせてしまうことは

あるでしょう。

 

でも、そんなときはあなたを責めたり

ひどいことを言って傷つけたりするようなことは

絶対になく

あなたを不安から解消してあげるように

努力すると思います。

 

あなたの彼が

本当にあなたのことを思ってくれているか

彼の言葉を思い出してみましょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください