自己愛性人格障害の人は、不満をためることができる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

逃げ場のない人への嫌がらせについて

お話ししたいと思います。

あなたの彼と話をしていて

辛い、と思ったことはありませんか?

自己愛性人格障害の人は、

自分の中に怒りがたまると

自分が怒りをぶつけても大丈夫な

安心して八つ当たりのできるターゲットを

わざわざ呼び出すことがあります。

自己愛性人格障害の人は、

普段はとてもそんな風に見えませんが、

自尊心が非常に低く、それがばれて、

周りの人から相手にされなくなることを

極度に恐れています。

だから外では紳士的に有能に振舞っていることが

多いのですが、

自己愛性人格障害の人よりも

立場が上の人や、本当に有能で勝ち目のない人、

そして悪く思われたくない環境にいる人たちに

イライラすることがあります。

でも、それをその人の前では一切見せず

その感情を持ち帰ることができるのです。

Tiaraは、

付き合い始めてしばらくたったころ

会社や家で彼と普通に過ごしていて

急に彼の態度が冷たくなり、

無視をされたような気になって不安になることがありました。

あれ?どうしたの?

と聞いてみてもううん、と特に何も話してくれません。

彼がなにもない、と言っているのに

追求することもできず、

たぶん、本当は心の中で納得できていなかったと思うのですが、

「そっか。ならいいんだけど。」と明るく言い、

彼に「お家に帰ったらまた連絡するからね。」

と言われ、「うん。」とお家に帰りました。

お家に帰るとそんなことは忘れて

彼からの電話を楽しみにしていました。

家事を一通り終えると、

彼から電話がかかってきます。

その頃は、自己愛性人格障害のことについて何も知らないTiaraは

会社であった出来事や

友達の話などをいろいろと

お話ししていました。

すると、突然彼の機嫌が悪くなり、

「Tiaraは分かってないね。」と言われるのです。

「何が?」と聞いても何も答えてはくれません。

Tiaraにとっては、楽しい会話しかしていないし、

とても彼を怒らせるような内容ではありません。

不安になりいろいろ聞いてみるのですが、

「もういいよ。話したくない。

切るね。」と一方的に電話を切られ

何日も無視をされるようなことが何度もなりました。

でも、次の日、会社で顔を合わせなければなりません。

同僚たちと楽しそうに会話をしながら

仕事をする彼を感じてその場にいなければなりません。

辛くて辛くてたまらないのに

普通に仕事をしなければなりません。

初めのころは、慣れていなかったので

心臓が張り裂けそうでした。

何もしていないのに辛い思いをして耐えている、

というTiaraを彼は満足そうに

見ていたのです。

彼と会社が同じ、という人は

よくこういった嫌がらせをされることが多いかもしれません。

「別れる」と言われた場合も、

これがしたいがために言った可能性もあるので、

本当に彼が別れるつもりがあるのかは、分からない、

と思っておいたほうがいいです。

会社や学校という場所は

逃げ場がなく、いやでも毎日いかなければならないところなので

自己愛性人格障害の人にとっては

とてもモラハラがやりやすいところなのです。

昨日、会社で仕事納めの会があったのですが、

昨日は自己愛性人格障害の人が休みでしたが、

彼の仕事場でのモラハラぶりの話が出ていました。

いろんな取引先にターゲットを作って

嫌がらせをしているようです。

中には、その自己愛性人格障害の人を

担当にしないでほしいという要望もあるほどらしいのです。

Tiaraは入ったばかりで、

現場でのその人を知らないはずなのに

手に取るようにその人の行動や心情が分かるので

みんなびっくりしていました。

Tiaraさんなんで分かるんですか?って。

自己愛性人格障害という言葉は出しませんでしたが、

自己愛性人格障害の人というのは

どうしてもやってしまうのです。

しかも弁が立ち、仕事もできるので

誰も勝てない、といった様子でした。

会社にいる自己愛性人格障害の人は、

離婚歴があり、今は一人暮らしなので

ターゲットは会社の関係の人なんですね。

入った当初は、Tiaraもターゲットにされそうになっていましたが、

彼の嫌がらせに全くこたえていなかったので

今では、ターゲットからは完全に外れています。

少し、びくびくしているようにも見えます。

自己愛性人格障害とは、

その特徴さえ知れば怖くないのです。

でも、Tiaraも今でも、もしターゲットにされてしまえば

怖くて耐える自信はありません。

だからはじめから、相手にしない、と心に誓い

それを貫けばいいのです。

でも、

もうあなたは分かっているとは思いますが、

決して敵対心は見せてはだめですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする