自己愛性人格障害の人は精神的虐待を調節している

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

あなたへの精神的虐待を強めたり緩めたりしながら

あなたに気づかれないように

調節している、ということについて

お話ししたいと思います。

彼から辛い思いをさせられているのに

なぜ彼と離れたくないのでしょう。

自己愛性人格障害の彼は、

あなたに気づかれないように

虐待を強めたり弱めたりして

調節をしています。

精神的虐待が

あまりにも強すぎると

あなたから、彼がひどいことをしている、と

気づかれてしまうので

あなたが気づきそうなギリギリのところで優しくしてきます。

[ad#co-1]

もともと彼のことを信じたいあなたは

そんな彼のやさしさを信じてしまい、

もう一度彼と

やり直してしまうのです。

でも、しばらく幸せな日が続くと

彼のほうがそれに耐えられなくなって

自分でも無意識のうちに

あなたに虐待をしていきます。

そして、それを何度も繰り返しているうちに

その状態にあなたも慣れてきて、

その状態でも普通だと思うようになります。

そしてまたあなたが耐えられなくなる限界に近くなると

また虐待を強めてしまうのです。

そうやって

あなたが、

あれ?勘違いかな?とか

彼もつかれていたのかな?と考えてしまい、

彼のために我慢してしまうのです。

しかし、気づいたときには

かなり虐待が強くなっていますが、

あなたはその状態にだいぶ慣れてしまっているので

あまり感じなくなっています。

そして、

自己愛性人格障害の人と一緒にいると

幸せな時は

本当に幸せなので、

なかなか気づきにくいです。

[ad#co-1]

彼は嫌な感じもいっさい人に与えないことができるのです。

モラハラのオーラが

フッと消える、というか。。。

Tiaraは彼からその恐ろしさから

ふいにその恐ろしいオーラが消えて

フッと瞬時に優しい雰囲気に変わるのを

見たことが何度かあるので、

自己愛性人格障害の人が、

そういうことができることは知っています。

例えば、

初めて会う人や、本社から役職の上のほうの人が来た時など

ふいに優しい温和な雰囲気に変わり

それまでのとげとげした感じが

完ぺきになくなります。

[ad#co-1]

出してはいけない場面では

しゅっと隠すことができるのです。

今は、全く好きではない自己愛性人格障害の人が

2人は近くにいるので、

その温和な雰囲気も

ターゲットが現れたときに

急に威圧的なるところも見ています。

Tiaraは冷静に見れているので

その二人が人によって

態度を変えていることに気づいていますが、

ターゲットになっている本人は気づいていません。

自己愛性人格障害の人は

考えるでもなく、

むしろ本能的に

今は虐待を強めたほうがいいのか、

全く出してはいけないのか判断できているので、

周りの人にも

ターゲット本人にも

なかなか気づかれにくいのです。

自己愛性人格障害の人は、自分の都合のいいように

精神的虐待を出したり引っ込めたりできるのです。

[ad#co-1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする