自己愛性人格障害の人は、あなたと周りの人への対応に差をつける

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の特徴の

あなたと周りの人への対応に差をつける、ということについて

お話ししようと思います。

あなたの彼は、人前とあなただけの前、

他人に対する態度とあなたに対する態度が違うと思います。

それですごく傷ついてしまいますよね?

でも、それは自己愛性人格障害の習性から来るもので

相手があなただから、とか、あなたが嫌だから

そうしているのではありません。

自己愛性人格障害の人から攻撃されていても

自ら逃げ出すようなことはせず、ただ自己犠牲を払いながらも

逃げることのできない人だから

だんだんに彼もあなたへの精神的な虐待を

するつもりで、あなたに差をつけています。

と、同時に、

周りの人には優しくしているので、

その人達からは、自己愛性人格障害の人は

尊大ないい人に見えていますので、

自己愛性人格障害の人も安心して

あなたに虐待ができます。

それがばれると、人から嫌われることが

死ぬほど怖いので、

他人には分からないようにしているのです。

そして、あなたは、その体質上、

その自己愛性人格障害の人の冷たい態度を

自分が悪いからだ、とあなた自身が思い込んでいます。

だから自己愛性人格障害の人は、

あなたには何をしても、自分が悪いと思うので

俺が、こいつに虐待をしていることがこいつにもばれない、とおもい

安心してどんどん周りの人とあなたへの態度に

差をつけてくるのです。

そしてあなたはどんどん自分が悪いと思い込んでいき、

苦しくなっていきます。

そしてなんとなくどこかであなたも

自分が何もしていないのに、と

気づいているのではありませんか?

それで混乱して取り乱し、

そのうえ自分を傷つけているのです。

自己愛性人格障害の被害は、

虐待して

相手に自信を無くさせる自己愛性人格障害の人と、

虐待されているのに、自分が悪いと思い込む癖のあるあなたが

ペアになって初めて成立するのです。

もし、自己愛性人格障害の人の被害に合って

すぐに、自分が何もしていないのに、

彼がひどいことをしてくる、と気づいた人は

すぐに彼から離れるので、

被害はすくなくて済みます。

共依存の人は、そんなひどいことをしている

自己愛性人格障害の人から

自ら離れていかないので、どんどん正常な判断ができなくなっていき

本当につぶされてしまいます。

経済的なこととかもいろいろあるとは思いますが、

そのまま彼と一緒にいたら

あなたは病気になってしまうでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする