自己愛性人格障害の人は、同情しません。

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

同情しない、ということについて

お話ししようと思います。

あなたは、あなたがこんなにも辛い思いをしていて

彼に訴えかければ、彼も、少し悪いことをしたな、と思って

恋人であるあなたに優しくしてくれる、と思っているかもしれませんが

自己愛性人格障害の人というのは

人間の心がありません。

普通の知識や脳は正常なので

1人前の大人として、日常生活も仕事もしていると思いますが、

他人の心を思いやる、ということが

分からないのです。

彼が、普段の生活で困ることは、何もないので

自分がおかしいとは思っていませんし、周りの人も

多少、短気なところはあるけれど、普通の人だ、と思っていると思います。

しかし、自己愛性人格障害の人は、全く同情をしないのです。

あなたがつらそうな顔をしていたり、

悲しそうにしていると、

その顔を見て高揚し、さらにあなたを辛い目に、

悲しい目に合わせたくなります。

そしてどんどん力を無くしてつぶれていくあなたを見て

やっと自分に価値が持てるのです。

そしてその満足感を保とうと

もっとひどいことをしてきます。

今、あなたに彼が魅力的に見えるのは、

後から、あなたをどん底に沈めるために

より彼に夢中にさせているのです。

そんなひどいことをする人はいないでしょう。

そう思うあなたの気持ちを利用しますので、

あなたを潰そうとする彼の気持ちは

よりバレにくくなります。

それを証拠にそんなことをされていない人は、

Tiaraのブログを読んでも、

なにを言っているか分からないでしょう。

それが、手に取るように分かるから、驚愕し、

あなたは、自分が感じていたことが

間違いではなかった、と気づくことができるのです。

この世間の人には、言いにくい自己愛性人格障害のことを

誰も言わないと、

世間の人に、こんなことがある、と言っても

たいていの場合、信じてもらえません。

自己愛性人格障害の人は、

常識では、考えられないことをしているからです。

でもその、常識では考えられないことをしているその人が、

ものすごい数で増えているのです。

いい加減に気づかないと、

人生を棒に振ってしまいます。

苦しまなくてもいい人が、

深い残酷な世界に落とし入れられていて

そのことに、周りの人も気づきません。

むしろ、自己愛性人格障害の人のほうが、

世間から、好印象にみられていることも多いのです。

それは、自己愛性人格障害の人が、

そう見えるように演じているからなのですが、

そのことに、ターゲットになっている本人も

気づきません。

こんな嫌な話は、ほとんどの人がしたくないため、

隠していますが、

それでは、いつまでたっても、

自己愛性人格障害の人たちの被害が

世間に知れることはありません。

それでは、被害にあう人たちが

後を絶たないのです。

自己愛性人格障害の人も

ターゲットとなる人がいないと生きていけないのです。

簡単につぶれて、反抗もできない弱い人間を

必死でキープし、そこに自分の怒りをぶつけるようにして、

気持ちを高揚させていないと、不安で不安で仕方ないのです。

自己愛性人格障害の人は、

他人に言われても、自覚することができないので、

ターゲットが徹底的に、離れることでしか、

自分は何かおかしいのではないか?という疑問は

ほぼ持たないのです。

ターゲットになる人も、

自己愛性人格障害の人が、何をしているのか

意味が分からない場合が多く、

ただひたすらに彼から離れたくないため、

自らいけにえのようになって

見事につぶされ、だれからも信用してもらえず、

人格、存在、すべてを自己愛性人格障害の人に否定され続けながら

「彼から離れられない」となげいているのです。

自覚のない、自己愛性人格障害の人よりは、

苦しい思いをして、その存在に気づけた人だけが

自己愛性人格障害の人から、逃げられるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする