自己愛性人格障害のひとは自分を愛してくれる人に本当にひどい過ぎることをしている

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

本当にひどすぎる

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraの恋愛相談室を訪れてくださる方の

お話を聞いていますと

本当にひどいと思います。

被害者になるような方は

相手のことを思ってばかりいる方ばかりなので

自分がとてつもなく

人いことをされているのに

彼のことばかり考えています。

ですが、冷静にはたから聞いていると

自己愛性人格障害のひとは

惹きつけ行為をして

被害者を強烈に引寄せ、信用させています。

また被害者のほうも

そんな自己愛性人格障害のひとを

本気で好きになって

彼のためにすべてをささげるつもりで

彼についていこうとしている被害者を

周りの人から

完全に信用されないようにして

こてんぱんに潰して

その場にいられないように

してしまいます。

その結果、友達をすべて

失った被害者の方も

おみえになりますし、

仕事を失った方や

借金を背負わされた人もいますし

すべての悪の根源のように

扱われている人もいます。

これは、

自己愛性人格障害のひとの失敗も

周りの人の失敗も

すべて被害者の責任のように言うのが

とても上手なのです。

それは被害者のちょっとした

誰にでもあるような小さな失敗から

いくらでもこじつけて

被害者のせいにすることができます。

なぜ、そんなひどいことが

できるのかというと

自己愛性人格障害のひとに

共感力が全くないからなのです。

これだけひどいことをされた、

と被害者が気づいたときに

彼が自己愛性人格障害だと

気づくのです。

周りの人は

被害者ほど自己愛性人格障害のひとを

まじかですべて見ているわけではありませんし、

周りの人からは

本当に被害者が何もしていない、

ということが本当には分かりません。

普通の人は、いくら何でも

そこまでひどいことをする人間が

いるわけがない、

と思い込んでいるので

自己愛性人格障害の存在に気づかないのです。

被害者が必死に訴えたとしても

本当のことが分からない

部外者の人は

そんなことがあるとは信じられないので

自己愛性人格障害の存在に

本当に気づくことができるのは

被害者のひとだけなのです。

中にはあなたの話を聞いて

信じてくれる人がいるかもしれませんが、

分からないのが普通だと思ってください。

そして、もしあなたの話を信用して

自己愛性人格障害の存在に

気づくことができる友人がいたとしたら

それはあなたにとっては

とてもうれしいことですし

その人を本当に大切にしてください。

そして自己愛性人格障害の存在に

気付いた人は

できるだけ

自己愛性人格障害のひととは

深くかかわらないようにして

あいさつ程度の付き合いに

とどめるように

気を付けるようにしてください。

もし、今、

自己愛性人格障害のひとと

上手くやっていっているのだとしても

近くにいれば

そのうちに自己愛性人格障害のひとの

ターゲットになってしまうので

できるだけ早く、

距離を置いて付き合うように

切り替えていってください。

そうすれば、

本当は臆病な自己愛性人格障害のひとは

あなたに好かれているか嫌われているか

分からなくなって不安になりますので

あなたにひどいことをすることは

できなくなっていくでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする