自己愛性人格障害の人はいつまで嫌がらせを続けてくるのか

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は限界なく

求めてくるということについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

何につけても限界を知りません。

だからいいことも悪いことも

限度がないのですが、

どんなにすごいことも限界なく努力をするので

結果的にすばらしい結果になることも

あります。

でも、悪いことのときも限界がないのですが、

ふだんは臆病な性格のため

隠していることが多いので

なかなかばれにくいです。

でも、そばにいて

嫌がらせが強くなってくると、

普通の人なら、このくらいで、ちょっとひどいから

やめてあげよう、となるのですが、

自己愛性人格障害の人は限界なく

どんどんひどいことを強めてきます。

ある段階から、確実に気づかれるレベルまで

嫌がらせをされてしまうので、

ほとんどの人が逃げ出してしまいます。

逃げることができなかった人は、

本当に怖い思いをします。

自己愛性人格障害の人は、

本当に限界がわからないので、もっとひどい目にあわせて

悲惨なことにしてやろう、

とは思っていません。

わからないからそうなってしまうだけなのです。

最後のほうは呪いかと思ってしまいました。

あんなにも紳士的だった彼が、

限界なく嫌がらせをしてくるのです。

でも、自己愛性人格障害のことがわかると

それは仕方ないことなんだなと思いました。

あんなにも頭のいい彼が

人の心だけはわからないのが

感覚として理解できました。

まだ、彼と別れたくないあなたは

限界まで来ていないのかもしれません。

一緒にいたくても

とても一緒にいられないレベルまで

精神的虐待を強めてしまいます。

本当にひどいことをしますが、

自己愛性人格障害の人も

苦しくてやってしまうのです。

それがわかると余計に離れがたくなったり

彼がかわいそうになってしまうことも

ありますが、

とても一緒にはいられないレベルになってしまうので

そのときになって

ショックを受けないように

あなたの彼が自己愛性人格障害だった場合は、

少しでもショックが軽くなるよう

自己愛性人格障害について

勉強しておくとよいでしょう。

それを知れば

心の傷も少しはいえるでしょう。

そして

いくら魅力的でも

自己愛性人格障害の人には

2度と近づきたくないと思うようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする