自己愛性人格障害のひとは行動は普通の人と同じに見えても感情の出所が違う

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

行動は

普通の人と同じに見えても

感情の出所が違う

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

普通の人の感覚から見ると

何もおかしくありません。

被害に遭わなければ、その人が

自己愛性人格障害だと

気付かない場合も多いでしょう。

普通のひとでもすべての人が

いつでも優しく、

ひどいことをしない、

というわけではなく、

ひどいことをするときも

浮気をするときも

意味もなく無視をするということも

あると思います。

ですが、普通の人は

自分が

そんな態度をとってしまったことを

ちゃんと自分で分かったうえで

しているのです。

たとえば、感情的になってしまったり

外で嫌なことがあったときに

期限の悪さを外では出さずに

彼女に八つ当たりすることも

あるでしょう。

被害者になった人も

そういった普通の人と

同じような感情で

自己愛性人格障害のひとを

見ているので

たとえば会った瞬間から

あなたが何もしていなくても

彼の機嫌が悪かったり

無視をしていたりしても

きっと会社で嫌なことでも

あったんだろう、と思い、

見逃してしまうはずです。

ですが、普通の人は

本当に彼女に腹を立てたり

彼女を悲しませたり

したいわけではなく

本当に会社であった嫌なことを

忘れることができず、

彼女に嫌な態度を

出してしまったことを

分かっているのです。

その時は機嫌が悪いので

普通の態度をとれなかったとしても

後から気分が落ち着いてきて

冷静になってくると

ああ、悪いことしたな、と

反省したりするでしょう。

後からあなたに

「この前はごめんね。」と

謝ってくることもあれば

謝ってこないこともあります。

ですが、きちんと自分の中では

あなたに悪いことをしたな、

とわかっているのです。

ところが、自己愛性人格障害のひとは

自分が機嫌が悪くなるような

出来事があったとしたなら

早くあなたに会って

あなたに嫌がらせをすることで

少しすっきりしたりします。

あなたの悲しそうな顔を見ると

自分のほうが上だと

ほっとするのです。

自己愛性人格障害のひとも

「この前はごめんね。」

ということもあるのですが、

それは、あなたに悪いことをしたな、

と思う反省の気持ちから

言っているわけではなく

とりあえず謝っておけば

あなたが許してくれるだろうと思って

謝っているのです。

彼が謝ったということは

あなたが許すことが前提で

どんなに悪いことをしたとしても

あなたは許さなければ

ならないのです。

あれ?

こないだ謝ったからもういいでしょ?

という感じです。

自己愛性人格障害のひとが

自分の本当の気持ちを話すわけがなく

心の中で思っているだけなので

分かるわけがないのです。

でも、反省していたり

あなたのことを思っていたら

こんなことをするわけがない、

と思うようなことを繰り返すので

被害者には

彼が本当の気持ちが

分かってくると思います。

それはそのうちに

確信に変わりますので

自己愛性人格障害のひとと

しばらくいたら

時間に個人差はかなりありますが、

必ず彼がおかしいと

気付くときが来るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする