自己愛性人格障害の人はなぜ一番大切な人を傷つけるのか?



こんにちは♡

今日は、自己愛性障害の人は

なぜ一番大切な人を傷つけるのかということについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人のよくやることなのですが、

たとえば、

彼から別れると突然言われた後、

あなたがそれを承諾したとします。

それからまた彼から連絡が入り、

泣きつかれたり、会いたいといわれたり

何気なく普通に連絡をしてきて

また普通に接してくるので、

いつの間にか元に戻っているということがあります。

そしてそれを何度もされるので

あなたが混乱してしまうと思います。

自己愛性人格障害は、その場で一番いいことを言っていますので

すごく寛大なことを言ったり、

プロポーズをしたり、

または人格否定をしてきたりと良い時と悪いときを繰り返します。

普段は、本当にやさしく、幸せなので

ちょっと嫌なことをされても、何かあったのかな?と思ってしまい

つい許してしまいますよね?

自己愛性人格障害の人は、どうしても人より上に立たないと

自分がつぶされてしまうと極端に思い、

あなたにそんな気がなくても

自分があなたにつぶされてしまうと

恐怖に襲われてしまいますので

どうしても全力でつぶしてしまいます。

自尊心が極端に低いため、

常の人につぶされる前につぶしておかないと、

という恐怖と常に戦っていますので、

そのままにしておけばおくと、常に人をつぶしにかかるので

そばにいる人は、怖くなって逃げ出してしまいます。


でも、人に嫌われる、ということにも

極端に恐怖をいだいていますので

普段はそれを抑えています。

だから常にいらいらして非常に辛い状態なのです。

その中で尊大な自分を魅せつけていなくては

ならないので普段はそれがはた目にはわからなく、

むしろ魅力的に見えてしまうのです。

でも相手が弱くて自分に絶対に逆らってこない場合や、

彼のことが好きで離れたくないと思っている彼女になどには

安心してその怒りをぶつけることができます。

彼女が恐怖におののいても

「あなたが好きだから言ったんだ。」とか

「わかってほしかったんだ。」といわれてしまえば

彼に愛されたくて愛されたくて

たまらないあなたは、つい信じたくなってしまうでしょう。

だから、他に人には嫌われないように細心の注意を払い、

自分から絶対に離れていかない人に

すべての怒りをぶつけるのです。

そういう人は、自己愛性人格障害の人の

自分の中に怒りをぶつける絶好の相手となります。

それが、自己愛製人格障害の人の

恋人や奥様がなりやすいです。

それが、自己愛性人格障害の人の恋愛になり、

彼と恋人関係になった人たちが

同じ思いをしているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする