自己愛性人格障害のひとはとても疲れやすい

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

非常に疲れやすいと

いうことについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは、

自尊心がないために

それに耐えられない恐怖をかかえて

生きています。

そして、自分はそんな人間ではないと

思い込みたいがために

常に尊大な自分を演じ続けなければ

怖くて人前にでることもできません。

だから常にりっぱな寛大な才能のある人間を演じ続けます。

子供の頃からずっとそんなふうに

生きているので

それが癖づいていて

周りの人から見ると

ほんとうに立派な人物に見えます。

常に演じ続ける癖がついているので

自己愛性人格障害のひとも

ほんとうに自分がそんな人間だと

思い込んでいます。

だから

自己愛性人格障害のひと本人には

自分が演じている自覚がないのです。

そしてまたそんな外見からは

想像もできないほどの

大きな怒りを常におなかのなかに

かかえて生きています。

尊大な自分を演じ続けなければいけないため

ふだんはそのことを

隠していますが、子供の頃から尊大な

自分を演じ続けているため

精神的には常に極度に疲れています。

自己愛性人格障害のひとは

疲れていることが多く、

家にいるときは1日中、

寝ているときもあります。

持病を持っていることも多く

常になにかの薬を持っているひとも

多いでしょう。

はたからみて常に紳士的で

好印象で居続けることは

想像を絶するほど疲れるのだと

思います。

でも、尊大な自分を演じ続けることを

やめることはできないのです。

等身大の自分でいることは

できません。

自己愛性人格障害の人にとって

一人の時間は唯一の

ほっとできる時間なのかもしれません。

Tiaraはよく彼に意味もなく

会いたくない、と言われたことがありますが、

それは嫌がらせのほかにも

こんな理由があったのかもしれません。

人を傷つける恐ろしい病気ですが

本人にとっても

とても辛いのです。

普段そんな風に見えないのは

極端に高いプライドで守られた

自己愛性人格障害の

弱い自分を誰にも見せない様に

虚勢を張っているためなのかもしれません。

周りにいる人も傷つけて生きている自己愛性人格障害ですが

本当の姿は本当にもろく

自己愛性人格障害の人の思い込みによって

極端に傷つき続けているのかもしれません。

自己愛性人格障害の人が

ふとしたときに魅せる臆病な姿は

彼の本当の姿なのかもしれません。

かといって

同情してしまうと

恐ろしいことになるので

そっと離れて1人にしてあげるのが

自己愛性人格障害の人にとっても

最高の思いやりなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする