自己愛性人格障害の人からターゲットにされない方法

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人から

ターゲットにされない方法について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害者が

被害に合っていてなぜかその被害をうまく説明できない

ということがあります。

うまく説明できないから

被害に合っていることに気づけないのです。

自己愛性人格障害の人に

何かひどいことをされても

「あれ?」気のせいかな、と思う程度で済んでしまうのです。

もし、自己愛性人格障害の人が、

何をしているのか、気づけるようになれば、

モラハラ被害を防ぐことが、

できるようになります。

しかし、人の常識ではとても考えられないような思考をしているため

普通の人ではモラハラ被害について

気づくことは、なかなか難しいのです。

対処できるようになるにはまず、

目の前で、その理不尽な行動を目にして

長い間、嫌な思いをし続けた人にしか分かりません。

長い間、時間をかけてずっと同じようなことを

繰り返しされているうちに

あれ?っと思いだす人もいるのです。

でも、中には、ずっと危害を受け続けて

気づかず、私が悪いのかな?と思い続けて

一生、添い遂げる人もいます。

あなたは、モラハラ被害を受けやすい体質をしているのですが

それが分かるようになると

普通の人では自己愛性人格障害の対処は

難しいのですが、

あなたは、自己愛性人格障害の人に

対処できるようになるかもしれないです。

(ここは、自己愛性人格障害を治せるようになる、

とは勘違いしないでください。

自己愛性人格障害の人側は変わることなく

あなただけが変わり、

あなたが防ぐことができるようになる、と言っているのです。)

Tiaraの周りには、

今でも自己愛性人格障害っぽい人はいます。

でも、周りにいる人は攻撃を受けても

Tiaraはその人たちにアドバイスすることで

ずいぶんモラハラ行為を防いでいますが、

たまにこじつけのような感じで

自己愛性人格障害の人が

注意してくるときがあります。

でも、Tiaraは、自己愛性人格障害の人に対して

注意は軽く受けて注意されたことを直して後は知らん顔をしています。

敵対心を見せず、

Tiaraのせいではない間違いを

こじつけて注意してくる自己愛性人格障害人に

「はい。じゃ直しておきますね。」とだけ言い

間違いだけをさっと直したら

その場をすぐに離れます。

自己愛性人格障害の人が

そのあと必ずTiaraの様子をうかがっていますので

普通にしています。

特に敵対心を持つでもなく、

悲しむでもなく、怖がるでもなく

普通にその自己愛性人格障害の人が言ったこじつけの間違いを直して

次の仕事にかかるだけです。

この間、その様子を見ていた上司が

「あいつばっか立てることないんだよ。あいつだって間違えたって

絶対に謝らないんだから。」と言ってきましたが

立てているつもりはありません。

自己愛性人格障害の人は

関わるとめんどくさいのです。

自己愛性人格障害の人は、こじつけてくるし、

機嫌を損ねるボーダーラインは

彼を基準に判断されます。

正直ほかの人にその基準が分かるわけがないのです。

だから言われたとおりに直すだけです。

例えばここで

「この間違いは私じゃない。」だとか

「これはまちがいではない。」と

自己愛性人格障害の人に言った場合、

彼を挑発したことになり、自己愛憤怒を起こし

もっとめんどくさいことになります。

だから自己愛性人格障害の人の言ったことをそのままにしておきます。

そして、怒られたことを悲しむでもなく、

気にするでもなく、無視するでもなくして

後は、普通にしているだけです。

すると、自己愛性人格障害の人は

Tiaraに自分の攻撃が効いているのか効いていないのか

分からなくなり、

攻撃しても何の面白みもない奴、になります。

ここでそれを聞いていた人が

びっくりしたり、おどおどしたり

次は自分も言われるんじゃないかとびくびくしていたら

その人がターゲットになります。

自分は言われたくないからと

自己愛性人格障害の人のご機嫌を取ったり、

仲良くしようとする人も

いつでもターゲットになる可能性を秘めています。

自己愛性人格障害の人には

あまり反応したり、表情を変えたり

泣いたり怖がったり

逆に無視したり言い返したりしてはいけないのです。

何にもしないのです。

ただ、自己愛性人格障害の人の攻撃に堪えず、

知らん顔をして普通にしていると

だんだんその人には攻撃をしようとも

思わなくなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする