自己愛性人格障害のひとの考え方のルールについて その1

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

分かるようになると

言葉を交わさなくても

何を考えているか

分かるようになることについて

お話ししたいと思います。

Tiaraは普通のひとは

今までと同じように

話をしたり

コミニュケーションを取らないと

どんな人なのか、

何をかんがえているのか

分かりませんが

自己愛性人格障害のひとだと

だいたい何を考えているのか

これから何をするのかが分かります。

自己愛性人格障害のひとの

脳の構造には

ある特定のルールが存在し、

どうしてもそれにともなって

考えてしまうのです…

だから自己愛性人格障害のひとを

責めてもどうしようもありません。

ですが、自己愛性人格障害のひとに

ターゲットにされるのは

本当に嫌ですよね?

もし、

あなたの恋人が

自己愛性人格障害だったとしたら

強烈に引寄せられていますので

彼を好きだという気持ちは

とても強いものになっていると

思います。

だから別れを決意することは

とても辛いものになると

思うのですが、

それでも彼に心を壊されていくと

ある程度のところで

ものすごく苦しくなるし

いくら好きでも

これ以上耐えられなくなり

逃げ出してしまうほど

恐ろしいものです。

だからあなたもこのサイトに

たどり着いたのだと思うのですが、

できたら初めから

自己愛性人格障害のひとの特徴

というものが分かっていたら、

お付き合いをしようなんて

考えなかったですよね?

普通のひとだと思ったから

関係を深めていってしまったのです。

そして自己愛性人格障害のひとから

マークされやすい人は

共依存の人が多く、

また普通のひとでも

自己愛性人格障害のひとと

付き合うことにより

だんだんと

マインドコントロールされていき

だんだん彼に逆らう気はなくなり

なんでも自分が悪いと

思うようになります。

付き合うことによりさらに症状が

お互いに悪化してしまうのです。

ところが、自己愛性人格障害の特徴が

分かるようになり、

ある特定のルールが

読み取れるようになると

自己愛性人格障害のひとが

次にどんな行動をとるのか

すべて分かるようになります。

だからはじめから

あなたの取るべき行動が

分かるようになるのです。


たとえば

彼のほうから別れ話を出してきて

初めは悲しかったですが

彼のかたくなな態度を見て

あなたもだんだん彼と復縁することを

あきらめてきたとします。

もう無理なんだということが分かり

あなたが彼と

離れようとしていることが分かると

「やっぱり別れるなんて

耐えられない。」だとか

「あなたがいないと

生きていけないんだ。。」

などと連絡があったりします。

すると、あなたのほうこそ本当は

彼と別れたくなかったでしょうし、

彼の辛そうなところを見て

もう一度彼とやり直そうと

考えてしまいます。

可愛そうなところを見て

同情してしまうと

自己愛性人格障害のひとは

あなたにはさらに強い攻撃を

仕掛けてもいい、と判断してしまい

自己愛性人格障害のひとの

心の底の苦しみを

すべてあなたに

擦り付けようとしてきます。

そしてまただんだんと

自己愛性人格障害のひとに

ののしられたり

あなたが悪いというようなことを

言われたりするようになると

思うのですが、

彼があなたに言っていることは

すべて彼自身のことなのです。

今までTiaraが言ってきたことの

おさらいになると思うのですが、

自己愛性人格障害のひとの

一定のルールをいくつか

書き出してみます。

こういったことがわかれば

あなたの取るべき行動が見えてくると

思います。

・はじめは彼のほうから近づいてきた

・今までの彼よりも

とても素敵なとこ ろを見せられ

この人なら安心してついて行ける、

と確信した

・あなたのことを誰よりも考えてくれる

・突然訳の分からないことで

機嫌が悪くなる

・彼とけんかをしても

いまいち彼の怒るツボが分からない

・けんかをしていると

なぜかいつの間にかすべて

あなたが悪いことになっている

・周囲のひとのことを

バカにすることが多い

・2人の関係はなぜか

彼のほうが上だと決まっている

・彼のほうが怒り出して

けんかになるのに、

あなたはなぜ彼が怒るのか、

まったく分からない

・けんかをしても連絡が来るのは、

決まって彼のほうから

・彼から別れ話を切り出されたのに

復縁の連絡が入るのは決まって

彼から

もしくは

自分は別れたつもりなんてなかった、

と言い出す

・彼の気持ちを

理解してあげたはずなのに

なぜか

あなたのほうが悪くなっている

などです。

この特徴が彼に当てはまることが多いと

おのずと次の行動に

予測ができるようになってきます。

そして予測をつけて

彼への対応を考えて行動しないで

戻ると必ず以前よりも状況は

悪くなってしまいます。

いままでの行動から考えて

何度かケンカや別れ話をしていると

分かってくると思います。

でも、おそらくあなたは本当は

彼と仲が悪くなるようなことなんて

何も起きてない、

と気づいてはいませんか?

実はあなたからすると特に

仲が悪くなったり

決定的な別れの決め手になるような

出来事は

何も起きていないんです。

すべて彼のこじ付けにより

この関係は修復不可能だ、

ということになってしまいます。

そして

その原因はすべてあなたのせいだ

ということにされてしまっているだけ

なのです。


そして、自己愛性人格障害のひとは

本当は、あなたのことをそれほど悪いと

思ってはいません。

ですが、あなたを責め立てることによって

あなたに罪悪感を

罪悪感を植え付けているだけなのです。

あなたは共感能力が高いので

罪悪感を持ってしまうと

自分が悪いと自分で自分を責めてしまい

自己愛性人格障害の彼に悪い

と思ってしまいます。

そして本当は彼に歩み寄って

自分を押し殺しているはずなのに

さらに自分を殺して彼に合わせたり

彼の気持ちをくみ取ろうとしたり

彼に答えてあげようと思い、

どんどん考えを彼に

合わせていってしまうのです。

このことによりあなたは

だんだんと自分だけを悪く思い

彼がこじつけていることに

気づいていません。

そして彼もあなたも周囲の人までも

だんだんあなたが悪いと

思うようになってしまうのです。

こうなるととても辛いのですが

何が辛いのかというと

こんなにも彼のことだけを考えて

生きているのに

悪者にされてしまう、ということです。

人間は本当に自分が悪い、

と思っていることは

人に責められてもなんとなく

自分で納得できます。

ですが、あなたも心のどこかでは

自分が悪くないことに気づいており

それなのになぜか自分が原因で

本当は関係を続けたい彼と

ダメになってしまうことが辛いのです。

ですが本当はあなたは何もしていません。

あなたのせいで

あなたが本当は関係を続けたい彼との関係を

壊してしまうことに自責の念を感じて

苦しむことが目的で

彼はあなたを責め続けるのです。

じゃあ、本当は何もしていないのなら

彼と関係を崩す必要がない、

と回りくどい方向から

考えてしまうので

気づきませんが、

本当は彼があなたを傷つけています。

それなのにとても優しい言葉で

あなたへの愛を伝えてくるのです。

ですが、戻ると彼は安心して

優しくすれば

あなたはまた戻ってくると確信すればするほど

どんどんひどいことをしてくるようになります。

そしてこれだけひどいことをしていても

自己愛性人格障害の彼は

自分はとても優しい人格者の顔をしています。

tiaraも自己愛性人格障害のことを知ってからも

自己愛性い人格障害のひとを何人も見ていますが

驚くほど堂々と優しい態度で周りと接しています。

その顔には罪悪感のかけらもありませんので

分かっていても

本当に何もしていないのではないかと思うほど

自分は正しい、という態度をとっています。

だからおかしい、と気づくのですが、

分からない人から見たら

彼は事実を言っていると思うでしょう。

どれだけあなたが努力しようが

自己愛性人格障害の彼が

あなたを認めて幸せになることは

ないのです。

あなたに早くこの事実に

気づいてほしいのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする