自己愛性人格障害の人の興味をあなたに向けてはいけない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

興味を

あなたに向けてはいけない、

というお話をしたいと思います。

まず、自己愛性人格障害の人は

何もかもが普通の人と逆だということを

覚えておいてください。

普通の人が、愛をそそぐと

普通にうれしくなってその人を

大事にします。

愛を注がれて迷惑な人もいると

思いますが、

迷惑な人は、

きちんとお断りをするか、

自分にはその気がないのでということを伝えるでしょう。

普通、恋人などから好意を寄せられて

嫌な気持ちがする人はまずいません。

そして、自分が相手から

愛を注がれたら

うれしいとこたえたり、

自分に愛を注いでくれた人を

大切にします。

それが自己愛性人格障害の人は

自分に愛をそそいでくれた人を

追い込みます。

だから自己愛性人格障害の人に

愛をそそいではいけません。

あなたが愛をそそげばそそぐほど

自己愛性人格障害の人は、

無意識に、

あなたに精神的虐待の攻撃を

強めます。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だとわかっても

彼と別れたくない、という気持ちは

よくわかります。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だとわかっても

一緒にいたいという気持ちが

なくならない場合、

彼に対して

何の気持ちも持っていないと

無関心をつらぬいてください。

あなたが彼に

愛情を向ければ向けるほど

あなたへの攻撃が増します。

自己愛性人格障害の人は

あなたが、

愛情を向ければ向けるほど

攻撃力が強くなり、

限界がないので

非常におそろしい思いをします。

あなたが、

彼とすぐに別れたくない場合は

彼に対して

無関心をつらぬいてください。

そうすることによってなぜか

彼からの攻撃を和らげることが

できます。

しかし、そこには

愛はありません。

自己愛性人格障害の人は

何もかもが、普通のひとと

反対なのです。

あなたが彼に対して

完全に無関心になれば

平和な関係が保てます。

自己愛性人格障害の人の興味を

あなたに向けてはいけないのです。

自己愛性人格障害の人が

あなたに心をゆるせばゆるすほど、

精神的虐待は強くなります。

自分から離れていかない

信頼性の強いあなたには

安心して虐待できるのです。

彼は、自己愛性人格障害で

あなたのことを本当には

思っていないのですが、

あなたは普通に彼のことを

愛してきたはずです。

だからなかなかそのことに

心から納得するのは

難しいかもしれません。

だから、彼からあなたへの興味を

なくしてしまったほうが、

平和に過ごせるので

彼と一緒にいたいのなら

彼に関心を向けてはいけないのです。

でも、そうしていることによって

あなたはだんだん彼といても

仕方ないことに

気がついてくるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする