自己愛性人格障害の説教について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のよくする

説教について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

静かなイメージのひとが多いと思います。

年齢のわりには、

落ち着いているかたも多く、

怒っても取り乱したりしないように

見えるひとも

数多くいると思います。

自己愛性人格障害のひとは

よく、お説教や質問をしますが、

それは愛のある叱咤に見えて

実は、あなたを

不快なきもちにさせるために

やっていることが、

多く見受けられます。

だから、自己愛性人格障害のひとの

お説教を真剣に聞く必要はありません。

そのお説教に興味のない人や

聞いていないひとには

怒るときもありますが、

それでも、聞いていないと

だんだんと、

そのひとにお説教をすることを

やめていきます。

自己愛性人格障害の攻撃に

弱い人にしつこく攻撃はしますが

まったく相手にされないと

つまらないのです。

もし、あなたが

自己愛性人格障害のひとから

よくお説教をされたり

わざわざ呼ばれて

いろいろなことを聞かれたり、

質問攻めにされるとしたら

あなたは、

自己愛性人格障害のひとの攻撃に

反応してしまっています。

反応するから

自己愛性人格障害のひとは

あなたを責めることを、

面白いと感じてしまっているのです。

自己愛性人格障害は

説教により

相手より上の立場にたち、

愛のある叱咤や教育、という形の

憂さ晴らしを

どうどうと人前で行うことができ、

さらに、その人物よりも

上にたっています。

そうすることで

優越感や満足感を得ながら

堂々とあなたよりも

上の立場にたつことができます。

ただの憂さ晴らしなのに

立派に見えるのです。

それは、そんな自分に満足しながら

虐待を行える説教は

自己愛性人格障害のひとにとって

まさに一石二鳥なのです。

説教をすることにより

愛のある叱咤にも見えるので

周りのひとから見て

あまり悪く見えず、

しかも怖いので逆らうひとが少なくなり、

さらに自己愛性人格障害のひとの

立場が上がります。

自己愛性人格障害のひとの

お説教が始まったり、

お説教をするために

あなたに質問をしてきたときは、

あなたはできるだけ

長引かせないように

気をつけなければなりません。

とはいえ、お説教をしている最中に

席をたってしまうと、

激怒してしまうおそれがあるので、

対処をするには

それなりの注意が必要となります。

自己愛性人格障害のひとの話を

軽く相づちを打ちながら

頭をボーッとさせ

話の内容を聞き流して

自己愛性人格障害のひとに

思う存分、話をさせましょう。

自己愛性人格障害のひとは

なんでもいいから

あなたを責めたいだけなので

ずっと一方的に話をしているうちに

だんだんと話すことがなくなってきます。

あなたが反応したり、

反論したりしてしまうと

またそこから話が広がってしまうので、

できるだけ反論しないように

自己愛性人格障害のひとに

話をさせたほうが

少しでも短くて済みます。

そして、反応はうすいほうが

自己愛性人格障害のひとが

あなたがなにを考えているのか

分からないので

突っ込めなくなり

だんだんと言うことが

なくなってくるのです。

そして、そのころを見計らって

さりげなく用事を作り

できるだけ早くその場を去りましょう。

それを続けているうちに

自己愛性人格障害のひとは

あなたを責めることに

面白さを感じなくなり

あなたには興味がなくなって

やらなくなるのです。

自己愛性人格障害のひとに興味を持たれないようにしていると

自己愛性人格障害のひとは

だんだんと

おとなしくなっていくのです。

そうすればあなたは

今までよりも、はるかに

その場で生きやすくなるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする