自己愛性人格障害の人の浮気について

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

浮気についてお話ししてみたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の相談の中に

よく浮気をする、ほかに彼女がいた、

逆に、独身だと思っていたら家族がいた、という方が大勢見えます。

 

彼のことが本気で好きだった場合、

裏切られた気持ちになって、本当にショックで悲しいですよね。。。

 

今まで信じてついてきた自分が

バカみたいです。

 

でも、自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を常に見せ続けていなければ、不安なため

本当に素敵な人が多いんです。

 

女性にもてるのも当たり前のことだと思います。

 

中には、ただの浮気ではなく、

何人も複数の女の子がいた、なんてケースもあります。

 

でも、普通の人は、彼女や奥さんなど

特定の人がいた場合、浮気なんてしないと思います。

でも、自己愛性人格障害の人は、

自分の魅力であなたを惹きつけながら、

マインドコントロールし、あなたが完全に彼のことを信用した段階から

徐々につぶしにかかります。

 

その感情も病気によるもので

彼にはコントロール不可能です。

 

他人はコントロールできても、

自分はコントロールできないんですよね。

 

自己愛性人格障害の人は、

突然なるわけではなく、

幼いころから何度もモラハラ経験をしながら

他人をコントロールして生きてきています。

 

彼の中でも、なんとなく

自分は、関係性が深くなると、

危ないと知っている自己愛性人格障害の人も

多いのではないかと思います。

 

 

そうすると、その被害を分散させようと、

常に複数の女の子をターゲットに、その二人を

幸せな気持ちにして取り込んだり、

モラハラ行為をして、自分の中の怒りを

爆発させる、という人も出てくるんじゃないでしょうか。

そして嫌がらせにも、

別に女の子がいる、という点で使えます。

 

要は苦しませる材料にも、

被害を分散させる材料にも

浮気を使えることになります。

 

だから自己愛性人格障害の人は、

浮気を相手を虐待するための道具に使う人は多いんじゃないでしょうか?

 

あなたが苦しむのは、

彼が、普通の人間だと思い込んでいたからです。

 

彼は、彼自身にも精神的虐待を止めることのできない

自己愛性人格障害という病気なのです。

 

 

確かにあなたのパートナーが、

自己愛性人格障害だった、という事実はショックだったかもしれません。

 

 

でも、それは、

少なくともあなたが悪いわけではないのです。

 

悔しい気持ちは分かりますが、そこで

あなたが自尊心を無くしてはダメです。

 

あなたには罪はありません。

 

たまたま相手が自己愛性人格障害だっただけのことなのです。

 

それによって深い悲しみを味わったとは思いますが、

あなたはそれによって人を見る目ができたのでは

ないですか?

 

それと同時に分かったことは、

あなたはもっと自信を持っていいのです。

もっと自分の目で、自分の心で

相手をしっかりと見る目を養ってくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください