自己愛性人格障害の人の別れた後のしがみつき行為のタイミング

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

しがみつき行為のタイミングに

ついてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼と別れてから

しばらく放置、または拒否されていたのに

ずいぶん経ってから

また不意に彼から連絡が入ることがあります。

「やっぱりあなたを忘れられない」などと

あなたの気を惹くようなことを

言われたとしたら

それまでに彼の態度を思い出してください。

あなたがどんなに話がしたくても

ぜんぜん聞こうとしてくれなかったり

あなたを否定するようなことをしたり、

どうしても彼があなたの話を聞いてくれず

もっとひどい場合は

あなた以外の人とは

普通に穏やかに話をしているのに

あなただけを拒否していることを

あなたにわざわざ見せつけるなどの

卑劣な行為をしていた場合、

もう無理だ、と思って

あなたのほうもコンタクトを

ずっと取らなくなり

ようやく忘れかけているときに

強烈なしがみつき行為をすることがあります。

そんな時、つい情に流され、

彼の言葉を聞いてしまいそうになりますが

聞いてはいけません。

拒否してもしがみついてくるあなたを

さらにいじめて楽しもうとしていたのに

あなたが

彼から離れようとしていることが分かると

自己愛性人格障害の見捨てられ不安が募り

あなたを取り戻そうとしているだけなのです。

あなたを取り戻そうとしている

とは聞こえがいいですが

無意識に

あなたを虐待の道具に

使おうとしているだけです。

これは女同士でも男同士でも

恋人でも同じです。

このように

自分は人を否定するのはいいのですが

自分は人から否定されることは

死ぬほど恐ろしいことなのです。

自己愛性人格障害の人は

どうしても自分を気にしてほしいのです。

人から気にしてもらえないと

急に不安になり

あなたの気を惹くようなことをしたり

優しくなったり

やたらと存在をアピールしてきたり

あなたに連絡をしてきたり

あなたが断りようのない用事を

作ったりします。

ここでまた

思い直してくれたのかな?とか

やっぱり離れたくないのかな?とか

思って

彼の言葉をうのみにしてしまうと

永遠にターゲットにされてしまいます。

彼は

自分を相手にしてほしいだけなので

彼がさみしいのかもと情をかけてしまったり

分かってくれたんだ、と期待をかけてしまうと

裏切られて

あなたがまた、苦しい思いを

することになります。

自己愛性人格障害の人は

相手のことを考えられないので

戻るとまた大変な思いをします。

自己愛性人格障害の人は

あなたと同じ愛情は持っておらず

自分が一番になることだけを

考えて生きています。

そのためなら周りにいる人の

気持ちや立場を平気でつぶしても

なんとも思わないのです。

だから別れた後

ずいぶんと長い間

ひどいことをしてきたのに

急にとってつけたように

あなたに優しい言葉をかけてきた時は

強烈なしがみつき行為をみせることがあるので

気を付けましょう。

こういう時は、

自己愛性人格障害という病気なので

仕方ないな、と思い、

彼のいうことをさらっと流して

彼のしてきた行為によって

もう彼とはやっていく気がないことを

さらっと伝えて

彼の罪は彼にそっと

お返しをしてください。

そしてもう彼には

二度と戻らないことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする