自己愛性人格障害の人との言い争いの原因

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人に

話す注意点についてお話したいと思います。

 

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害ではないかと

疑い始めたとき、

彼の反応は普通ではないと

気づいたときではないでしょうか?

 

 

あなたが彼のことをどんなに思っていても

話し方1つで彼は激怒します。

 

でもあなたの口から出た言葉は

本当に彼のことを思っていっているのです。

 

自己愛性人格障害の人の特徴として

彼のことを思っていう忠告やアドバイスも

すべて自分に対する否定の言葉と捕らえます。

 

 

これはあなたをいじめようとして

言っているのではなく、

彼の脳の中でどうしても

否定されたと捕らえてしまうのです。

 

あなたが彼と

恋人だった場合はなおさら起きることで

彼と一緒にやっていきたいから

彼にアドバイスや助言をするのです。

 

 

けれども、自己愛性人格障害のその特徴として

自尊心があまりにも低いために

自分は尊大な存在だと思い込まなければ

生きていけないほどの極端な恐怖を抱えています。

 

だから、

たとえあなたが彼を思っていった言葉でも

自分を否定されたと思い

激怒するのです。

 

それなら、何も言わなければ

トラブルにならないかと言えば

そうでもなく、

自己愛性人格障害の人は

自分に関心がないのかと思い

不安になり、強烈なしがみつき行為を示します。

 

つまり、どちらにしても

トラブルになり

うまくやっていけません。

 

それは、あなたが悪いのではなく

彼の脳がそう判断してしまうくらい

敵対心が強いのです。

 

他人は、

自分を誉めるために存在し、

一切のアドバイスはいりません。

むしろ自分が一番正しいと思い込んでいるからなのです。

 

自己愛性人格障害の人ともめるとき

彼が怒る必要のないことで怒っているのですが

彼自身は相手が悪いと思っています。

 

Tiaraも彼に

「不毛な争いはしたくない」と

とても悲しそうな顔で言われたことがあるのですが、

そのときは自己愛性人格障害などという病気が分からず

(もちろんそんなことしたくないよ。

そんなのしなければいい。)

と能天気に考えていました。

 

そしてそんなことを自分から言う彼に

この人はそう思ってくれているなら

絶対にうまくいくに決まっている、

と思っていたのです。

 

だってTiaraもそんなことしません。

 

もともとのんびりした性格で

細かいことでいちいち腹を立てるほど

繊細な性格をしていなかったからです。

 

 

まさか何もないのに

激怒してくる人間がいるなんて

夢にも思っていませんでしたから。

 

それに彼はそんなことを言うなんて

すべて分かっているかのようでした。

 

彼は自分が何もないのに

イライラしているなんて知る由もないのです。

 

自己愛性人格障害とは

ありもしないことでもめて

関係をだめにしなければ

被害者の心がつぶれてしまう

不思議な病気なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください