自己愛性人格障害のひとと被害者の抜群の相性について

こんにちは♡

自己愛性人格障害のひとと

被害者になるひとの

相性の良さについて

お話ししたいと思います。

そもそも、自己愛性人格障害のひとと

被害に遇いやすいひととの相性は

非常にいいです。

自己愛性人格障害のひとも

被害に遇いやすいひとも

育った環境から自尊心が低いとされていますが、

その自尊心の上げ方が真逆なのです。

いつもお話ししているように

自己愛性人格障害のひとは

自分の周りの人を見下すことで

自分を上げ、

相手のみじめな姿を見ることで

自分のほうが上だと満足し続けていなければ

生きていくことも恐ろしいと

怯えている病気です。


それには共感力を持っていると

本当は良心を持っているので

自分がひどいことをしていると自覚してしまうので

そうなると自分がとてもひどい人間に思えてしまうので

その罪悪感からも逃げるために共感力を使わなくなり

やがて大人になるにしたがって

共感力が分からなくなってしまっています。

なので共感力がないため、

相手の本当の気持ちが分からず相手の

悲しんだり苦しんだりしているところを直接自分で見ないと

相手が本当にみじめな存在なのか分かりません。

ですのでそばにいて

自分がつぶした相手を見ることで

自尊心を上げている人のことです。

そして、被害者になるような人も

自尊心がない、ということは同じなのですが、

最後まで相手の気持ちを

察する優しい気持ちを失いたくないと

うざいくらいに必死で努力して耐え続け、

良い人間であろうと努力してきたため

相手にひどいことをされても

自分は相手にひどいことを返すことができません。

そういう優しくて安全な人間だからこそ

自己愛性人格障害のひとは

安心して自分の怒りを

ぶつけることができます。

無意識にそういった

極端に優しすぎる人を

選んでいるのです。

自己愛性人格障害のひとは

自尊心が非常に低いことに

耐えられないので

自分がひどいことをしていることが

他人にばれることも恐れています。

こういった優しい人なら

自己愛性人格障害のひとが怒りをぶつけても

悲しい顔をすれば自分が悪いんだと

被害者自らが反省してくれるため

自分のこじつけが通じて

自分が悪者にならなくて済みます。

これが

あなたがひどいことをされているのに

自己愛性人格障害のひとから

責められる理由です。

共感力がなければ、

相手を悪者にしても平気なので

自分がひどい人間だということを

隠し通せると思っています。

ただ、普通のひとにはそんなことをしたら

嫌われると思っていますので

そんな優しすぎる人以外には

とても親切で優しい人を演じ切っています。

だから周りの人から見たら

逆に見えるのです。


Tiaraはこの、本当は

優しすぎるほど優しくて

相手のことを思いやる共感力を

持ちすぎている人が

被害者となり、

ひどい呼ばわりをされたり、

追いやられて仕事をやめることになったり

長い間尽くした後、

捨てられることに我慢ができません。

かといって、自己愛性人格障害とは

本人も辛い過去があり

子供のころに自分の身を守るために

人間が自己防衛本能として

共感力を使わないように育ってしまった病気なので

かわいそうだとは思います。

それと自分の大好きだった憧れの彼が

そんなひどい病気だったこともあり

何とか自己愛性人格障害のひとを責めずに

被害者の身を守ることを考えました。

これがこのサイトであり

毎日のブログであり

この訳の分からない状況を

被害者の人に知ってもらって

自分の身を守るために作っています。

自己愛性人格障害のひとの

その特徴から周りのひとにも

分かってもらいにくい状況のため

被害者が自分で自分の身と心を守る以外に

方法がないことを知ったからです。

それに自己愛性人格障害のひとは

複雑な心理特徴を持っていますので

真正面から「違うよ」と言ってしまうと

さらに恐ろしいことになってしまうことも多いので、

正面対決はできるだけ避けてもらっています。

中には被害者のほうがどうしても我慢できなくなり

自己愛性人格障害のひとに直接言ってしまったがために

さらに強い攻撃を受けることになり

みじめな結果に終わっている方も

大勢見えます。

だから、自己愛性人格障害のひとの

神経を逆なでしないように

無関心になり、

あなたが自己愛性人格障害のひとの攻撃に

仕方がないな、と思えるようになることで

メンタルを壊さずに済み

何も堪えないようになると

共感力のない自己愛性人格障害のひとは

あなたが堪えるところが見られないため

なんのために

本当はやりたくもない嫌がらせをしているのか

分からなくなり

あなたには攻撃をしようとも

思わなくなるのです。


これがTiaraの理想の形で

攻撃をして

自己愛性人格障害のひとが

何をしているのか周りの人に分からせて

罰を与えるためではないのです。

被害者のひとは本来

優しすぎるほど優しくて穏やかです。

共感力が異常なほど強く

善人になることで

周りの人に認めてもらおうとして

相手から求められることで

自尊心を保とうとします。

この気持ちが

自己愛性人格障害のひとに

利用されてしまうのです。

あなたのその

相手の気持ちを必死で

分かってあげようとする気持ちが

自己愛性人格障害のひとに利用され

始めは優しい言葉や親切な態度で

あなたを夢中させ

彼からあなたを幸せにすると近づいてきたくせに

いつの間にかあなたがうざいほど近づいてきて

自己愛性人格障害のひとに迷惑をかけているなんて

周りの人たちに誤解されてほしくないのです。

そして

人の心は自分と関係のない人の冤罪を

証明しようとするなんて

めんどくさいことはしません。

なのであなたは

悪いこともしていないのに

それどころか自己愛性人格障害のひとの心に

歩み寄って自分を犠牲にするほど

追い詰められているにも関わらず

悪者だと思い込まれていって

あなたがどうなろうと

周りの人はおもしろがるだけなのです。

Tiaraはたまたま自分の愛する彼が

自己愛性人格障害だったことから

この病気に興味を持ち

自分でも異常だと思うくらい

自己愛性人格障害についての

書籍やサイトを読みあさり、

目の前の彼と比べてみてきたので分かったことですが、

これが彼でなかったらただ嫌になって

離れただけなので、

変なことがあったな、と思って

終わりだったと思います。

もしあなたの彼に不思議なところがあり

疑問に思ってこちらのサイトを訪れてくれたのだとしたら

自分の心を守るために

自己愛性人格障害の特徴をよく知り、

あなたが自分を責めなくてもいいところで

罪悪感を持たされていないかをよく考えて

自己愛性人格障害のひとの心を傷つけないようにして

お互いのために離れてください。

あなたの共感力の強さは

本来とても大切に思ってもらえるところで

普通の人は

あなたをとても大切に扱ってくれるはずですので

そんな人たちと交流してください。

自己愛性人格障害のひとは

どんなに素敵に見えても

あなたの心と立場を無意識に攻撃し続ける

恐ろしい特徴を持った病気なのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする