自己愛性人格障害の彼とは恋愛をしてはいけない理由


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害にさえ遭わなければ

驚くほど人生を楽しんでいける

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

あなたがもし今、

自己愛性人格障害の人の問題で

悩みを抱えているのだとしたら、

自己愛性人格障害の人を

避けることによって

それだけで人生がとても

生きやすくなります。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

常にターゲットの邪魔をしているので

自己愛性人格障害の

ひとさえいなければ

あなたの人生は確実に

動きやすくなります。

 

今までは、

あなたがどうやっても

なにをしても、

まったくなにもしていなくても悪く

とられ、避けられたり

怒られたり

攻撃的な態度に出られたり、

おいてけぼりをくらったり

していたと思います。

 

他のひとは

そんなことにはならないのに、

なぜか、

あなただけが攻撃されてしまうので

あなたはだんだん臆病になり

身動きがとれにくくなります。

 

そしてあなたは

自分が何もしていないことを

分かってもらおうと思い

彼と話し合いをしようとしたり

彼に何とか自分の気持ちを

必死で訴えたりしますが

彼に気持ちを分かってもらうと

すればするほど

なぜか余計に彼を怒らせるようなことに

なったりしていませんか?

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の攻撃を受けても

なにも言わないひとを

無意識のうちに選んでいます。

 

そしてそれは

親友や彼女や奥さんにも

選ぼうとします。

あなたは

自分が攻撃をされても

文句も言わないので

(もしくは文句を言ってきても

まったく怖くないので)

そんな、優しいあなたを悪者にして

正義の鉄拳を

堂々と食らわすことが

できるからです。

 

なにもしていないあなたを

悪者にするのですから

相当なこじつけをしないと

周りの人に

おかしく思われてしまいます。

 

 

だからあなたのしっぱいに

さんざん振り回されている

いい人を演じなけばならないのです。

 

 

あなたの悪口を言っても

あなたから迷惑をかけられている

という形で伝えられてしまうと

彼の嘘がばれないだけでなく

彼に同情の目が集まってきます。

 

そしてさらにあなたは

迷惑な存在だと思われてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

とても臆病なので

自分を悪者にしないような

本当に自分のことを愛してくれる

無償の愛を求めています。

 

そしてそれをあなたが

与えようとしてしまうから

自己愛性人格障害の攻撃を

受けてしまうのです。

 

あなたは本来何もしていません。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分が周りの人に認めてもらえるように

極端にあなたを利用するのです。

 

共感力がないので

あなたがかわいそうだとは思いません。

 

 

自己愛性人格障害という病気のために

何も起こっていないところで

自分の無価感に極端に苦しんで

ただ、自分のことに必死で生きているのです。

 

つまり自己愛性人格障害のひとというのは

自分のことをしなくてもいいようなことで

極端に怯えていて

どうしても他人をつぶして安心しなければ

怖くてたまらないのです。

 

そしてそのターゲットとして

自分が一番安心できるとても

極端によい人を選びます。

 

自己愛性人格障害の彼を持つ

あなたにはきついことかもしれませんが

自己愛性人格障害のひとに

好かれてはいけないのです。

 

Tiaraは今、

自己愛性人格障害のことが

とてもよくわかるので

自己愛性人格障害のひとから

受ける攻撃を

一切受けません。

 

たまにある声を静かに低くして

無表情に冷たく

あしらわれることもありますが

その攻撃に一切反応しません。

 

自己愛性人格障害のひとに

近づこうとも思いませんし

自己愛性人格障害のひとも

自らだんだんにTiaraから離れていきます。

 

自己愛性人格障害のひとから

離れたところで

仲間と楽しく穏やかに過ごしていて

動揺したり、怖がったり悲しんだりしません。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

初めはとても悲しそうな顔をしますが

その視線にも気づいていないふりをして

ずっと淡々とマイペースに動いていると

やがてTiaraには近づかなくなり

別のひとに近づいて、

一生懸命親切にして

良いところを見せているところを見かけます。

 

ですが、悪いことをしちゃったな、とか

彼にもう一度相手にしてもらおうと思い

今日は笑って話しかけてみよう、とか

しないのです。

 

だってTiaraはそのあとがどうなのか

分かっていますから。。

 

自己愛性人格障害のひとは

ほかのターゲットを探し

必死でいい人を演じています。

 

そしてTiaraは、

本当に分かり合える仲間と

気を使わずに等身大で好きなことをしていても

攻撃されることは

一切ありません。

 

むしろ自己愛性人格障害のひとが

気を使ってさわやかに好印象に接してきます。

 

それでも親切にはお礼をいい、

それ以外は淡々としていて

ほかの人たちとの交流ばかりしていると

Tiaraは本当に楽しく穏やかに

毎日を過ごしていて

意味のない攻撃は受けなくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひととは

個人的に付き合うことは

絶対にしてはいけなかったのです。

 

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとを

知らずに素敵だと思ってしまい

理不尽に捨てられることを何度も経験をして

苦しい思いをしました。

 

ですが、彼とかかわりあうことなく

ほかの自己愛性人格障害のひとを

見つけるたびに逃げては

本当に普通のひととだけ交流を深めていくと

特に不自然な事件は起きたりしないのです。

 

自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

必要以上に優しすぎるところがあり

寛大でめったに怒りません。

 

だから、自己愛性人格障害のひとさえ

避けて歩けば

特にトラブルが起こるようなことは

ほとんどないのです。

 

 

あなたも幸せになりたいのなら

あなたと心の通じる

普通の愛ジュ深い人を見つけるまでは

嫌な人と付き合ったりしないで

自分の好きなことをたくさんして

幸せな気持ちをたくさん味わってください。

 

あなたが自分の幸せについて

考えることができるようになれば

今後の人生は

意味のないトラブルは怒ることなく

普通に穏やかに幸せに暮らしていけるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください