自己愛性人格障害の人と付き合っていくうちにあなたはどんどん弱っていく

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人に

何度もののしられているうちに

本当に何もできなくなっていく

と言うことについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼に

何度も注意されたり、

ちょっとしたことで

怒られたりしていると

彼のご機嫌を伺うようになっている

自分に、気づいていますか?

はじめは、自己愛性人格障害の人の

心の中にある怒りを

ぶつけられるために

あなたにミスがなくても

こじつけて精神的に

痛めつけられているのですが、

だんだんと

本当にいろんなことができないようになってきます。

 

そして、あなたは

本当に落ちぶれていくのです。

 

不思議かもしれませんが、

はじめはこじつけだったのですが、

だんだんに本当に

彼の言うとおりになっていきます。

 

何度も何度も否定されているうちに、

今できることまで

本当にできないように

なっていきます。

 

そして、

何をするにも怒られるのではないかと

びくびくし、無意識のうちに

本当に思うように

できなくなっていくのです。

 

そして、

1つ1つの動作に

ためらいが出てくるようになります。

 

そうするうちに、

本当にあなたは

いろいろなことができなくなり、

ますます自信をなくしていきます。

 

そしてそのびくびくとした

あなたの自信のなさを見るたびに

自己愛性人格障害の彼は、

どんどん満足していき、

精神的虐待が

どんどん加速していきます。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の自尊心を上げるために

人と付き合うので

あなたにどんどん満足していき、

決して手放したくない

大切なもののように、思えてきます。

 

だからどんなに虐待しても

あなたを手放そうとしないのです。

 

そして、あなたが逃げ出そうとすれば

今まで自分の自尊心を

満足させてくれたあなたに

逃げられることが怖いので

極端なしがみつき行為に

出てしまうのです。

 

自己愛性人格障害の人の自尊心を

満足させてはいけません。

 

そして敵対心も持ってはいけません。

 

不思議なことに会社でも上司が

ご機嫌をとるような人には

怒鳴り付けたり、

ぶちぶちと小言を言っているのを見かけます。

 

そして、全くご機嫌をとらない

冷たい雰囲気の人には、

不思議と上司の方が気を使うのです。

 

冷たい雰囲気の人が

どんなに大きなしっぱいをしても

なにもいいません。

 

それどころかご機嫌をとっているように見えます。

 

でも、ビクビクした人には、

その人がやったわけではなくても、

その人に他の人の不平不満をぶちぶち言うのです。

 

自己愛性人格障害の人と

穏やかな関係を保つために

お互いに興味を持っては

いけません。

 

自己愛性人格障害の人は

自分の自尊心を保つために

そばにいる人をつぶしていないと

自分で自分を

認めることができませんので

あなたができないと言うことを

言い続けます。

 

だからあなたが

悪いわけではないのです。

そしてあなたが

反省すれば反省するほど、

どんどん追い詰めていきます。

 

冷静に考えてみてください。

 

自己愛性人格障害の人に

ののしられても

それは本当のことではありません。

 

それをしないと生きていけないので

どうしてもあなたができないと

言い続けてしまうのです。

 

気にしてはいけません。

 

本当につぶれてしまいます。

 

本当に何もできなくなって

しまわないために

自己愛性人格障害の人の言うことを

真に受けないでください。

 

はじめは難しいかもしれませんが、

少し心に余裕を持って

自己愛性人格障害の人の言うことを

考えてみてください。

 

彼の言うことは本当にそうですか?

 

自己愛性人格障害の人とは

少し距離を持って付き合うほうが

うまく付き合えるのです。

 

 

そうしないと、

見事に何もできなくなって

いくのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください