自己愛性人格障害の人と別れるときの大事なポイント

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と別れたいのだけれど、

彼が追っかけてきたときの対処法について

お話ししたいと思います。

 

彼が激化して、追っかけてきた場合ですが、

もっともやってはいけないことは

怖いので、彼の言うことを聞いて戻る、ということです。

 

どういうことかというと

彼の自己愛性人格障害に気づいて

彼を離そうとすると、彼があなたが離れようとしていることに気づいて

あわててしがみつき行為をしてくることが

よくあります。

 

そのしがみつき行為も、

彼の自己愛性人格障害に気づいていないときは

うれしくて戻ってしまいますが、

戻るごとに、彼のモラハラ行為は、以前よりも

勢いを強めます。

 

自分が支配できると思った相手には

とことん調子に乗り続けるのが

自己愛性人格障害の人の特徴です。

 

彼も、あなたが逃げ出さないように

自分の感情を調節するので

しばらくは、幸せな日々が続きますが、

またあなたが安心して彼のことを信用しだすと

間違いなくモラハラ行為は勢いを強めます。

 

おかげで彼がおかしいことに気づいて

今度こそ別れようとするのですが、

あなたがまだ戻ってくれるかもしれないと

思っているうちは脅しやモラハラ行為や

あなたの良心への攻撃をやめません。

 

ところが、

あなたが、彼と別れることを固く決意し

彼の言葉にも微動だにしないときは、

普通の人ならここで怒ってくるのですが、

不思議なことに、

自己愛性人格障害の人は

あなたに勝ち目がない、と思ったときは

驚くほどおとなしくなります。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人と何もかも反対の感覚なのです。

 

あなたが弱い、と思っているうちは、

あなたにモラハラ行為をしても

あなたが逃げていかないと思っていて

あなたが彼のことを大好きだよ、絶対に離れたくないと言えば

モラハラ行為をどんどん強めていきます。

 

逆に、あなたが、

自己愛性人格障害の彼のことを

もう何とも思っていなくて

全く相手にせず、怖がってもいない、と思ったときは

モラハラ行為をすると

あなたが離れていかないか不安になり

急におとなしくなるのです。

 

ちょっとカッコ悪い話になりますが、

あんなにもすてきで頼りがいがある、と思っていた

自己愛性人格障害の彼は、

驚くほど臆病で、

自分が勝てる、と思った相手にしか

モラハラ行為はできません。

 

だからあなたが何をするか分からない、と

彼が感じたときは

あなたには何もできないのです。

 

だから彼が激化したときは

もう一切戻らないと強い意志を持って

彼の話に一切耳をかたむけないでください。

 

そうすれば普通の人と違って

自己愛性人格障害の人は

何をするか分からない人には

何もできないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください