自己愛性人格障害の人を怒らせないことはどれだけ気を付けていても無理。


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとを

怒らせないようにすることは

どれだけ気を付けていても

無理だということについて

お話ししたいと思います。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だとしたら

あなたがどれだけ気を付けていても

彼を怒らせないようにすることは

無理だと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

非常にプライドが高く

少しでも自分に他人が逆らうことが

ゆるせません。

 

自己愛性人格障害になる

原因だといわれている理由が

幼い頃に自尊心を持てないくらい

相手にされていないか、

存在を否定されていますので

自分がこの世にいる価値のない

人間だと

言われているようで

自分の存在価値のなさに

大きな恐怖心を持っています。

 

だから、周りの人間が

普通にしているだけでも

常に自分の存在価値に怯えています。

周りのひとが笑っていたり

楽しそうにしているだけでも

ただでさえ、自分には

価値がないのに

(本当はそうではないのですが)

周りのひとが

価値のある人間のように

見えてしまい、

その恐怖心から逃れようと

その人たちを必死で蹴落とそうと

してしまうのです。

 

怒りというよりも

どちらかというと

極端な恐怖心から

そうなってしまうのです。

 

だから普通に会話をしているときに

少しでも相手のひとの方が

優位にたった話し方をしたり、

自己愛性人格障害のひとの失敗を

指摘したりすると、

とんでもなく怒らせてしまうことが

ありますが、

それは自己愛性人格障害のひとの

自尊心のひくさが

悲鳴をあげているのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとと

話すときは細心の注意を払い

自己愛性人格障害のひとを

否定してもいけませんし、

あなたの立場が

低いと思われてもいけません。

 

自己愛性人格障害のひとを

否定することがその人の自尊心を

傷つけてしまうのはもちろんですが

あなたの立場や能力が低いと

思われてしまっても

攻撃の対象になってしまうのです。

 

だから自己愛性人格障害のひととの

会話や態度には

極端なほど、ニュートラルな対応に

徹しなければいけません。

 

だから、恋人同士や

夫婦など、お互いに深い付き合いをしなければ

ならない関係は

とても難しいのです。

 

 

友達や同僚としても

あまり深い話や関係は望めませんし、

深い話をしようとすると

自己愛性人格障害のひとの

怒りを引き出さないことの方が

難しくなるのです。

 

だから自己愛性人格障害のひととの

正しいつきあい方は

波風を立てない、事務的な関係が

一番望ましいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

大変な努力家ですから

自分のスキルが上がることには

満足感を持ちます。

 

ただし、あまり称賛しすぎてしまうと

今度はあなたが低い人間のように

思えてきて、バカにしたり

攻撃の対象になったりするのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を見せつけてきますから

とても立派で

仕事ができるように見えますし、

言っていることは

すべて当たっているように

聞こえます。

 

自己愛性人格障害という病気を

知らなければ

素敵なひとに思えて

魅力を感じるひとも

多くいると思います。

 

しかし、自己愛性人格障害のひとを

怒らせないことは無理ですので

近い関係は望まない方が

いいのです。

 

自己愛性人格障害の特徴さえ分かれば

あなたが悪いわけではないことは

分かると思いますし、

彼から怒られたり嫌われたりしても

それは

自己愛性人格障害のひとが

自尊心を必死で保つために

やっていることだと

納得できるのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとを

傷つけてもいけませんし、

あなたが傷つく立場になっても

いけないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください