自己愛性人格障害の人から嫌がらせをされたらあなたはどうすればよいか

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼から、

嫌がらせや脅しをかけられたときに

あなたがどう対処すればよいかについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人が、突然思わぬことで

怒ってきたり、怒鳴ってきたらどうしたらよいでしょう。

 

言い方は怖くなくても、

威圧的で、あなたは出来が悪いからやっていけない、というようなことを

言われた場合も同じです。

まず、自己愛性人格障害の彼の言うことを素直に聞きましょう。

そして「じゃどうしたらいい?」と彼に聞いてみてください。

 

彼が、どうすればいい、とか言ってきた場合は

落ち着いて彼の言うことを聞き、

「わかった」と言って不自然にならないように、すぐその場をなるべく早く去りましょう。

 

長居をしているとさらに追い打ちをかけてきます。

 

できるだけ早く、自然にその場を去るのです。

(ただしこの時、いきなり帰ったりしてはいけません。)

 

なにかやることがあればそちらに集中して下さい。

 

一番やってはいけないことは

誠心誠意話し合うことです。

 

そんなことをしたら、彼の思うつぼです。

 

彼には話が通じません。

 

彼の嫌がらせをしたいタイミングで

あなたにダメ出しをしてきます。

 

もしそうなった場合も素直に聞いてはいけません。

聞くとあなたは自分を責めてしまい、あなたが辛くなります。

心の中でスルーしましょう。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

自分の中の怒りを一番信頼しているあなたにぶつけているだけなのです。

 

あなたは、彼の怒りのごみ箱で

彼がすっきりする目的だけで

ダメ出しをされています

[ad#co-1]

優秀な彼を自分のミスで台無しにしてしまっている。とは

思わなくてもいいです。

 

ただ、敵対心を見せてしまうと、

自己愛性人格障害の彼は、ものすごく恐ろしく怒りを爆発させてきますので、

決して敵対心を見せてはいけません。

 

ましてや「間違っているよ。」などと指摘もしてもいけません。

 

自己愛性人格障害の人の中には

相手に潰される前に全力でつぶすことしか頭にありませんので

(あなたがそんなことをしようとしていなくても

話の通じる相手ではないのでやめたほうがいいでしょう。)

あなたを全力でつぶしにかかります。

 

本当に怖いのでやめておいたほうがいいでしょう。

 

なるべく自己愛性人格障害の人を刺激しないように

短く返事をし、長い時間相手にするのをやめて下さい。

 

そしてすぐにその場から立ち去りましょう。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください