自己愛性人格障害の人の恋人への興味について原因を探る

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

恋人への興味について

お話したいと思います。

読者の方から

恋人への興味について

ご質問をいただいたので

お話させていただきます。

自己愛性人格障害のひとは

必要以上に

自分のことばかりが気になり

他の人のことは

一切考えられません。

しかし、

自己愛性人格障害のその特徴から

熱烈な愛を感じる人も

多いと思います。

実際Tiaraも

こんなに信用できる人は

いないと思うほど

TiaraやTiaraの子供のことなど

大事にしてくれました。

印象もとてもやわらかく

頭もいいので、

病気にはとても見えません。

自己愛性人格障害とは

簡単言えば、

自分のことで必死な病気です。

自尊心があまりにもないため、

苦しんでいて、必死に

自分の価値を確かめようと

常にしています。

自分では

自分の価値が分からないために

他人を鏡のようにして

そばにいる人間の反応をみて

自分の価値を見ようとします。

そしてあなたが彼を称賛すれば

彼は喜びますが、

それは一瞬で

あまりにも自尊心が低すぎるために、

常にみていないと

自分の価値のなさの恐怖で

押し潰されそうになるので、

他人から称賛されることを

常にし続けています。

それは

自然にやっていることではないので、

必死になって、

だれかに称賛してもらおうと

必死になっています。

それが毎日のストレスに

なっているので

自己愛性人格障害のひとは

常に疲れています。

そして、その疲れと自尊心のなさで、

常にストレスを受け続けていますので

激しい怒りをおなかのなかに

常に持ち続けています。

しかもそれがなんなのか

彼にはわかりません。

あなたは彼を愛していますので

彼が突然いかりをぶつけても

必死になって仲直りしようとしたり

必死になってわかってもらおうと

します。

そしてそんな関係を

手放せなくなっているので

彼の気分によって

あなたに称賛してもらおうとしたり

あなたに怒りをぶつけようと

しています。

つまり、

自己愛性人格障害のひとにとって

パートナーとは

自分の都合のいいようにうごく

便利な道具なのです。

ふだん、魅力的で優しいのも、

ふいに感情が無になり、

いっさい反応がなくなって

無視をするのも

自己愛性人格障害の症状だったと

思えば、すべて納得がいくのです。

でも、同時に、

あの二人で過ごした

楽しかったときも、

優しくされたことも

将来について熱くかたりあったことも

すべて

自己愛性人格障害の症状だったと

気づいたときは、

お人形といっしょにいたような

不思議な感覚に

なりました。

それでもあなたは

彼のことを普通の人間だと思い、

愛したことは嘘ではないのです。

彼が自己愛性人格障害だったことは

残念ですが、しかたのないことです。

彼も過去に

そうとう辛い思いをして

共感力のない人間に

なってしまっただけなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする